2017-08-20(Sun)

どかんと農業まつり

美瑛の夏休み最後のイベント、どかんと農業まつりが19日に行われた

自分のお目当ては、娘たちの出演する太鼓

鼓楽同志と、白金太鼓だ

今回も、めちゃくちゃ格好良かったよ
鼓楽同志
写真は鼓楽同志の演奏

「担ぎ太鼓」と言う太鼓ですが、バチの叩き方が独特なんです

チャンスがあったら是非見て下さいね!


さて、午前2時40分

子どもたちの夏休みの宿題も、やっぱり終わらん

ただいま息子の手伝いをしているのですが、明日中(もう今日中)に終わるんだろうか…?

頑張ろう!親子で(^^;)
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2017-08-16(Wed)

夏休み最後の家族イベント?

午前様(^^;)

先ほど3時半に帰宅しました!

夜の運転は睡魔との戦いで、戦いに勝つ事が出来ない体になってます

家族を乗せて事故れませんから、家族と一緒に途中で仮眠。だいたい1時間運転して、3時間寝て、それでも眠くてまた仮眠してって感じです

女房もハンドルを握ると眠くなる性質なので、運転変われない所が辛い

何処行ったかと言うと、紋別へカラフトマス釣り(宿題も終わってないというのに)

先日から順調に育ってる息子の釣り好き

このお盆の時期はどこも混むので出掛けたくないのですが、漁師さんの網が上がるこの時期がマスを釣るのにチャンスと読んで、宿題なんてさせずに行ってみました

やっぱり混んでますね、途中のトイレは渋滞・・・行列できてるトイレに並んだのは初めてです

海に到着すると、やっぱり混んでる

でも4人入れる所に無理やり入ったのですが、釣れないから空いてただけで、魚の群れもほとんど来なくて寂しい釣りになりました

それでもマスの餌をつつくコマイ!時々コマイを釣っては喜んでるが、もうコマイはいらない位冷凍庫に入ってる・・・

ソイにガヤ、ちょっと大きいカワガレイを釣って、満足の息子

暗くなってきても絶好調の息子は、あっち行ったりこっち来たり、いろんな所で竿を振ってる、そして小さい魚をどんどん釣って楽しんでる

家族のほか3名は、マスを狙って沈黙の時間が過ぎ、周りでも釣れないからやる気スイッチも入らない

だいぶ餌も無くなって(エサは隣の釣り人が、もう帰るからと言って下さったのを使っていた。ありがとうございます!)、あと二個残った餌を使ったら帰るよ~の声に、息子もマス釣りに戻って来た

辺りも暗くなって、自分の道具を片付けようと思ってた矢先、息子の仕掛けがバシャ!

銀ピカの大きな魚体が水面下でギラリと光る✨

ウォォォォ~~~~!!!!!!!!

マスが釣れてる!

慌てて自分の仕掛けを回収して、慌てないように息子に言って、たも網を準備

海に引きずり込まれるんじゃないか、とも思ったが、もう釣り慣れてるから腰が据わって安定してる!良し!

ゆっくりゆっくり引き寄せて、何度か水面でバシャバシャ逃げ回ろうとしていたマスだったが、最後は無事にネットイン!

生まれて初めて大きな魚を釣って、大喜びの息子でした



自分が生まれて初めてマスを釣ったのは、友だちの写真家さんと一緒に行ったのが最初で最後、40代

息子、10歳で最初のマス

将来楽しみだ


・・・でもなんか悔しいなぁ

次?行けるか?
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2017-08-13(Sun)

28年ぶり

幸せ者だなって思いました

今日、自分が高校の時の担任の先生が、自転車でうちに来てくれました

埼玉の高校を卒業後に二度ほど高校に遊びに行って以来なので、およそ30年、正確には多分28年ぶりの再会です

PC仕事をしていたら、ポストを誰かが触る音がして目をやると、何やら怪しげな人がいる

観光客が道でも尋ねに来たのかと思って外に出ると、ニコニコして近付いて両手で握手をするように手を伸ばしてきた

「ほんとによかった」と、オジサンが意味不明な言葉を発している

意味も解らず握手して、「どちらさんですか」と聞くと、小さな声で「○○」と名乗った

!!!ビックリ!!!

そう言われてみればよく似てる、って本物の先生なのですが、何だか信じられない

高校の時には自分よりも大きく見えたし、声もデカかったし、それにお腹も出てなかったような気がした

ちょっと幸せ太り?それはさておき、もう感激です

高校生の頃、自分は目立つ方でもなかったし、優等生でもなく、おとなしい普通の高校生で、先生の記憶に留まるようなことは何一つしなかった気がする

それなのに海を渡ってこんな田舎にまで来てくれて、自分の健康を気遣ってくれていた

積もる話もあるはずなのに、何を何から話していいのかわからず、言葉もあまり出て来なかった

でもね、先生も元気そうで、話していると昔と全然変わらなくて、それが嬉しかった



自分は学校の先生が嫌いで、高校の時の先生で好きだったのは、今日来てくれた先生ともう一人だけだった

他の先生は、どんな人がいたのかほとんど記憶が無い

そのもう一人の先生の事も教えてくれ、自然に囲まれた所で、ある作家さんになったとの事だった

さっきHPを探してみたら、見つけましたよ!作家さんになってました

どうして教師を辞めたのかなどは知りませんが、素敵な人生送ってる気がしてすごく嬉しいです

どうしてこの二人の先生が気に入っていたのか、当時はわかりませんでした

でも今は良く分かるような気がします

授業の中でも人間性がにじみ出ていて、輝いて見えていたんでしょうね


今日の先生は釣り好きで、全国の渓流釣りをしていて、23都府県?の渓流で魚を釣っているそうで、北海道はまだだと言う

「それなら今から行きましょう」となり、ミミズを掘って近くの川へ

渓流釣りなのに、けっこう大雑把な仕掛けと釣り方に驚いていたのですが、先生が釣れなかった場所で自分がまず一匹釣って見せた

やる気スイッチオン!

自分はさらに3匹追加するも、先生なかなか釣れない

ミミズを魚に取られてしまったら、川石をめくって川虫を餌に釣り始めた

そしたらすぐに今日一番のニジマスを見事釣り上げました!

先生にとっても記念すべき24都道府県での釣果達成となりました

先生も人生楽しんでるようで、すごく嬉しかったです


またいつか、会えるかな

今日はすごく嬉しい一日となりました

先生、ありがとう!



先生と別れたすぐ後に、美馬牛地区のお祭りに行って、子どもたちとも合流

娘たちのバンド演奏と、息子たちの叩く太鼓での盆踊りを見て帰って来ました

子どもたちも「今日は凄く楽しかった」と、家族みんなが楽しい一日となりました
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2017-08-03(Thu)

北海道内の学校で、フッ素で虫歯予防を行う

北海道でも虫歯予防と称して、子どもたちにフッ素洗口を行うことが決まったそうだ

本当に虫歯予防の為なら、フッ素なんて使わない方が良い

なんせ毒ですから

体がまだ出来上がってもいない、毒に弱い子どもたちに、何故こんな毒を盛りたがるのだろう

薬品関係の会社が儲かるため?

毒に侵された若者が、病院に通ってくれれば、医療関係も儲かるから?

先日、この件について学校で説明会があり、女房が行って話を聞いて来た

うちはフッ素洗口は嫌なので、やめてほしいと伝えたが、上川支庁の関係者は「既に北海道庁で決まった事なので中止は無い」との事

そして「毒性は弱く、薄めていて、口に入ったほとんどを出してしまうので、健康に問題が出る事は無い」の一点張りだったそうだ

ただ面白い事を言ったのは、上川支庁から来た歯科医師?で、「給食後の歯磨きなんてほとんど効果ないし、給食食べた後にやったら食べカスが虫歯菌の餌になってしまうからあまり効果が無い。やるなら一日一回、食事前に集中的に歯磨きした方が効果的なんだけど…」だってさ!

学校で、給食後に、歯磨きするのは、ほとんど効果が無いそうだ

だったらフッ素でクチュクチュするよりも、給食前に集中的に歯磨きしたらいいと思うのは、自分だけだろうか

それに貴重な昼休みの時間、子どもたちは遊ぶ時間が必要なのだよ

税金使ってフッ素の薬を買って、子どもたちに毒を盛る

フッ素が毒だっていうのは常識だと思うけど、知らない人はちゃんと自分で調べてくださいね

それとフッ素洗口に有効性が無い事は、WHOの調査からもわかる事

ちゃんと歯磨きして、定期的に歯医者で健診受けていれば、何も心配ないのだ


なぜ税金を使ってこんな事する?

国民を神経毒で黙らせる為?

国民の数が減って、収入の減る医療業界を潤す為?

世界的な人口調整の為?

黙ってたら、賛成と同じなんだよ

フッ素使って神経やられたら、黙ってしまうんだけどね

それにすぐ切れる人になる

世も末だな

サイレントマジョリティなんですが、ちゃんと歌詞読んでほしいです

大人たちに支配されてちゃ、ダメなんですよ~

歌詞はこちら

うちの子どもたちには、フッ素洗口はさせません

どんなに低濃度であっても、反応性高い毒物なので、危険だからです

それにフッ素を入れたおかげで歯が健康になったという明確な文献は、見た事がありません。

こんな事を許す美瑛町も美瑛町ですよ
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2017-07-27(Thu)

町内のお店でも

町内の「のむら商店」さんでも、我が家のニンニクの販売を行っていただけることになりました

まだ全量収穫になっておらず、来年の種も選別が終わっていないので、今は中玉だけの販売です

こちらは旭川道の駅内のパン屋「DAPAS」さんと同じ金額(200円/玉)にて販売です


先日町内のスーパーに行ってニンニクコーナーを見て来ました

外国産は強烈な価格破壊ですが、国産物はちっちゃい球で260円程度と、ビックリするほどの強気の価格でした

別に無農薬・無化学肥料でもなくただ国産なだけであの値段、ちょっとうちのが安すぎる気がしました

うちは健康に気を遣ってるので、当然無農薬だし、化学肥料なんて物は一切使っていません

健康の為に食べる野菜に農薬かけるのがおかしいのですが、今の時代野菜を洗うのに台所洗剤を使う人がいるくらいなので、健康より見た目なんでしょうね



あと一日で収穫を終え、選別をして、ある程度乾燥したら販売量が確定できます

そしたらキロ売り開始します

シーズン前に

販売価格は、一玉250円、一キログラム3500円(安い方を適用)です

としていましたが、既に一玉200円売りしてます!

もう50円引き!

値段間違えてましたよ( ^ω^;)ゞ

近いうちに値段戻すと思います

値段戻したら現在200円で販売してる中玉は一玉250円で販売しますが、小玉はキロ当たりで買った方がはるかに安いと思いますので、小玉はネット売り500グラムと1キロで扱う予定です

大玉は来年用の種に取ってしまうので、多分売るほどありません

今年の大玉はでっかいです!直径10センチくらいあります!!!

中玉も、去年の大玉以上のサイズです

小玉が、去年の標準以上のサイズ

で去年の小玉サイズは、今年は皆無です

昨日も食べましたが味は在来種そのもので、大きいからと言って大味ではなく、辛みも香りもとても良いです!




今年は大玉が多いですが、危険な肥料を用いたわけではありません。

栽培方法を少し変えたのと、天候がうちのニンニクに合ったのでしょう

自然栽培は一緒ですが、去年の秋の植え付け前に麦わらを大量に畑に入れました

ミミズや菌類、小動物がたくさん来るようにしました

今年になってからも、地表に麦わらと堆肥を大量に入れました

草の生育も早かったのですが、ニンニクにも良かったようです

「土は上から育つ」と言うのは本当のようで、土に麦わら堆肥を混ぜた所よりも、上にどんどん入れただけの所の方が大玉の率が高かった!

土壌中の小動物・微生物の生育が、作物の生育にも影響するのは本当で、土が健康だと作物もグングン伸びます

肥料っ気になるものを土壌にすき込む方が良いのは、土壌が枯れ果ててる場所

土壌が健全な場所では、すき込むよりも上に置いて行く方が、自然な形で生態系が維持されて作物の健康的な生育が出来るのでしょう


昨日丘を走って納品に行ったら、既に麦刈りが始まっていました

今年は全然写真撮ってない!!!

食料生産の方が大事だし、畑やってると撮る暇なんて無いので、これが自分にとっての自然な形なのかな

今日も良い青空だ!

そろそろ畑仕事開始です!am6:15
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2017-07-23(Sun)

ニンニクも販売開始

今年から、道の駅旭川内のパン屋「DAPAS」さんにて、野菜の販売もしていただける事になりました

土地も狭いので品種は少なく一回当たりの納品数も少ないですが、今日はレタス、おかのり、スナックエンドウ、ニンニクを納品してきました

今の価格は…

レタス 120円/袋
おかのり 120円/袋
スナックエンドウ 120円/袋
ニンニク(小玉) 200円/玉

となっています

今後、品数も拡大していきたいとは思っていますが、自家消費分の余りを販売しているので、これ以上無理して作る気もありません

無理して商品化すると、結局は品質を落として数を増やしたりって事になるので、そんなバカげた真似は致しません

安全性を第一に、野菜本来の味も第一に考えて、これからも育て続けて行きます

全て自然栽培の無農薬・無化学肥料栽培ですので、虫が付く事もありますし形が不ぞろいの物も当然あります


ちなみに今日納品したレタスは、レタス本来の苦みがあり、歯ごたえはシャキシャキしていて市販のレタスとは違います。レタスの葉を欠いて、虫などを落とす為一枚一枚洗って、6枚以上を一袋に詰めてます

おかのりは、オクラの仲間でネバネバがあり、ミネラルたっぷりの健康野菜。大きな虫食い等が無いものを一枚一枚より分けて、収穫して15枚ほどを一袋に入れてます。

スナックエンドウは、スーパーなどで販売してる物より見た目は無骨で硬そうで、不味そうに見えます。でもゆでて食べてびっくり!!!砂糖みたいに甘くてやわらかいのです!一袋に12本程度入ってます。

ニンニクは、在来種系統なので香り良くサッパリ系で食べやすいと思います。都会の人向けに小さい物を必要な分買えるように、小さい物(と言っても去年までの大玉くらいの大きさ)の物をバラ売りしています


ニンニクはもうちょっと収穫が進んで本格的に販売できる状態になったら、大玉の物も含めて町内商店やヤフオクなどでも販売する予定です


今後の野菜販売予定は、レタス・おかのり・ニンニクは継続で、スナックエンドウはそろそろ終わりなので縮小、枝豆、トウモロコシ、ズッキーニが出せるかなって感じですが、アライグマと自分の体力次第ですね

今日も朝から収穫開始、少ない量の収穫でも一人でやるには時間ばかり掛かって、納品するのが昼過ぎになってしまいました(女房と子どもが出掛ける準備が2時間もかかってる…)。

明日は学校の終業式、いよいよ北海道の短い夏休み

子どもたちにブルーベリーの収穫は頼んであるけど、販売分よりその場で食べてる方が多くて、微妙なお手伝いさんたちです。子どもたちの為に育ててきたものだから、それで良いのですけどね

明日は収穫したニンニクを編んで飾り物も作り、ニンニクの収穫もし、冬の貯蔵用野菜(大根、キャベツ、カブなど)の種をまきなどや草取りの予定
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2017-07-20(Thu)

爆!

爆でした!


何が爆かって?



それは
















久しぶりに爆釣で、多分200匹以上は釣れました

自分で言うのもなんですが、釣れるのは楽しいのですが、難易度が低すぎる釣りってつまらない

贅沢です~~

食べる為に釣りに行ってるのですが、試行錯誤しなくても釣れちゃうってどうなの?

コマイは生きたイソメを餌に釣るのですが、仕掛けを投げ入れ、重りが底に到着するかどうかってタイミングで食い付いてしまう

6本針のサビキ仕掛けで、全ての針にコマイが付いてる事もしばしば

一匹食い付いてすぐに巻き上げずに、そこから1分ほどしてから巻き上げると3匹4匹は当たり前

針からコマイを外し、餌を付け、仕掛けを投げ入れ(この時に既に針に食い付いてる)、釣ったコマイをサバ折りして血抜き&〆る

すぐにコマイを釣り上げ、針からコマイを外し、餌を付け、仕掛けを投げ入れ・・・の繰り返し

途中餌を付けずに仕掛けを入れても、たまに釣れてしまっている

どんだけ大量に魚がいるんでしょうね

もういい加減釣ったので、そろそろ終わろうと最後のコマイを引き上げようとしたところ、コマイの後からでっかい魚が追いかけてくる!

80センチは優に超えてただろうと思われるその魚、きっとマスの仲間!

そんなの見ちゃたら、今度はそのでっかい魚を釣ろうと、ルアー釣り開始

かなりルアー投げたのですが、追いかけてくることも無かったので、釣りをやめて帰ることにしました

帰り際、小さな川の河口近くにボラの大群?でっかい魚が沢山泳いでました

釣ろうと思ったのですが、何やっても釣れなくて、何の魚か確認も出来ませんでした

もしボラだったら、それから一週間位でカラフトマスのシーズンに突入らしい…ワクワクですー^^



帰宅後、とりあえず魚の入ったビニル袋に薄めの塩水を入れ、軽く塩味をしみ込ませてます

明日の午前中に冷凍保存して、気温の下がる秋に天日干しして干物の完成予定です

200匹いたとして、家族4人で一人50匹食べられる!

一度に一人5匹くらい食べるので、10回分か・・・

ものすごい量かと思っても、案外すぐ食べてしまいそうです

次の釣行は、カラフトマスかな
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2017-07-17(Mon)

撮影の合間に

風景撮影の合間

「おっ、こんな所に!」


500px.comのKousuke Toyoseさんによる雛





まだ口が横に広がってる雛がいました!



人なつっこい鳥なので、近寄っても巣を放棄する事はありません

目の前で、巣に戻る親鳥

警戒心を知らない、と言うよりも、人を見てるような気がします

誰にも見つからない時に、また会いに行こうと思います

成長が、楽しみです
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
プロフィール

豊瀬 恒介

Author:豊瀬 恒介
ご訪問くださり、ありがとうございます!本職は写真家ですが、自家製天然酵母のパンを焼いたり、木工品を作ったり、自然栽培(無農薬・無化学肥料・草生栽培)で野菜を育てたりしています。人生楽しく生きましょう!

掲載写真・文章等の著作権・版権・使用権等作品に附随する全ての権利は豊瀬恒介にあります。無断使用・無断転載は厳禁です。

掲載作品の販売もいたします。お問い合わせ下さい。

ブログ翻訳
ご意見お願いします
リンク
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
地域カウンター

ジオターゲティング
応援よろしく!


FC2ブログのランキングに参加しています。クリックしてもらえると、このブログがたくさんの人に読んでもらえるようになります。^^
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村←「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、一日ワンクリックお願いします。いろんなブログが探せますよ。
拍手する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
こけのオススメ







 







お買い物はこちら




こよみ



北海道-網走
提供:釣り情報フィッシングラボ

ブログ内検索
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Twitter