FC2ブログ
2018-12-11(Tue)

いただきました

昨日、ようちゃんが産んだ卵をいただきました

昨日までに産んだ卵です
_EM20068

初めて産んだのが左上の卵

産道?卵が産まれる場所がまだ小さかったのか、卵に血が付いています。形もちょっと先がとがってます

その後は徐々に形がいわゆる「卵型」になって、大きさも揃ってきました

卵を割ってみたら、プリプリの新鮮な卵
_EM20069

生まれて初めての卵は、私が頂きました

魚を与えると卵が生臭くなると多くのブログの記事になっていて、正直少し不安に思っていました

生臭みを消すために餌の魚を発酵させたり、魚を煮てヌカ漬けにしたりして与えると卵が生臭くならないとも書かれていて、自分的には腑に落ちない気持ちでした

何故なら、食べ物を食べた所で消化・分解・吸収され、栄養が卵に行くのだから、におい成分だって分解されるはずだと思っていました

それに自然界では生魚を食べているし、わざわざ人間が発酵食品を与えずとも、床が醗酵している状態になっていれば醗酵状態の餌も自然に食べてしまうはず

ならば全て生の餌で良いはずと、醗酵食品は作らずに生の餌を与え、床が醗酵するようにしてきました

でももし生臭かったらどうしようと、少し不安ではありました


いざ食べてみると、












甘い!


本当に甘いんですよ

生臭みなんて、まるでありません

雑味が無く、さっぱりとしているけれど、卵の味はしっかりある

烏骨鶏の卵は高級品と言うのは、実際に食べてみると納得です

今まで食べた卵の中で、一番おいしい

ようちゃん、ごちそうさまでした

(自分自身、卵を買って孵卵器で孵化させたのですが、平均して卵一個あたり300円位と高級品でした。孵らなかった卵もあります。)



今朝、鶏小屋の天井付近で氷点下9度まで下がりました

産卵箱や地面付近は、更に2度ほど低いはずです

そんな極寒の中にもかかわらず、今朝も卵を産んでくれました

栄養状態が悪かったり、ストレスがかかると卵を産まなくなるそうですが、産み続けてくれてるって事は烏骨鶏たちにとって良い環境なのでしょうね

一番小さな雛(ピヨヨグループ)も、寒そうにしてはいますが、立派に耐えてくれています

人間よりはるかに寒さには強いみたいです

寒くて耐えられなそうな時は家の中に入れてあげようと思っていたのですが、その必要も無さそうです(ちょっと寂しい)
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2018-12-10(Mon)

我が家の烏骨鶏たち紹介(コンデジ写真)

今日紹介するのは、主に7月17~18日生まれの第三弾の雛たち(ピヨヨグループ)です

7月23日 ダンボールの育雛箱に入ってる所。誕生から5日目位です
DSC04697
7月29日 暖かいので、外で遊ばせてます。オオバコの葉の下で寝てしまってます。踏みそうになりました(^_^;)
DSC04739
9月3日 これはひと月早く生まれた雛たち。畑で仕事中!
DSC04796
9月4日 イチゴ畑の土手部分にいるミミズを食べてる所
DSC04819
9月9日 庭の遊び場にて
DSC04834
11月8日 ほぼ完成した鶏小屋内の止まり木にて
DSC05093
以下12月7日 小屋内の天井付近でも氷点下8度。寒くても元気に過ごしてます。
DSC05106
同日。奥は大根の葉っぱと人参の葉っぱを山積みして保管。勝手に食べてます。
DSC05107
同日。左手前が出入り口。右奥の3部屋が産卵箱。下の三羽が最初(5月)に生まれたピーちゃんグループ。真ん中から上の5羽が二番目(6月)に生まれたぴよちゃんグループ。
DSC05110
二番目生まれのアカツキ(左オス)とイケメンちゃん(右メス)
DSC05113
ピヨヨグループのベローシス(腱外れ)が完治したベロちゃん(左上)
DSC05130
二番目生まれのチマちゃん寝てます。(血みどろにされたが外見だけは完治。いじめられによる精神的障害が、かなり残ってる)
DSC05139

みんなモフモフでかわいいです。

最近卵を産んでくれてるのが、産卵箱下にいるヨウちゃん
今朝も氷点下8度の中、立派な卵を産んでくれました

ニワトリのいじめについてですが、かなり激しいものがあります。
チマちゃんとイケメンちゃんが結構いじめられていて、チマちゃんは血みどろにされたのですが、外見だけでなく精神面がかなりやられてしまったようです。

人間もいじめにあうと、肉体面だけでなく目には見えない精神面に大きな傷を負うのと一緒で、烏骨鶏も精神面に大きな傷を負ってしまいます。

チマちゃんとイケメンちゃんがダメージが大きいのですが、症状としては一時激しくイジメたアカツキと会うと、足が上手く動かせなくなります。

ただアカツキは最近性格が丸くなったようで、ほぼイジメは無くなって、イケメンちゃんと良いカップルになってます。

現在進行形ではシモサカが二羽をいじめ中ですが、シモサカに会うと二羽とも足が上手く動かせず飛ぶ事も出来ず、つつかれても逃げられません。

悲鳴を上げると年上のピーちゃんと二コちゃんが助けに来ることがあって、シモサカを追い払ってくれてます(間違っていじめられてた二羽をガブリとやる事も(◎_◎;))

チマちゃんは精神的に重傷で、普段の歩き方もおかしく、階段を一歩一歩上がる事も、止まり木に飛び移る事も出来なくなってしまいました。

重症のはずのチマちゃんですが、年下の10羽に対しては自ら進んでつつきに行くのですが、それもかなり早く走れます。シモサカと会った時だけ身動き出来ないのは、かなり高度な脳の働きがあるからだと思えます。

何気なく飼っていたら気付かないのでしょうけど、毎日数時間見続けていると、あれ!?って思える事が沢山あり、言葉こそ自分には理解できませんが、人間と同じような感情も持っているのがわかる気がします。

ニワトリを研究している学者さんの発表では、人間の7歳くらいの知能がある事がわかっているそうです。

感情だけでなく、予測能力、判断能力、計算すらできるらしい。

凄いですよ、ほんとに。飼って初めて気づきましたよ。いろんな事に。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2018-12-08(Sat)

自給換算

毎日烏骨鶏の世話をして、ついに産卵の瞬間に立ち会う事が出来ました

動画撮影も成功したのですが、時間が無いので後ほどアップ

そこでいろいろ考えさせられました

毎日卵を産むわけでもないのですが、産む時は人間と同じでかなり大変な思いをするようです

最初は陣痛なのか?身体に異変を感じるようで、ちょっと低い声で警戒の声を発し辺りを見回します

異常が無ければ産卵箱へ向かい、中の様子を窺って箱の中へ一歩一歩入って行く

中に敷いてある麦の茎を脚でならし、卵を産み落とす場所をグルグルと回りながら(時計回りで)きれいに整地する

ここまでで大体20分掛かってます

それから敷料の上に身体を横たえ、砂浴びのように羽をばたつかせる

想像ですが、体の中の卵を押し出す為にやってるような感じです

普通に地べたに座るような体位になってみたり、また横たわったり

これを20分位

時々クククク~っと苦しそうな声をあげたりして、周りの鶏たちも気にしている様子

ある時すくっと立ち上がり、全身の羽毛を逆立たせ、下半身に渾身の力を注ぎ込む

見ているだけで、こっちも力んでしまうほど踏ん張ります

数分して、コトっと音がして、力がふっと抜け、そのまま1分位身動きせずじっと立ったまま

逆立った羽毛を静かに収めて、卵をチラリと確認し、産卵箱を後にします



陣痛らしい動きから産卵終わりまで、およそ1時間

卵を産むたびに、こんなに大変な思いをしているんです(大変に見えるだけかもしれませんが・・・)

きっとこの大変さは、卵を産むことに特化したブロイラーでも、我が家の烏骨鶏たちでも同じでしょう

産む事だけの時間で1時間、産むために食べ・飲み・寝る時間は考えずとも、卵1個の為に1時間働いている

そう考えると、卵1個で時給1000円位払って当然なのかなと考えてしまいます

何でもお金に換算は良くないけれど、「こんなに大変な思いをして産んでるんだよ」ってのを、卵を食べる人に知ってもらいたい



昔見たテレビで、卵を他人の頭で割って中身がだらりと顔から滴り落ちる姿を笑ったり、生クリーム付きのスポンジケーキを顔に擦り付けた姿を笑ったり、そういうのを見て腹立たしくて仕方なかった

食べ物を何だと思ってるんだってね、粗末にするなって思ってた


自分が卵から育てた烏骨鶏が、卵を産むようになった今、更にその想いは増しています

産みの苦しさを目の当たりにして、無駄にはしないでいただきますと、烏骨鶏たちにありがとうと声を掛けています



養鶏をやってる知り合いは、卵を産まなくなりかけた年老いた廃鶏を絞めて、食肉にしていました。

経営的には、そうしないと経費がかさんでしまうので、仕方ないでしょう

でも自分には、出来ません

卵はいただきますが、余生が残った烏骨鶏を絞めるなんて、情が移って無理

生きる=命をいただく

この図式は避けて通れないのだけど、烏骨鶏は食べなくていいやと思えてます



今18羽いて、雄雌同数と考えるとメスは9羽

産む時期と産まない時期が交互に来るそうですが、産む時期には多分家族では食べきれないほどの量になるでしょう

家族で食べきれない程の卵を産んでくれるようになった時、一個200円ほどでお分けする予定です

ただでさえ貴重な烏骨鶏の卵

我が家ではさらに安心安全な国産飼料だけで育てているので、最高級の一品です

まだ中雛段階が多いので、来年の春以降ですね
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2018-12-01(Sat)

4個の卵

月・水・木・土

一週間も掛からず、卵を4個も産んでくれました!

烏骨鶏ってあまり卵を産まないはずなのだけど、しかも寒い冬なのに不思議です

でもこれで、一人一個の卵を食べられます



最後に卵を買ったのは、夏

最後に卵を食べたのは、その夏に買ったものをつい先日

3か月くらい保存しておいたけど、質の良い卵はプリプリのまま鮮度が落ちていませんでした

普段から買い物もしないで、日々工夫して料理をしてもらってるので、一つの食材がずっと保管されているのなんていつもの事

十数年前に賞味期限が切れたキムチも、酸味こそ増したが品質に問題も無かった

品質の良い物は、結局長持ちするし、身体にも良いし、おいしい


うちの烏骨鶏の卵も、きっとおいしいに違いない

最近お米を切らしているけど、いつもの農家さんにまだ買いに行けないので、卵かけご飯はお預け

お米を買ってきたら、卵かけごはんにして食べよう

最高の贅沢!
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2018-11-29(Thu)

二つ目の卵

昨日、二つ目の卵が、産卵箱にありました

一昨日、産卵箱の中の敷物(麦の茎を切った物)を新しいのに換えた所でした

毎日寒いから、次に産む卵は春かなと思っていたので、驚きと嬉しさとちょっとの切なさに感動していました

そう、嬉しいだけじゃないですね

卵を産むたびに寿命が縮んでしまうので、想いは複雑です

こういう事は飼う前にも考えていたのですが、実際に産み落とされた卵とその親鳥を見てしまうと、以前とはまるで違った想いになります

でもこのペースで産み続けると、家族分4個の卵は一週間で産んでくれます

結構早いペースで、それはやはりうれしい

大事に、感謝して戴く、それは忘れる事は無い気がします




こうして5月の21日から烏骨鶏を飼い始めたわけです(卵を温め始めたのは5月1日)

今思うと、良い時期に買い始めたなぁとつくづく思います

約一か月ごとに3回に分け、卵を孵して来たのですが、それが良かった

最初の雛たちは、今、完全に大人の世代

次の雛たちが、まだ大人になってはいないけど、寒さに耐えられる体力を備えている

最後の雛たちは、まだまだ子どもで、厳しい寒さにはまだ耐えられないと思われる


食べ物の面では、最初の雛たちは昆虫類が少ない時期に育ったが、次の雛からは昆虫も最初から食べられた。

生活面でも、最初の雛たちは寒いので外遊びは若い時は少ししか出来なかったが、次の雛からは外遊びがたくさんできる気温になった

食べ物も運動できる環境も考えると、北海道のこの辺りでの養鶏を考えると、6月中旬に雛が孵るのがベストだとわかった

調べてわかった事と現実は、やはり少しのズレが有るので、やってみなけりゃわからない事が多い

食べ物の量や、病気への抵抗力、保温させる為の設備など、一番効率良く健康なヒナを育てるには、5月下旬に卵を温め始め、6月中旬に雛が孵る、自然の世界とほぼ一緒が一番良い

こうして実際にやってみると、自然って凄い!!!ってのを改めて実感する

そんな自然、最近はウサギの姿をあまり見ない、と言うか全然見ない

森が切られて裸の山だらけになったのが原因だろう

人為的に劇的に変化する自然環境、こんな田舎なのに、悲しい現実だわ

せめて自分だけは、自然界に悪影響の無い(少ない)、美しい生き方を貫かなきゃだネ


追記16時55分 
夕方、晩御飯をあげに鶏小屋へ行くと、3個目の卵が産卵箱にありました!

4日間で3個の卵。嬉しいけど、産みすぎ?
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2018-11-26(Mon)

命を産み落とす

初 卵

産んでくれました❗

烏骨鶏の卵は小さいのですが、それよりももっと小さい卵

産卵箱の中で、ちゃんと産んでくれました

朝見たときには無かったのですが、十一時過ぎに見に行ったらコロンと転がってました

手に持つとほんのり暖かくて、身を削って産んでくれたんだなって実感した

実際に、めんどりの寿命はおんどりより二割以上短命なのだそう

子どもたちにもそれを話したら、ちょっと悲しげな複雑な顔をした

心の中では、卵を産まなくても良いから、長生きして欲しいと

そう思ってるに違いない

でもね、必死に産んでくれた卵なんだから、無駄にせずに食べてあげた方が良いでしょうと話した



夕飯の時、ひとつの卵をどうやって食べるか話し合った

やっぱり卵かけご飯が良いのだろうけど、みんなで食べるには卵が小さい

焦って食べずとも自然養鶏なので二ヶ月は余裕で保存できるので、一人一個食べられるように四個生むまで待つことになった

でも烏骨鶏は冬は産まないはず

気長に見守るとしましょう




産んでくれたのは、多分五月生まれのようちゃんだ

数日前からご飯をばくばく食べ、昨日は産卵箱の中を念入りに見ていた

賑やかなところが苦手だったのに、みんなで集まって魚をつついている所にもやって来て、一緒に食べたりもしていた

いつもと様子が違ったので、もしかしたらとは思っていたが、やっぱりだった



このままみんな順調に育ってほしいものだ

噛みつき組は、今日も噛みつき組のままでした

今日も、一時隔離しました
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2018-11-24(Sat)

また流血の事態

昨日、烏骨鶏ピヨヨちゃん一羽が、血だらけになってしまいました

犯行現場は見ていないのですが、ピヨヨグループの中でも大きな顔し始めたカバちゃんの仕業の可能性が大

今朝もカバちゃんより先輩のイケメンちゃんを攻撃して、毛をむしっていました

このままではメスが全滅しかねないので、つつき癖の強めな雄3羽を隔離部屋に押し込めました

カバちゃん、シモサカ、ピーちゃん

三世代のつつき癖烏骨鶏が一部屋に入って、それは凄い世界

一番小さいカバちゃんが、一方的にやられてます

ちょっと可哀そうでしたが、大きな怪我をしない程度に見守る事に

しばらくすると順位が決まったのか、30分もしないうちに静かになった

順位は歳の順、体格も力も違うので当たり前ですが、こうも早く3羽が仲良くなるとは思ってもいなかった

つつき組の仲が良くなると、ちょっと怖いのが集団で誰かを襲うんじゃないかと…

それでまだ外には出していませんが、今日はそれ以外にも問題が!

気温が低い!

一番小さなヘタレちゃんと二番目に小さい一羽が、やっぱり寒さで震えている

外気温は氷点下6度、鶏小屋は閉め切っていると言っても、飲み水も凍るほどなのだ

今の所昨夜が一番の冷え込みだったので、それを乗り越えたのではあるが、やはり心配だ

動物性タンパクを沢山食べさせれあげれば良いのかもしれないが、突然そんな贅沢な状況になるのもどうかとも思う

いろいろ考えなきゃならない事だらけで忙しい




先日、飼料用にくず米と米糠を入手した

烏骨鶏たちには人間でも食べられるものを与えたいと思っているので、入手したくず米を食べてみることにした

入手したのは色の選別で出た物で、着色米やら虫食い米やらゴミやら入っている

炊いてみたら、炊き込みご飯の様な感じの薄い茶色っぽい色のご飯になった

食感は、若干水分が多かったのでぺチャリとしていたが、普通に食べられる!

全然不味くない

見た目がよろしく無いのではじかれるわけだが、そのお陰で格安で手に入る

魚も人間と同じものを食べ、野菜類も自然栽培のもの、主食の穀物も北海道産

人間でもこんなに安心安全な食べ物食べてる人っていないだろうに

うちの烏骨鶏たち、すごく贅沢な暮らししてます




先日、時間を割いて日帰りで魚を獲って来た

サンマ200~300尾(数は数えていない)

一日に魚を10尾くらい与えてますので、今回のサンマで一か月くらいは持ちます

お刺身グレードのサンマ、これまた贅沢です




烏骨鶏たちに生の魚を与えても大丈夫かどうか調べていますが、答えが出ません

魚自体は問題ないと思いますが、問題はアニサキス

カモメや鵜は魚を食べて生きているので問題ないのでしょうけど、烏骨鶏はどうなのか?

保護されていたトキはアニサキスで死んだという情報もあるので、実際の所がわかりません

今は一旦冷凍した物を与えてますが、出来れば生のままが自然の姿で良いのだろうとは思うのです

ただ烏骨鶏(ニワトリ)は、自然界では川魚は食べていたが海の魚は食べていなかったでしょうから、川魚を与えた方が良いのかもしれません

アニサキスの事、本当の所をご存知の方、教えてください



わからない事だらけで、毎日が楽しいです
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2018-11-20(Tue)

セレクト中

写真のセレクト中です

思いもしませんでしたが、結構いろいろ撮ってるなぁと実感

探し物がなかなか見つかりません


alone by Kousuke Toyose on 500px.com






最近、烏骨鶏たちが仲良くなってきました

鶏小屋に入れてから、順位付けの噛み付きが結構あったのですが、違う世代の雛が近づいてもお互い羽繕いしあったりするようになってきました

毎日見ている顔なので、みんなをしっかり区別して覚えているようです

よく噛み付く雛はみんなに警戒されてますが、おとなしい雛が誰かに近付いても、相手も気にしたりしません


雛たち全員ではないのですが、だいぶ名前も付けられました

長老組3羽
ピーちゃん(一番最初に孵化した子)
にこちゃん(2番目の子)
ようちゃん(3番目の子)

第二世代(ピヨっちたち)5羽
ピヨリダ(ピヨグループのリーダー)
シモサカ(顔の下にトサカがある)
アカツキ(赤く血で染まるほどに他の雛をつつきまくった)
イケメンちゃん(フサフサふわふわのたてがみで、格好良いイケメン)
チマ(アカツキに血まみれにされた)

第三世代(ピヨヨっちたち)10羽
ヘタレちゃん(病気でヘタレた事がある)
ベロちゃん(生まれた時ベローシスだった)
腰巾着(ヘタちゃんにいつもついて回って、美味しい食べ物を分けてもらってる)
カバちゃん(カバみたいな顔してる)
・・・残りはまだ名前が付けられない(見分けにくい)

まだ名前が無くても、ほぼ見分けられるようになりました!

個性がみんな強いし顔が違うので、結構見分けられるものです

全体のリーダーは二コちゃんですが、ピヨっちたちも急速に大きくなってるので、いつリーダーが変わるかわかりません

毎日変化があるので、本当は一日中鶏小屋にいたら楽しいのでしょうけどね


キタキツネの写真は、過去作です

独りぼっち

寂しいイメージが思い浮かぶ人が多いと思いますが、自分はそんなふうに見ていません

自由であったり、他から影響を受けない強さであったり、ポジティブなイメージが大きいです

今日19日、本格的な雪が降り、厳しい冬が始まりました

明日朝は、この写真のように銀世界が広がっている事でしょう
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


プロフィール

豊瀬 恒介

Author:豊瀬 恒介
ご訪問くださり、ありがとうございます!本職は写真家ですが、自家製天然酵母のパンを焼いたり、木工品を作ったり、自然栽培(無農薬・無化学肥料・草生栽培)で野菜を育てたりしています。人生楽しく生きましょう!

掲載写真・文章等の著作権・版権・使用権等作品に附随する全ての権利は豊瀬恒介にあります。無断使用・無断転載は厳禁です。

掲載作品の販売もいたします。お問い合わせ下さい。

ブログ翻訳
ご意見お願いします
リンク
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
地域カウンター

ジオターゲティング
応援よろしく!


FC2ブログのランキングに参加しています。クリックしてもらえると、このブログがたくさんの人に読んでもらえるようになります。^^
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村←「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、一日ワンクリックお願いします。いろんなブログが探せますよ。
拍手する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
こけのオススメ







 







お買い物はこちら




こよみ



北海道-網走
提供:釣り情報フィッシングラボ

ブログ内検索
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Twitter