2014-12-12(Fri)

水墨画

まるで水墨画
_D8N4071
Nikon D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II

真っ白だった雪山

日の光が射すと、そこだけ雪が融けて木の色が見えてくる

だんだんと木々の線が見えてきて

やわらかく淡い木々の輪郭が美しかった
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2014-09-24(Wed)

うずうず

今シーズンは山に行かないと決めていたのですが、どうも最近ではないほど状況が良いらしく、じっとしているのが苦痛です

うずうずうずうず・・・・


そこに来て、息子から風邪をもらったようです

のどが痛い!

本来風邪をひく人間ではないのですが、頭の具合が良くなってきたのか、風邪ではない他の病気なのかはわかりません

熱は無いのですが、喉がとにかく痛い。

余っていた朝鮮五味子をとりあえず食べてみたけど、咳止めの薬効じゃ痛みには効かないかな?


大事をとって動かないようにしているのですが、動かないとうずうずが更に募ります

仕方ないので、写真の現像中です

以前撮った山の写真が出てきたりして、またまた、うずうず。。。

Canon 5DMkII EF70-200mm F2.8L IS II USM

う~、本格的な山登りは体力的に危険なので、車で行ける範囲まで行ってみるかな、釣竿も持って!そろそろサケだ!
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2011-03-03(Thu)

これが見たくて

大雪山 日の入り
日の入り

いつ見ても、いいものだ

寒いっ
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2011-03-01(Tue)

山からの写真です
hikari 大雪の山から
ちょっとシックに

大雪山より
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2011-02-28(Mon)

天と地と

神のいる天と
大雪山 雪山
人の住む地と

自分はその狭間にいた

カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)

神々のいる場所

ここは聖なる地か
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2010-09-27(Mon)

登山の覚え書き

先日25日に行った登山の覚え書きです。手帳にも書いてあるのですが、ブログの方が後日見たい時に見つけやすいので、こちらにも書いておきます。

自宅      3時40分発
レイクサイト  5時45分着   6時15分発(シャトルバス始発臨時便)
高原温泉    6時45分着   6時50分 登山開始
緑岳山頂    9時50分着  10時00分発 
白雲小屋分岐 10時15分
小泉岳    10時55分
緑岳分岐   11時00分
白雲岳分岐  11時10分
白雲岳頂上  11時45分着  12時20分発
緑岳分岐   12時55分
赤岳     13時25分着  13時40分発
銀泉台    16時10分着  16時30分発(シャトルバス最終)

撮影しながらゆっくり歩いての時間です。

自宅からレイクサイト 114キロ(愛別~層雲峡、高速道路使用)

緑岳への登山道です。木道も雪で見にくく滑りやすいです。冬用の長靴で登ったのですが、靴底がやわらかく雪の上は滑りにくくてグッドでした。山をやる人に言わせると「なめた格好」です。
高原温泉から緑岳
ハイマツのトンネルです。トンネルの中で熊に出会うと恐い感じです。
高原温泉から緑岳2
結構な急傾斜。自分が立っている所は、登山道の岩だらけの場所です。岩と岩の間に雪が積もって道がわかりにくく、雪の下の状態も良くわからない危険な場所です。
緑岳斜面
画面の真ん中より先は「雪庇(せっぴ)」です。間違って踏むと、崖下に一直線です。
雪庇(せっぴ)
風が強かった為に、ちょっとした出っ張りに雪が積もって残っていました。
緑岳から白雲岳
白雲岳途中から見た旭岳です。旭岳は見慣れた山ですが、反対側から見ると全く別の山みたいです。拡大して見たら、山頂に登山者が写っていました。
旭岳
白雲岳の山の途中です。雲より高い!
白雲岳途中斜面
白雲岳頂上から旭岳方面の斜面です。少しだけ紅葉の赤い色が見えました。
白雲岳頂上から旭岳方面の斜面
白雲岳山頂より旭岳
白雲岳頂上から旭岳
白雲岳頂上の岩についた雪です。吹雪だったのが良くわかります。
岩についた雪
天使にでもなったかの様な錯覚を起こした雲海です。不思議な感覚でした。
雲海
一筋の登山道。人の力って、山をも削ってしまうんですね。くぼんだ道に雪が残っています。
登山道
赤岳山頂のすぐ近くから見た風景です。
赤岳途中から旭岳
一度積もった雪が溶け、再び凍ってこんな風景を見せてくれました。かわいい、でも長い冬の始まりを予感させる風景。
雪の下に
銀泉台へ行く途中で雲海の雲が流れてきて、山々が見えなくなってしまいました。雲の流れがとても速かったです。
赤岳から銀泉台途中
水は2.5リッター持って行ったのですが、1リッターも飲まずに済みました。

いつも長靴で畑仕事や撮影に行っているので長靴で山も登っているのですが、慣れてない人はなるべく真似しないようにしてください。不安定な場所では滑りやすく、岩の間に足を滑らせてしまったら骨折する可能性があります。踏ん張りも効かないので、登山靴よりも足を置く場所に気を遣うのです。それと自分が使っている長靴は、その辺に売っている安い物とは違います。何十足も履き比べて、足にフィットした物だけを履いています。いろんな店に行って長靴を試し履きしているのですが、今年はまだ足に合う長靴と出会っていません。それだけ慎重に選んでいます。

今シーズンはシャトルバスの銀泉台線が遅くまで(26日)運行していたのでこのルートで歩きましたが、もし予定通りの運行(23日まで)だったら別ルートになったでしょう(バスに乗らずに歩いただけかもしれませんが…)。

それにしても上川町の対応は、全くなっていません。シャトルバスの運行期間が伸びて一般車両が入れなくなった期間が伸びたのに、それをHPにちょっと掲示しただけで終わりとは。他の仕事を断って山の撮影に入ろうと思っていたのですが、車で上がれなかったので予定変更を強いられました。しかも上川町にメールで問い合わせしたにもかかわらず返信がありません。シャトルバスの期間を決めたのなら、それをちゃんと守ってもらいたいです。シャトルバスの利益追求としか思えません。

ちなみに今年の銀泉台線は14日の11時に冬季閉鎖予定です。高原温泉線は11日の17時です。それ以降はゲートが閉まり、中に入る事が出来ません。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2010-09-18(Sat)

銀泉台~層雲峡

先日(15日)、山登りをしてきました。

層雲峡温泉からシャトルバスに乗り、銀泉台で下車、赤岳・北海岳・黒岳を経由して層雲峡温泉へ降りるルートです。

紅葉にはまだ早かったという事でしたが行ってみなければわからないし、自分の為にも・そして今年は登れない友だちに写真を見てもらいたくて行ってきました。

ここからは覚え書きです。

自宅     4時00分発
層雲峡温泉  5時40分着  6時02分発シャトルバス
レイクサイト 6時23分着  6時30分発
銀泉台    7時00分着  7時15分登山開始
赤岳頂上   9時30分着  9時50分発
緑岳分岐  10時07分
白雲岳分岐 10時17分
北海岳   11時30分着 11時50分発
黒岳石室  13時45分着
黒岳    14時10分着 14時20分発
黒岳リフト 15時10分着 15時30分発
ロープウェイ16時00分着 16時05分発
層雲峡温泉 17時10分着

特に北海岳から黒岳石室にかけて、ゆっくり撮影をしてのんびり過ごしていたので時間がかかっています。普通に歩いたら、もっと早かった事でしょう。

今回はリフトにもロープウェイにも乗りませんでしたが、降雨直後や湿った時期は足元が滑りやすい所が多いので、足腰の弱い方にはおすすめ出来ません。特にロープウェイ区間はほとんど人が入っていませんし、登山道脇が崖のようになっている場所があり要注意です。そして熊の新しい足跡もありました。

肝心な紅葉は、赤岳は紅葉の進み具合は6割程度、銀泉台は3割って所だと感じました。来週初め頃が見頃かなと思います。と言っても今が最高の場所もあり、十分楽しめる山登りコースです。

さぁ、今日から同行撮影です。明後日天気も回復の予報なので、山に登ってこようと思います。晴れてくれれば、最高の景色が待っている事でしょう。
銀泉台
銀泉台の紅葉です。登り始めてすぐの所です。
銀泉台から赤岳途中
ウラジロナナカマド、紅葉しているものもありましたが、まだまだ緑のものもあり、紅葉の時期が長そうです。
赤岳頂上
赤岳頂上からの眺めです。数年前、友人たちと4人で登った時の事が鮮明に思い出されました。あの時は横殴りの雪が降り始めすごい天気でしたが、重いリュックを後ろから押してもらったりして助けられ、無事に戻れたんだなぁ…
赤岳から北海岳途中
残雪もまだまだあります。一年中溶けないんでしょうね。
赤岳から北海岳途中
草紅葉がとてもきれいです。チングルマなどなど・・・
北海岳 お鉢平
北海岳の頂上から眺める「お鉢平」です。有毒ガスが溜まって非常に危険な場所だとか。この色を見たら、行きたくありませんが…
残雪から流れる川
トンネルの中に入ってみたいけど、入っちゃいけません。
花畑
夏にまた行ってみたいです。きっときれいな花畑になるんでしょうね。
黒岳手前 花畑
今オレンジ色の所も真っ赤になるかもしれません。その時期にまた行ってみたいです。
コケモモ
かわいい!この一枚の為だけにでも、マクロレンズを持って行った甲斐があります。
チングルマ
チングルマもきれいでかわいい!
熊の足跡
帰り道、薄暗い森の中で見た熊の足跡です。途中でサルナシ(コクワ)の蔓が落ちていたりサルナシの臭いがしたり、けものの臭いがしたり、非常に危険だなぁって感じました。この足跡はまだ小熊のものだと思います。危険です。

このルート、変化に富んでいてなかなか楽しかったです。山の上でもリフト乗り場でもエゾシマリスを見られたし、ナキウサギの声も聞こえたし、紅葉も花もきれいで、そして人があまりいない事も素晴らしい!北海道の山を満喫出来ました。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
プロフィール

豊瀬 恒介

Author:豊瀬 恒介
ご訪問くださり、ありがとうございます!本職は写真家ですが、自家製天然酵母のパンを焼いたり、木工品を作ったり、自然栽培(無農薬・無化学肥料・草生栽培)で野菜を育てたりしています。人生楽しく生きましょう!

掲載写真・文章等の著作権・版権・使用権等作品に附随する全ての権利は豊瀬恒介にあります。無断使用・無断転載は厳禁です。

掲載作品の販売もいたします。お問い合わせ下さい。

ブログ翻訳
ご意見お願いします
リンク
最近の記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
地域カウンター

ジオターゲティング
応援よろしく!


FC2ブログのランキングに参加しています。クリックしてもらえると、このブログがたくさんの人に読んでもらえるようになります。^^
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村←「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、一日ワンクリックお願いします。いろんなブログが探せますよ。
拍手する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
こけのオススメ







 







お買い物はこちら




こよみ



北海道-網走
提供:釣り情報フィッシングラボ

ブログ内検索
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Twitter