FC2ブログ
2019-09-01(Sun)

美瑛駅 開業120年

「美瑛駅120年ありがとう!そして、これからもよろしく!」というイベントが美瑛駅前でありました

イベントのオープニングで鼓楽同志が、昼過ぎに白金太鼓が出演

娘も出てたので、撮影に行ってきました
「美瑛駅120年ありがとう!そして、これからもよろしく!」イベントでの白金太鼓の演奏
相変わらず格好良い!


最近は、いつもお世話になっている美瑛駅

これからも、よろしく!

続きを読む

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2019-08-13(Tue)

ダダ漏れ

毎日洪水状態

給湯器の内部配管が腐食して、以前からにじむ程度に漏れてはいました

風呂に入る時だけ元栓を開けてお湯を使い、風呂が終わったら元栓を閉め、お湯の蛇口を開けて配管内の圧力を逃がしさえすれば、雑巾一枚を濡らす程度しか水漏れはありませんでした

それがふた月ほど前から日に日に漏れる量が増え、今月初めにはダダ漏れ状態で風呂に入るだけで雑巾二枚あっても床まで濡れるほどに漏れるようになってしまった

普通ならここまで酷くなる前に買い替えるのでしょうけど、内部を見た限りでは漏れは一か所らしいし、雑巾敷くだけで済むならそれで済ませて、自分で直してみようかとも考えていた

友だちにも当たって、配管の修理の仕方を知ってる人に聞いてみた

そしたら銅管はロウ付けで直せるかもしれないけど、下手したら配管がバーナーの熱で溶けてなくなるよ~ってあっさり教えてくれた

それに古い給湯器だから多分他も痛んでて、直してもどんどん具合悪くなるだろうとも・・・

今のままだと床も腐りそうだし、買おうと思って調べてたらちょうどいい具合にオークションで新品のエコキュートの最新型が出ていたので即ゲット!

先週末に出品者さんの所まで行って、直接買ってきました

そして今日、あまりの重さに一人では無理と女房に手伝ってもらって、6時間掛かって無事に取り付け完了!

配管の水漏れも無し、試運転も無事終了し、快適にお風呂に入れるようになりました


今まではエコタイプでは無かった20年ほど前の型なので、灯油消費量も多い割に給湯量は少なめ

それがさすがに最新式、5年も使えば燃料代と電気代で本体の代金は取り戻せる計算です

しかも自動給湯まで付いて、至れり尽くせり

新品なんてもったいないと思っていましたが、時には最新型の新品も良いですね



無駄遣いをせず、外食もほとんどせず、お酒も飲まずタバコも吸わず、おやつのお菓子もほとんど買わず、ジュースも買わず、スマホを持たず、色々やりくりして必要な時に必要な物を買っています

中古は当たり前、リースで済ませるならリースも活用し、もらえるものはもらう、そうやって経費をたたき出す

長く使えるもの、壊れないもの、壊れても直せるもの、環境負荷の少ないもの、そういう物は高額なものが多いですが、長期に使えば安上がり

選び方ひとつで、快適な暮らしが続けられます



今日、今年初めてミンミンゼミが鳴いていました

去年より遅かった気がしますが、しっかり繁殖しているようです

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2019-05-01(Wed)

令和

昭和、平成、令和と、3つも元号を渡り歩いてきたんだ

いい加減年取ったって事だけど、天皇制は自分にとってどうでも良い

元号も面倒臭いし、西暦だけで良いと思ってる

ただ時代時代で元号があると、話をする時にわかり易くて良いのだけどね

ちなみに我が家は江戸時代を目指してます

前にもブログネタで書いたけど、一日の平均労働時間は4時間ほど

午前に仕事をして、午後には遊んで暮らしを楽しんでいたそうだ

年を越す時までに借金を返せなかったら、それがチャラになる

貧乏でも、それなりに暮らす事が出来たらしい

実際に江戸時代を見た事は無いけど、江戸を研究している人がラジオで言ってた

武士は刀を持ってはいたけど、刀を抜くなんてことは、ほとんど無い

実に平和で文化的な暮らしを送っていたそうだ

今の社会は経済とスピードが求められ、人々は考える暇もない

ある程度物質的な豊かさを享受できているので、変化を求めなくてもそれなりに暮らせてしまっている

それ程困ってないから、生活を変化させるのもエネルギーが必要で面倒なのだ

令和の時代になって、きっともっとひどい世の中になって行く

スマホやタブレットを使って検索したり答えを導いてしまうので、脳が思考を停止してしまう

自分で「作る」事をしなくなるので、指先の繊細さも失われ脳の働きが悪くなる

やわらかい食べ物ばかりで噛まなくなるので、ますます脳が働かなくなる

食べ物に含まれる添加物で、更に脳の機能が低下する

他人を思いやる事も出来なくなり、自分本位の行動に出る人が増える

指先足先の感覚も鈍くなるので、アクセルとブレーキの踏み間違いも増え事故が増える

自動運転・装置(車だけじゃ無い)に頼るようになり、ますます人間の機能が働かなくなる

脳が働かない馬鹿が増えるし、実際に増えてる

政府もそういう人を増やそうとしているのは間違いないと思う

考えられる人が増えると、政治や日本という国が腐ってるのがわかってしまうからだ

令和になって、どういう時代にしようとしているのか、天皇の本心を聞きたいと思う

なにか大きな発言があるのではと、ちょっと期待している



「令和」の意味・理由は?
人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ。
梅の花のように、日本人が明日への希望を咲かせる国でありますように。(ヤフー検索より)
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2019-04-21(Sun)

おもしろい!

ラヂオを聞いてて、痛快で面白い本を紹介していたので、聞いてみてください

この本があれば、きっと人生が楽しく過ごせると思いますよ

社会の事、旅とは…、生き方、などなど

くだらない事はやらない人生、自分はこうして生きてます、って紹介してくれてる本みたいです

源ちゃんのゲンダイ国語(←クリックするとラヂオが流れます)

その本のタイトルは・・・

「生き抜くための俳句熟」 北大路翼 著


大学時代、選択で俳句ゼミに入ってを古典俳句を習っていました

国語力に乏しい自分の語学力を、少しでも向上させたいと思って、短い文章で気持ちや情景を他人に伝える技術を学びたかったのです

そこで習ったのは、五七五

季語を入れ、五七五を崩さずに句を作るというものでした

実に堅苦しい自由の無いものでしたが、その短い文章の中に全てを託す技術は、自分の写真に通じるものでした

その後社会に出て、日本社会の「終わってる」状態では、自分の写真も文章も伝わらないのは仕方ないと、想いを伝える事を諦めて口を閉ざすことにしました

言っても無駄

でも、この本の紹介(ラヂオ番組)は、自分の想いそのもので、実におもしろい

今度機会が有ったら、本を読んでみたいと思います

人生を行き詰った現代社会の人々にも、バイブルになるんじゃないかな!

多分数日間しか聞けないと思うので、番組が無くなる前に是非聞いてみてくださいね~~~
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2019-04-17(Wed)

現場

現場がどうなのか、それが一番大事だという事もあり、前々から気になっていた農業の仕事をさせていただいてきました

業務形態は「派遣」なので、誰でもできる仕事(技術はほぼいらない)と思われるので、3Kと呼ばれる本当にきつい部分では無いのだと思うのですが、とりあえずは現場を体験してみたくて三日間だけ仕事してきました

結構大きな農家さんでの水稲の仕事です

この時期は「籾まき」、芽出しをしたお米の種籾を、育苗土を入れたトレーに蒔いて、ビニルハウスに並べる仕事です

自分は、トレーをビニルハウスに並べる仕事だけをプロの方と一緒にさせていただきました


別の場所で作った種籾トレーがフォークリフトで運ばれてくるので、それを台車に乗せ換えハウスに入れる

台車一台にトレー60枚乗せられ、台車2台で一両編成なので、一回で120枚を台車で運びます

種籾の入ったトレーを、トレー並べの機械にセット(トレーが結構重くて、1キロ位ありそうです)し、機械がトレーを並べて行く

機械が並べたトレーの端に、寒さ避けの為に土を寄せる

ごくまれに、種籾が育苗土から出てしまってる時が有るので、見つけ次第土を掛ける

ハウスの中がトレーでいっぱいになったら、機械(これも重い)をばらし次のハウスにみんなで移動させる

並んだトレーには、保温と保湿の為か、不織布っぽい物とトンネルを掛ける

今年は田んぼの面積が少ないと言っていたが、東京ドームのグランド面積のおよそ8倍くらい!に植えるのだそうだ

今年は本職以外の人(自分だ(^_^;))もいるので、かなりスピードを落として作業してくれていたそうだ

でも早い!

重いし早いしハウス内暑いし喉乾くし腰痛いし、今年の農作業が始まったばかりでこの大変さ

これは本当に大変な仕事だなって思いました


これから種籾から根が伸び、芽が出て、一か月後くらいに田植えが始まります

本当に気になっていたのは田植えの方なので、求人が出ていたらまたやってみたいと思ってます

自分でお米(水稲)を作る事は無いかもしれませんが、日本人の主食がどうやって出来るのか、一度くらい最後まで関わってみたいです



日本(の政府)って一次産業をあまり大事に思ってないのかなって気がしています

自給率が下がっても輸入に頼るばかり

大規模化、法人化はそれなりに応援してるみたいですが、狭くて地形も複雑な日本では、小規模で多様な農家が沢山居た方が、リスク(病害虫、自然現象等)も少ないはず

大型機械化やロボットの導入は、大面積を少人数で作付けられ、人員削減によってますます農業者人口を減らしてしまう

人件費削減で農作物の単価が下がると思ったら、それはかなり疑問だし危険な考えだ

今回ちょっとだけ仕事させてもらって感じた事は、農産物が安すぎる

そして食べ物を粗末にする人が多すぎる







とにもかくにも、スローライフとは縁の無い農業の現場は、想像していたよりはるかにきつかったです

それにしても、腰痛~~~~~

明日は、猫の額ほどの、いえいえネズミの額ほどの我が家の畑もやらねば
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2017-08-22(Tue)

ゲゲゲの女房

ヤフーの動画サイト、ギャオでやってるゲゲゲの女房を見てしまった
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00252/v10239/v0993400000000544947/
夏休みの宿題の手伝い途中の、空き時間に見始めたんだけど、あまりの映画の良さに涙が滲んできてしまった

これはね、芸術や文学などやってて、自分を貫いてる人にしか理解できない内容だと思う

どこかで自分を捨てて、生きる為に金稼ぎに走ってるような事やってる人には、わからないよきっと


自分もね、写真やってて同じように生きてます。それは今でも続いてる。

自分の場合、最初にやったのは食の確保。

お金が無くても生き続けられるように、食べ物を育てる事にした

最初から写真が軌道に乗るなんてことは、今の社会ではありえない事だし、誰かに師事して仕事を回してもらおうなんて考えも無かった。

師事して仕事が来るようになるのは生活を安定させる事に繋がるけれど、自分の作品のどこかで社会のニーズに合わせなければならないのは、自分の求めるものとはかけ離れてしまう


写真家初期の頃の写真展は、悲惨な結果だった

「こんなの見ても、誰も感動もしないよ」北海道在住の知り合いからの評価だった

頭にも来たけれど、どうでも良かった。自分を少しだけ出せた写真展だったから。



仕事用のカメラは、1台だけ、レンズも1本しかなかった。貧乏で買えなかった。

現金も底を尽き、残高不足で引き落としも出来ず、経済的に破たんしていたが、運よくバイトが決まった。

月に3万のバイト代、それだけで夫婦二人、生きてきた。

山菜や草を食べ、釣った魚をたんぱく源に、真冬は10℃の暖房だけ

子どもが生まれても、生活はほとんど変わらない。むしろ負担は大きかった。

周りの目は、「写真をやってるなんて、お金持ちなんでしょう」

お金なんて、無かった(今もだけどね)

少しずつ写真が売れて、ほんの少しだけ生活に潤いが出た。その潤いは、二週間に一回の買い物が、一週間に一回程度になっただけなんだけどね。買い物と言っても、醤油や塩、砂糖、石鹸などの必需品を買うだけだ


映画に戻るけど、水木しげるは、運が良かったんだと思う

出版社に見つけてもらえた

芸術性の高い作品を作ってる人は、世の中にまだまだたくさんいるはずだ

評価されず、周りから白い目で見られ、それでも意志を貫いて作り続ける

どこかで妥協したら、行き詰まって悩んで作家生命を終えてしまう

自分の作品じゃないものを作ったら、結局そうなるんだろうな



これからも、自分の作品を追い求めよう

そう強く思った

それと発表し続ける事

誰かに馬鹿にされようとも、自分の道を踏み外さない

「貧乏は、命までは奪わない」

そう、貧乏でも、何とかなるんだよ


今の世の中、自殺して行く人が後を絶たない

生活できないからと

うちの生活を真似してくれたら、生きて行けるのにと

ニュースで耳にするたびに悲しくなる

自殺なんて考えるなら、一度だけでいいから真似してほしい

うちの暮らしは、貧乏だけど豊かだよ

そのうち大口のスポンサーだって見つかるさ

自分を見失わなければ、ね


ゲゲゲの女房

いい映画でした
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2017-07-06(Thu)

手作りTシャツ

息子は修学旅行中!

ついこの間、入学式だったのに…
時の経つのは早いです(^^;)

着て行く服を何にすると話した時に、岩魚の絵が付いたTシャツのリクエストがあったので、いろいろ探し回った
モンベルにも有ったよなぁとショップに行ってみるも、ネットで調べるも、過去のモデルらしくて出て来ないし売ってない

無いものは仕方ない

仕方ないので、今息子が夢中になってるクワガタの絵柄をプリントしたTシャツを作る事にした

画像をネットで拾うのは、つまらない

どうせなら息子が自ら捕まえたクワガタをプリントしよう!という事になって、自宅スタヂオで撮影会

既に20匹以上いるクワガタから、格好いい奴を撮影する

息子が気に入ったアングルで(と言っても上から撮るだけ)、一匹ずつ撮った

ミヤマクワガタは大きいだけあって動きも遅く、撮りやすい

コクワガタは小さくてすばしっこく、あっという間に逃げてしまう

撮った画像を適当に配置して、8種類ほどデザインを考えて息子に合格案を選んでもらった

Tシャツが完成したのは出発当日の午前0時、何とか間に合いました~

朝起きた息子は、Tシャツを見るなりニンマリしていたので、気に入ってくれたようです

初めて作ったアイロンプリントのTシャツですが、耐久性は悪そうです

ちょっと商品化も考えていたけれど、業者に印刷に出さないと、無理だねぇ

今頃、友だちと枕戦争でもやってるかな

帰宅後の、土産話が楽しみです
クワガタTシャツ
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

豊瀬 恒介

Author:豊瀬 恒介
ご訪問くださり、ありがとうございます!自然写真家であり、自然循環栽培(無農薬・無化学肥料・草生栽培)で自給自足を目指しています。その他、木工品を作ったり、天然酵母のパンを焼いたり、釣った魚を卸したり、観光バスの運転もしています。人生一度切り、自分の想うがままに生き、悔いの無い人生を歩みたいです。

掲載写真・文章等の著作権・版権・使用権等作品に附随する全ての権利は豊瀬恒介にあります。無断使用・無断転載は厳禁です。

掲載作品の販売もいたします。お問い合わせ下さい。

ブログ翻訳
ご意見お願いします
リンク
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
地域カウンター

ジオターゲティング
応援よろしく!


FC2ブログのランキングに参加しています。クリックしてもらえると、このブログがたくさんの人に読んでもらえるようになります。^^
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村←「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、一日ワンクリックお願いします。いろんなブログが探せますよ。
拍手する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
こけのオススメ







 









お買い物はこちら






こよみ



北海道-網走
提供:釣り情報フィッシングラボ

ブログ内検索
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Twitter