FC2ブログ
2019-03-29(Fri)

鈍ってる

昨年はほとんど写真を撮らず、完全に腕が鈍って(なまって)しまってます


白鳥 by Kousuke Toyose on 500px.com






これ、軽いレンズ(古い300ミリ・機材の重さは約1キロ)で撮影してるのでまだ良い

本格的に撮ってみようと一番重いレンズ(約5キロ)を出してみたが、数十秒で腕がプルプル(^_^;)

昔みたいに撮れるよう、鉄アレーを引っ張り出しました

これから毎日、機材と鉄アレーで筋トレです!


美瑛の田んぼ、今日は雪降って真っ白になってしまいましたが、水がある時は白鳥がやって来てます

いよいよ北に向けて、旅立って行くんですね

春は土も出ていろいろ賑やかになりますが、去ってしまう生きものたちもいて、少しだけ寂しくもなります

秋になったら、また会えると良いなぁ
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2019-03-08(Fri)

野生化したアライグマ

可愛いんですけどね


racoon by Kousuke Toyose on 500px.com






自分が見るなら、元々いた自然の中で見たいと思う

わざわざ日本に連れてきてまで、見るべきではないです

人間が、動物に歩み寄るべき

野生動物は、人間の奴隷では無いのですから
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2018-11-20(Tue)

セレクト中

写真のセレクト中です

思いもしませんでしたが、結構いろいろ撮ってるなぁと実感

探し物がなかなか見つかりません


alone by Kousuke Toyose on 500px.com






最近、烏骨鶏たちが仲良くなってきました

鶏小屋に入れてから、順位付けの噛み付きが結構あったのですが、違う世代の雛が近づいてもお互い羽繕いしあったりするようになってきました

毎日見ている顔なので、みんなをしっかり区別して覚えているようです

よく噛み付く雛はみんなに警戒されてますが、おとなしい雛が誰かに近付いても、相手も気にしたりしません


雛たち全員ではないのですが、だいぶ名前も付けられました

長老組3羽
ピーちゃん(一番最初に孵化した子)
にこちゃん(2番目の子)
ようちゃん(3番目の子)

第二世代(ピヨっちたち)5羽
ピヨリダ(ピヨグループのリーダー)
シモサカ(顔の下にトサカがある)
アカツキ(赤く血で染まるほどに他の雛をつつきまくった)
イケメンちゃん(フサフサふわふわのたてがみで、格好良いイケメン)
チマ(アカツキに血まみれにされた)

第三世代(ピヨヨっちたち)10羽
ヘタレちゃん(病気でヘタレた事がある)
ベロちゃん(生まれた時ベローシスだった)
腰巾着(ヘタちゃんにいつもついて回って、美味しい食べ物を分けてもらってる)
カバちゃん(カバみたいな顔してる)
・・・残りはまだ名前が付けられない(見分けにくい)

まだ名前が無くても、ほぼ見分けられるようになりました!

個性がみんな強いし顔が違うので、結構見分けられるものです

全体のリーダーは二コちゃんですが、ピヨっちたちも急速に大きくなってるので、いつリーダーが変わるかわかりません

毎日変化があるので、本当は一日中鶏小屋にいたら楽しいのでしょうけどね


キタキツネの写真は、過去作です

独りぼっち

寂しいイメージが思い浮かぶ人が多いと思いますが、自分はそんなふうに見ていません

自由であったり、他から影響を受けない強さであったり、ポジティブなイメージが大きいです

今日19日、本格的な雪が降り、厳しい冬が始まりました

明日朝は、この写真のように銀世界が広がっている事でしょう
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2018-04-10(Tue)

足環

何枚も撮った中の一枚に、足環を付けた鳥がいた


500px.comのKousuke Toyoseさんによる着水





渡り鳥なので、どこかで調査の為に付けられたのだろう

「重くないから大丈夫」と聞いた事もあるし、実際軽いのは知ってる

異物を付けられたら、いくら軽くても違和感はあるだろう

かわいそうに・・・

渡りを解明するために必要なのか?

調査活動は、自然保護の観点から必要だという人もいる

けれど、生息環境を脅かすような事(開発等)をしなければ、保護なんてしなくても自然に保護される

開発が前提の保護活動

その為に、足枷を付けられるって、違和感を感じてしまう

どこを飛んで、どこへ行き、何か月旅をして、また戻って・・・

そんな事、知らなくたって、別にいい

みんな、地球の仲間、それでいい
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2018-04-10(Tue)

北へ



500px.comのKousuke Toyoseさんによる北へ to the North





渡りの季節

また冬に、来てね

しばしのお別れ
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2018-03-29(Thu)

今日でラストか

モモンガ撮影も、今日でラストかな

昨日も、いつもの場所へ行きました

先一昨日5匹いた巣穴から一昨日は3匹に減り、昨日は一匹しか出てきませんでした

引っ越すには、時期的にはあまりにも早すぎです

ほとんどが引っ越した原因はモモンガにしかわかりませんが、何となくわかる気もします

嫌な事されたら、誰だって他の安全な場所に行きたくなりますよね

あまりにも数が少なかったので、今日は別の場所へ

そしたら
エゾヒグマの足跡
ヒエ~~~~っ

かなりの大物らしい

足跡の向かった方向を探してみると
エゾシカの頭蓋骨
多分エゾシカの頭蓋骨(足の骨や毛皮も散乱してました)

どうやらハンターが殺して解体し、その場に放置されたエゾシカの不要部分を、エゾヒグマが食べに来ているようでした

でもここは国立公園内

狩猟禁止なのですがね

これじゃ餌付けと同じなので、熊がまた来るかもしれません

危険なので、今シーズンは近付かない方が良さそう。。。

なので今シーズンは、今日でラストになりそうです

いつもなら4月までは撮影できてたんですけどね

自分の仕事を、無法者ハンターに奪われた感じです

人為的に、しかも違法行為によって危険度が増してしまった事に、腹立たしさを覚えます

このまま撮影を続けても、クマに襲われないかもしれません

でも万が一人間が熊に襲われてしまったら、襲った熊は射殺されるでしょう

そうならない為にも、熊の生息環境にはむやみに近づかない方が良いと思ってます

熊は、自分の食べ物と認識している物を奪われると、それを取り返そうとして(取り返すまで)必死になるそうです

たとえ熊から奪ったという意識が人間に無かったとしても、熊には通用ないのです

人間側から、気を付けなければならないのです

今シーズン、もう撮影できないのは、残念ですが・・・
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2018-03-27(Tue)

片付け

子どもたちは、この春休みに片づけをするそうだ

丸々一年ほとんど何もしなかったので、どうせ無理だろうと高みの見物

特に何も言わずに見守る事にした


昨日と今日で片付くと言っていたが、片付け始めると、出て来たもので遊び始める

挙句の果て、ネットで動画を見始めた

現実逃避

春休みが終わる頃、さてどうなっている事やら



今日もモモンガ撮影

数匹追い出されたのか、今日は3匹に見えた

撮り始めた最初の頃は8~10匹

それが春に入ったら5匹に

昨日は5匹で、今日3匹

撮るチャンスもグンと減って、一枚一枚が貴重なチャンスになってきました


500px.comのKousuke ToyoseさんによるFlying Squirrel エゾモモンガ





一日に一枚、思うように撮れればそれで良し

一枚も撮れなくても、それで良し




夕方、ジュウジギツネの居場所の見える所に、カメラマンぽい人の車が止まって車内から観察してた

去年は道路からちょっと入った場所にいたけど、今年は結構車の通る場所にいる

今後どうなるか、ちょっと心配だ。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2019年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


プロフィール

豊瀬 恒介

Author:豊瀬 恒介
ご訪問くださり、ありがとうございます!本職は写真家ですが、自家製天然酵母のパンを焼いたり、木工品を作ったり、自然栽培(無農薬・無化学肥料・草生栽培)で野菜を育てたりしています。人生楽しく生きましょう!

掲載写真・文章等の著作権・版権・使用権等作品に附随する全ての権利は豊瀬恒介にあります。無断使用・無断転載は厳禁です。

掲載作品の販売もいたします。お問い合わせ下さい。

ブログ翻訳
ご意見お願いします
リンク
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
地域カウンター

ジオターゲティング
応援よろしく!


FC2ブログのランキングに参加しています。クリックしてもらえると、このブログがたくさんの人に読んでもらえるようになります。^^
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村←「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、一日ワンクリックお願いします。いろんなブログが探せますよ。
拍手する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
こけのオススメ







 









お買い物はこちら






こよみ



北海道-網走
提供:釣り情報フィッシングラボ

ブログ内検索
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Twitter