FC2ブログ
2019-05-01(Wed)

238&35

先日、烏骨鶏の餌の為に釣りに行ってきた

ストックしていた魚(チカとキュウリウオ)がほぼ底を尽き、あとは鮭少々とホッケやサンマが少しある程度

今はちょうどチカが戻って来た時で、釣れ始めて来た

今回は増毛漁港に行ってきた

自宅から130キロほどで、無料の高速を使えば3時間も掛からない

港に着くと、いるいる、釣り人たくさん

チカは回遊しているので、時々目の前に群れでやって来る

午前中はそこそこ釣れたが、昼頃になると撒き餌にも見向きもしない

そしてうるさいのが、鮭の稚魚

サビキ仕掛けを追いかけて、魚体も小さい(3センチくらい)のに針を食ってしまう

海に逃がしても死んでしまいそうなのは、キープして烏骨鶏たちの餌にする

サビキ仕掛けを動かしているうちに、ある事に気が付いた

鮭稚魚は、動いてる物しか追って来ない

稚魚が居る時は仕掛けを動かさず、チカが来た時だけ仕掛けを動かしてやると鮭稚魚は掛からない

それに気付くまでに、キープの鮭稚魚が30尾位になってしまった(可哀そうな事をした)

そして夕方、それまで仕掛けに見向きもしなかったチカが、突然仕掛けを追うようになった

上下に動かすだけで、サビキに襲い掛かる!

どんどん釣れて、結局日没まで連れ続けた

自宅で数えたら、チカが238匹、鮭稚魚が35匹

寄生虫がいるかもしれないので、一旦冷凍してから烏骨鶏たちの餌にする

今回の釣った分で、一か月分の餌にはちょっと足りない位だ

また時間を作って釣って来なきゃだ

趣味と実益を兼ねる仕事、そして美味しい卵になってくれる

どこかで働いて、お金で卵を買う生活なら、こんな面倒な事はやらなくて良い

でもこれが我が家の生活の一部

止めるわけにはいかない





子どもたちが中学・高校へ進学して一か月

生活パターンが急変して、休みはほぼほぼ無くなりました

土日祝やゴールデンウィークも、部活、そして試合で休み無し

高校へは汽車に間に合うようにし、スクールバスの無い日は中学校への送迎もする

空き時間は、ほんのわずか

その間に、写真、畑、烏骨鶏の世話と、寝る間もないほど

最低3年間はこの生活続けなきゃだけど、どこかで抜く事も考えないと・・・
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2019-04-03(Wed)

親子で釣り

野鳥撮影の為に、自宅周辺をぐるぐる回ってます

昨日はエナガの様子を追いかけていたら、完全に集団からカップル単位で行動するようになり、いよいよ春本番の子育ての時期に入った事がわかりました

巣材になる苔を探すのが日課になって、翼の手入れより育児が忙しくなって、姿はだんだんみすぼらしくなって行くのでしょう

子育てする時は、みんな必死になるのは、どんな動物でも一緒みたいです(人間は…?)


回っている途中、自宅前の川に寄ってみました

水の深さは20センチと、まだまだ雪融けの進まない状態で、長靴でも川を渡れるほど

川の途中には何の為にあるのかわからない堰もあり、小さな滝のようになってる所もあります

そんな場所でも深さは1mも無いので安全ですが、何となく何かが居そうで、川の流れをじっと見続けてみました

雪の反射で目が暗い所に慣れてなく、流れの中が良く見えなかったのですが、棒状の物が水の中でゆっくり回ってるのが見えました

急いで自宅に戻り、偏光サングラスを取って戻り、川の中を再び覗いてみると・・・

その棒状の物は、10センチほどの魚!

こんな浅い川、川幅も2メートルも無い場所に、農業排水(農薬)も流れてるのに、しっかり魚がいるんですね

昔はカラス貝もたくさんいて鮭もちょっと前まで登って来て、川が鮭で真っ黒になったという

川の名前の由来もカラス貝の沢山いる川って意味なんだけど、そんな名残はどこにも無くなってしまった川なのに、自然って弱いけど強いなって思いました

魚が居るとわかったからには、食料調達としましょうという事で、息子にも声を掛け釣ってみることにしました

息子は玄関前でクモを捕まえて餌にして、自分はワカサギ釣りの時の餌の余りのサシ(ウジムシ)を使う事にした

狭い場所なので、竿は一本

一番短い渓流竿は3.9mの物しか持ってないので、仕方なくそれを使う

竿を伸ばすと木の枝に引っかかり、仕掛けもすぐに引っ掛かったりするけど、何とか水の中に仕掛けを投入!

するとすぐに、ウキに魚がアタックしてきた!

スレてない魚みたいで、一体どんだけ活性が高いのだろうと期待値マックス!

でも、すぐに上の木の枝に仕掛けが引っ掛かったりして、釣ってる時間より引っかかってる仕掛けを回収する方が時間がかかる

しばらくは息子が釣っていたのだけど、一匹も釣れなくて飽きたみたいで自分と交代


自分もいきなり仕掛けを木に引っ掛けたりもしたけれど、年の功ですぐに慣れて良いポイントに仕掛けを入れた

すぐにヒット!

何と!20センチほどのヤマメが釣れた!

息子に交代して、息子も釣れた!10センチほどのヤマメ

その後もコンスタントに仕掛けを引っかけたり、ちゃんと魚が釣れたり

途中、息子が岩魚やニジマスまで釣ったりして、飽きない釣りが出来ました

2時間程釣って、結果13匹

大きい魚は食べようと思って、小さい魚から逃がしていった

だけど、最後に比較的大きな二匹だけ食べようか、それとも逃がそうか二人で考えていたのだけど、バケツに残った二匹のヤマメが凄く寂しそうな顔して底にへばりついてて・・・

結局もっと大きくなったらまた釣りに来るからと、逃がすことにしました

自宅前の、こんな小さな川でも釣りが出来るなんて、豊かな場所だなって改めて思いました
自宅前の川で釣ったヤマメ



もうすぐ春休みも終わるのですが、片付けも全く終わらず、どうなる事やら

烏骨鶏たちも元気で、食べきれるだけの卵を産んでくれてます
烏骨鶏の産卵箱

8羽のメスがいれば、4人家族でいただくには丁度良いです

オス10羽はちょっと多すぎですが、卵から孵したのは自分なので、責任もって育てないと可愛そう

毎日賑やかに暮らしてます
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2019-03-01(Fri)

今年は迷わない

いつもだと、用事を片付けてからしか、釣りに行かなかった

その結果、魚の居るタイミングを外し、たいした釣果も望めずに悲しい思いもしたりした

居る時に行かないと、魚は回遊してしまう

それはわかってるのだけど、どうしても用事が優先されていた

でも今年からは、「釣り=食料」の図式が人間だけじゃなくなった

烏骨鶏たちの餌も、かなりの量が必要になる

道産(国産)の食材にこだわり、栄養面だけでなく安全性も第一に考えているので、魚粉でなく全体食の丸ごとの魚を与えたい

スーパーで買えば済む話だけど、鮮度は釣った魚より確実に悪いし、買うんじゃ楽しくも無いし、コストは跳ね上がる

人件費を考えたら釣りに行くのは効率悪いけど、自分が行くのだから人件費はタダ

でも釣れなきゃ時間と燃料代の無駄



先日釣ったチカは、およそ一か月分の烏骨鶏たちの餌になる

その量をスーパーで買うと、1万円以上の金額だ

釣れるタイミングで行けば、人間の食糧分だけじゃなく、烏骨鶏たちの餌の確保も出来る



昨日はネットのニュースを見てて、小樽・石狩方面で群来(くき)があったと報じていた

群来とはニシンの産卵の事なのだけど、海の色がオスのニシンの精子で真っ白になる現象で、北海道の春の風物詩の一つなんです

群来があると、近海では大型のニシンがたくさん釣れるチャンス!!!

数の子入りのニシンも釣れるかもしれない!

来年の正月用の数の子と、人間と烏骨鶏たちの食料の調達が出来るかも~

とウキウキしながら車に釣り具を積み込み、仕事を片付け納品もして、海に向かってしまいました

行先は、石狩の港

午後2時過ぎに到着したが、氷を敷き詰めたような駐車場の、氷が融けて出来た深さ20センチほどの穴にタイヤを落とし、車体下部を強打したはずみでバンパーが一部外れてしまった

アクアの車高が低いのは分かってるが、氷の融けた穴も表面にはシャーベットがあって、融けてる所とそうでない所の見分けが難しい

前後に何度か動いたら脱出できたので良かったけど、車高の低い二輪駆動の車は、やはりこういう場所に突っ込んではいけないと痛感した(外れたバンパーは、叩いたら元に戻った)

で、釣り場には大きな鱗が落ちていて、ニシンいるぞ~と期待も高まる

隣の釣り人さんと話をしたら、「昨日はタモ網ですくえるほど湧いていた」との事で、一体どれほど魚がいたのか想像も出来なかった

でも今日は、だ~れも釣れず・・・

夕方になり、風も強くなって雪まで降り始め、周りの人もみんな帰り始めた

隣の人が帰る時、「車がはまっても出してくれる人がいるうちに帰った方が良いよ」と言ってくれたので、確かに暴風雪の中、はまった車を一人で出すのは無理だなと自分も帰ることにした

今年初のボーズだ



例年、この時期は確定申告があるし、年度初めになるので新しい商品を考えたり、畑の前準備などもして忙しいのだ

今年もやらなきゃならない事はたくさんあるし、さらに今年は子どもたち二人とも学校(小・中)を卒業する

いつもより忙しいけど、釣れるチャンスは逃してはいけない

去年は15日ぐらいまで釣れる日があったみたいだけど、今年は雪も少ないし気温も高いので、もうちょっと早くにシーズンが終わってしまうような気がする

なので「行きたい」と思ったら迷わず行く、そんな年にしたいと思ってます

ちなみに去年、鮭とマスとホッケの時期は、自分の予想が当たっていたのに他の仕事があって行けませんでした


悶々とした日々を過ごしたくないので、今年は迷わない、多分・・・(^_^;)



次の大潮は来週かな?
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2019-01-10(Thu)

300匹↑

烏骨鶏たちの餌の確保に、オホーツク方面へ行ってきた

朝4時過ぎに家を出て、途中でサンピラーの撮影をし、現地到着は朝の9時過ぎ

既に釣り人多数いましたが、まだあまり釣れてない様子

気温も高かったのでテントも張らず、氷に穴を開けて釣り開始!

爆釣とはいかないまでもコンスタントにチカとキュウリウオが釣れて来て、11時前にはほぼ釣れなくなった

午前中に40匹くらいだった


昼を食べ終え、すぐに竿を持ち魚を誘うと、上手く乗って来た

釣れない時間帯でも魚は少しばかりいるようで、誘い方で釣れてくる

ポツラポツラ追加して行くと、突然爆釣タイムに突入!!!

それもほんの20分位なもので、爆釣タイムは仕掛けが絡まってほとんど釣れず(^_^;)

その後もポツリポツリと数を伸ばし、午後4時過ぎに暗くなって雪も降り出したので止めることにした

袋に入れながら数を数えたら、

チカ 264匹
キュウリウオ 72匹
合計 336匹

これで一か月分くらいは、烏骨鶏用の魚の餌の心配はいりません

釣りもできたし、魚も確保できたし、今日は満足でした




釣り場に行く途中、車が一台、道路脇に落ちてました

怪我も無かったみたいで良かったです。

それにしても凍結路で飛ばす人の多い事と言ったら半端ない

飛ばすのはもちろんダメですが、自分ではその気が無くても他人に迷惑を掛けるような運転は、やっちゃいけません

凍結の道で、相手(歩行者でも対向車でも)に恐怖心を与えるような運転も、良くないです

「急いでるから」ってな理由で飛ばすのは、自己中心的で一番迷惑で危険ですからやめましょう

急がなきゃならない状況を作らない、大人なんだからねぇ
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2019-01-08(Tue)

2019年、初釣り

子どもたちは来週から学校が始まるし、今週から下の句カルタの練習が始まるので、実質冬休みは今日が最後

天気もそれほど悪くない予報だったので、南富良野のかなやま湖まで(約75km)息子と釣りに行ってきました

途中の道路は制限速度でもふらつく程のアイスバーンで、ゆっくり安全運転で後続車に抜かれまくりながら走りました

現地に付くと、そこはいつものかなやま湖らしく、テント村が出来ていました

数年前の水害で、かなやま湖のワカサギも激減していたので釣れるか心配だったのですが、昼頃から釣り始めてもポツリポツリと良型交じりで飽きない程度に釣れ、3時間くらい釣って帰って来ました

数は…一回分の天ぷらに丁度良い位かなと

まだ釣り場の氷の下は10m程の水の深さがあるので、これからダムの放水でどんどん水位が減って、今後爆釣も期待できそうです

ボチボチ釣るには今でも丁度いい感じでした

(氷の厚さは20センチ程、水が上がって来る事も無いので危険は少ないですが、ライフジャケットは絶対着ましょう)


そうそう、以前息子と行った時は、集中力に欠けすぐに釣りに飽きていたのですが、今日は昼のパンを食べていても竿先から目を離さずに小さなあたりを見逃さずに釣り上げていました

ほんの一年くらいの間に、ずいぶんと成長しているのに驚きました



話変わって、烏骨鶏たちは、昨日は二個、今日は一個の卵を産んでくれました!

卵が贅沢品の我が家では、卵かけごはんもゆで卵も卵焼きも、卵料理全てがごちそうなのですが、数日で家族全員分の卵が手に入るようになって、夢のような暮らしが出来るようになりました

卵から雛が孵り、みんなで可愛がりながら育てて、半年近く経って卵を産み始め、卵が食卓に上る

命のつながりが全て見える環境で子育てをする意味って、以前よりすごく重要に感じます

今日釣りに行ってワカサギを手にした息子が、「これ一匹じゃ、ピーちゃんのおやつにしかならないね」なんて言いながら、もっと釣らないと自分の分も烏骨鶏たちの分も足りないと真剣になったのかもしれません

烏骨鶏たちから卵を分けてもらう、その為に大切に育てる

いい加減な餌を与えられないのは、結局は自分に関わる事でもあるから、です



先日、養鶏をやっていた友だちに聞いた話ですが、雛から育てて最初に産む卵は殻が柔らかくてすぐ割れると教わりました

へぇ~っと思いながら聞いていたのですが、我が家の烏骨鶏たちが最初に産んだ卵の殻は、そこらで売られてる卵の殻より丈夫でした

品種によるものかもしれませんが、多分育て方や餌の違いだと思っています

病気の事・餌の事など、育て方の基本はあまり変わらないのかもしれませんが、一般論で全てに当てはまるという事は全く無いみたいです

特に商業的に養鶏をやるのと、家族として飼うのとでは、コストの面でも時間の面でも掛ける物の大きさはまるで違ってきます

そうなると、養鶏での一般論は、家族として飼う際の一般論にはならないと気付きました

自然栽培が全てに共通しないように、養鶏もまた全てに共通しない

一人一人が違うように、自分を信じてやって行くほかない、みたいです!



烏骨鶏たちの食べる魚もずいぶん減ったので、近いうち二回目の釣りに行かなきゃなりません!
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2018-01-31(Wed)

ワカサギ釣り

昨日、思いがけず仕事が休みになったので、ワカサギ釣りに行った。

出発遅く、現地着が11時、時合いは過ぎ、数年ぶりに使う魚群探知機に魚の反応は無し!

周りでは釣れているようだったので最初は魚探が壊れてしまったかと思ったが、場所の選定が悪いだけで本当に魚がいなかったみたい!!!

他の人とは距離にして3メートルほどなのに、こちらには1時間もの間、全く魚が来ない

お隣さんが帰るみたいだったのでちょっと話をしたら、自分が到着する前までは1時間に100匹ペースで良い調子で釣れてたそうです!!!その後は全く釣れず…

完全に時合いを外してしまったが、せっかく釣りに行ったので場所移動する事にした

テント撤収し、開けた穴を塞ぎ、他の場所に再び穴を開け、魚探で確認

今度はちゃんと魚がいるようで、前の場所の深さは約8メートル、今度の場所の深さは約4メートル

魚は大体2.7~3.3mの間を泳いでるのがわかった

テントを再度設置し、道具を用意する

仕掛けに餌を付け、一気に底まで仕掛けを落とすと、早速アタリ!

魚がいれば、それなりにちゃんと釣れる

でも、やはり時合いを過ぎているので渋い

夕方までで30匹くらい釣っただろうか、一回分のおかずになりますね

車の燃料代を考えると、かなり高価なおかずです

でも仕掛けに工夫をしたりして、いろいろ分かった事もあるので、収穫した物もありました

今度は時合いを外さないように、早朝から行ってみようと思います



仕掛けの工夫ですが、チカやホッケ釣などでよくやる事ですが、餌が自然に落下するように、オモリを極端に軽くしました

同じ時に同じ棚でで二本の竿を使い実験しましたが、重いオモリと軽いオモリで釣り比べたら、軽いオモリの方が、はるかに食いが良かったです!

目的の深さまでは仕掛けを一気に沈め、そこから軽いオモリの効果が出るようにすると良いみたいです

買った道具だけでただ釣ってるだけじゃなく、自分なりに考えていろいろ工夫すると、より楽しめますね
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2019年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


プロフィール

豊瀬 恒介

Author:豊瀬 恒介
ご訪問くださり、ありがとうございます!本職は写真家ですが、自家製天然酵母のパンを焼いたり、木工品を作ったり、自然栽培(無農薬・無化学肥料・草生栽培)で野菜を育てたりしています。人生楽しく生きましょう!

掲載写真・文章等の著作権・版権・使用権等作品に附随する全ての権利は豊瀬恒介にあります。無断使用・無断転載は厳禁です。

掲載作品の販売もいたします。お問い合わせ下さい。

ブログ翻訳
ご意見お願いします
リンク
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
地域カウンター

ジオターゲティング
応援よろしく!


FC2ブログのランキングに参加しています。クリックしてもらえると、このブログがたくさんの人に読んでもらえるようになります。^^
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村←「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、一日ワンクリックお願いします。いろんなブログが探せますよ。
拍手する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
こけのオススメ







 









お買い物はこちら






こよみ



北海道-網走
提供:釣り情報フィッシングラボ

ブログ内検索
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Twitter