FC2ブログ
2019-09-19(Thu)

幼児教育の無償化に対し

最近、幼児教育が盛んな事は評価できるのだけれど、その教育内容的には自分の子どもを幼稚園や保育園に入れたいとは思わない

集団生活を前提にした所が多く、個人を尊重するよりも周りとの和に重きを置いている

一人集団からはみ出ると、集団の輪に戻す事を重視し、はみ出た理由は尊重されない

そういった教育に対し、今度は無償化?



そもそも幼児教育は、五感を育てる事を優先するべきと思っている

集団でいられるように教育するのは、小学校へ行ってからで十分だからだ

個人を尊重できる精神を形成してから、集団としてどう行動できるかを学ぶ

幼児のうちは、親や家族からの愛をたっぷり注ぐために、時間を費やすべきだ



あまりにも幼い時期に勉強を強いると、「覚える」ことは出来ても応用は苦手になるらしい

暗記力はあってテストの点は取れたとしても、少し違う日常の中では答えを導き出せない

そして自分の意見が無くて、誰かの意見の受け売りだけになる

ラジオニュースに出て来るような街頭インタビューなどでも、政治家やコメンテーターと同じことを言ってるだけだったり、真実を知らずに何となく答えてるだけだったり

子ども時代に個人として成長することなく、大人になっても自分の意見が無いまま、本人も気付かずにいるのだろう




幼児教育の無償化は、多くの親が望む物だろう

自分の手から子どもが離れ、精神的にも楽になる

共働き出来るようになるので、経済的にも楽になる

幼児教育を受ければ、その料金さえも無料になる

良い事尽くめのような印象さえ受ける



でもそれは、親がやるべき事を他人に任せ、他人による希薄な愛情しか子どもに注がない事にもなる

親が子どもを見ていれば、一対一の愛情を注げる

他人任せだと、一対数十、当然一人一人に愛情を注げる時間は、それなりに少なくなるのは誰が見ても明白だ




家計が苦しくて、共働きしないと食っていけないから、仕方なく子どもを預けている

そういう親も多いだろう

でも自分自身で苦しい家計を経験してみると、他の親が言ってる「苦しい」って、どれほどの物かと呆れてしまう

苦しいを言い訳にしている親が、ほとんどの様な気がしてならない



もっと自分の子どもに愛情を注ぐ時間を、少しでも増やす努力をするべきだ

親になったからには、親の仕事の一つは育児

そこで手を抜くのは、社会にとっても良い事では無い

それなのに、政治は育児で手抜きが出来るようにと、金の力で無償化を進める

手を抜かないで育児している親には、何のメリットも無い無償化

それどころか、無償化の財源は、全ての国民からの血税だ

手抜きしない親からも税金は取られているので、無償化はデメリットでしかない



政治がやろうとしている根底には、こんな考えが見え隠れしている気がする

自分で考えられないで、洗脳できる人間を、世の中にどんどん増やす

そうして機械のように意思なく働ける人材を増やす

働けば働くほど、経済の成長=税収の増加=公務員や議員の給料が支払える

意思ない人間を報道で洗脳すれば、戦争だって引き起こせる

戦争に反対する意思も、当然ながら持つ事は無い

政府の言いなりの人間の誕生だ




幼児教育の無償化をするぐらいなら、家庭で育児する親をバックアップする制度を作る方が、平和にとってどれほど大事な事か

心豊かな人間を育てる方が、どれほど世の中にとってプラスになるだろうか

こんな事を自分一人言ったって、何にもならないだろう

それどころか、村八分が良い所だろう

でも、今の社会はどんどん間違った方へ向かっているのは明らかだ

一人一人が考えらえない程忙しく働かなきゃならない世の中って、おかしいと思わないか?

平和な時代が長く続いた江戸時代、一日平均4時間くらいの労働時間で、他は芝居を見たり将棋を指したり、それで不自由なく暮らせていたのに、今はどう?

教育は、家庭でするのが大前提だと、私は言いたい
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2019-09-18(Wed)

ピュアホワイトな 2

有機栽培の友だちの所へ、農作業の手伝いに行ってた件

今日で終わりました!

飛び飛びで行ってたので連日ではありませんが、やはり農作業は疲れました

今日はおよそ4000本のトウモロコシを、その前も4000本、更にその前も・・・・・・・・

トウモロコシの収穫は鮮度と甘みと即日発送の為に午前勝負なので、昼までに何本出荷できるかに掛かってました

手もぎで一本一本収穫し、触った感覚で実の付き具合を判断し、出荷する物ハネる物に分け、決まった数にコンテナに詰める

一本の重さも規定重量以上無ければならないので、持った感覚で判断付かない時は秤で目方を計る

いろいろ面倒くさいし、大変な作業の連続だ



農業はこれだもの、やる人どんどん減るわけだ

そんなふうにも思ったけれど、自分はやっぱり農業も目指そうと、心に決めました!!!



ここに引っ越して来てずっと考え、「新規就農したい」と役場にも相談に行って、結局美瑛町内では有機農業や自然農をやってる農家が無い為に研修にも行けなかった

2年間の研修に行かないと農業者にはなれないという決まりがあったので、農家になる夢はその時絶たれてしまった

その後、慣行栽培している所で研修した人が有機栽培で農業を始めたり、研修受けずに農業的に畑をやってる人が農家になれちゃったりってのがあって、現在は数か所で有機栽培農家も増えて来た

年齢制限も自分の時は45歳までと決まっていたのに、今は50歳を超えていても農家になった人もいる

あって、ないような美瑛の決まり事

それじゃおかしいのだけど、実際そうなのだから、自分も農家をもう一度目指そうと思う





写真家は、辞めません

自分にしか撮れない写真があるし、撮るのは好きだから、辞める理由は無い

農家は、ここに来て20年以上の経験から、自分の畑に合った農業をやろうと思う

来年からは、イチゴをメインにする

イチゴは自分の畑に合っていて、年々良く育つようになって来た

そして何より、味が濃くておいしい

まだ一か所だけど、買ってくれる所もある

自然栽培のイチゴを、その価値を理解して買ってくれる人が、あと何か所かあれば心強いのだけど…



友だちの所へ手伝いに行って、農業は誰にでもできる仕事では無いけれど、自分の天職だと気付く事が出来ました

仕事への向き合い方も、ただ忙しいだけじゃなくて、考えながら一つ一つをこなして行く感じだったのが良かったんだと思います

美瑛の農家さん所に手伝いに行った時は、ただ機械のように働いて、「もっと早く」「遅い」と怒鳴られ、誰でもできる仕事を力技でこなすだけ

それこそ筋力と持久力勝負でしかなかった



農作物に向き合いながら、頭を使って考え、より良い作物を育てる

大規模に、そこそこの農作物を大量に作るんじゃなく、一つ一つの農作物を、最高の品質に育て上げる

しかも自分の掲げている「自然循環栽培」で育てる



今後の役場とのやり取りも、アップできたらと思っています

自然栽培を応援しているらしい美瑛町

実際どうなのか、そこらへんも楽しみです
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2019-08-23(Fri)

ピュアホワイトな

以前ブログに書いたように、今週は有機栽培農家の友だちの所へ、手伝いに行ってきました

何をやって来たかというと、主にトウモロコシの収穫作業

「あ~、もぎ取るやつね」と簡単に思われる方も多いかもしれません

でもね、数が多いのです

風で倒れたものも多くて、作業はめちゃくちゃ大変です

しかも高級品種のピュアホワイトで、収穫後すぐに発送する為に時間に追われての作業なんです

初日のひとかご収穫した所で、既に腰痛!

「ペース上げないでね、長丁場なんだから」と言ってくれるのですが、スイートコーンの旬はすぐに過ぎるのもわかるので、自分に出来る最高速で収穫し続ける

まぁ大変な作業ですわ

長い畝の中で、延々と続く収穫作業

畝の端から入って収穫し、トウモロコシがかごいっぱいになったら通路に集め、それをその場で友だちが選別してコンテナに詰める

収穫する人、選別する人、それぞれが空き時間の無いように作業をする

立ったり座ったり、重いかごを持ち上げて運んだり、邪魔な硬い茎を手で押しのけたり、まぁまぁ重労働の連続です

今日は雨降りの予報だったんでカッパを最初から着て作業したのですが、結局作業中は雨が降らなくて、仕事終わった時には中に着ていた服(Tシャツ・ジャージ・パンツ・靴下)が汗でビショビショ、ずっしり重くて絞れるほどでした

何とか集荷時間にも間に合って、本日の仕事は無事終了

まぁまぁえらい作業ですわ

こんな重労働の連続で、さぞかり利益が出るのだろうと根掘り葉掘り聞いてみると…

自分なら、やらないかな(^_^;)

お土産に、食べきれない程のトウモロコシをいただいてしまいました

その数、数百本!!!!!!!!!!!!

メチャクチャ甘くて、絶品でした^^

実は我が家のトウモロコシと食べ比べしてみたのですが、いただいたのを食べてから自分ちのを食べたら、我が家のは味が薄くて硬くて、糖度と食感は完全に負けました






春は畑の準備に始まり、苗立て、植えつけ、除草など、延々と作業が続いて、ようやく今回の収穫

一番儲かって良いのは農家さんのはずだけど、計算するとそうでもない

一次産業をもっと大事にしないと、日本は終わっちゃうよ

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2019-08-20(Tue)

夏休みも終わり

子どもたちの夏休みも終わり、月曜日から通常通り

この夏は、いろいろありすぎて、忘れられない夏になりました

壊れた物も多かった(給湯器、そしてアクアまで!)

けれど、人の為に、少しは力になれたかもしれません

そっちの方が自分にとって、家族にとっても大きかったと思います

詳細は言えませんが、夢に向かって歩んで行ってほしいと願っています




現代の若者にある様々な問題は、今の競争・経済社会が引き起こしたものだと思っています

犠牲になるのは、子どもたちや弱い者たち

そういった競争・経済社会から離れても、自分らのように生きる道はあるのだよと、これからも伝えられたらと思っています

皆と同じ道を歩む事なんて、必要ありません

他人が「そんな事は不可能だ」と言ったとしても、それはその人が出来なかっただけ

自分も言われ続けてきましたが、今こうしてやっていられるのは、自分を信じてやり続けたから

「貴方に出来なかっただけで、私はやれるよ」と、心の中で笑ってやれば良い

長い人生なのだから、結果なんて急がなくたっていい

大丈夫、何とかなるから
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2019-07-14(Sun)

選挙前に思う事

もうすぐ選挙があるけれど、正直に日本が変わるなんて思っていない

何故って、そこそこ贅沢な暮らしをしている人間が、急激な変化を求めるはずがないと思うから

健康を害しているのがわかっているのに、農薬に頼る農業を止められない農業者

温暖化が進んでいるのに、温暖化を加速させるような大排気量の車を買い、電気を大量に消費する家庭が増え続け、湯水のようにプラスチック製品を使い捨てにする生活を改めない

便利だからと使い捨てるのをためらわず、面倒だからと自分で何かをしたりしない

あるものを有効活用するよりも、断捨離が美学かの如くもてはやされ

経済の豊かさの為に家庭を蔑ろにする



政治家のたくらみ通り、考えの足りない国民に育て上げられてしまった

大事な事を自分で考えなくなり、九官鳥の如くマスコミの言う事を唱える一般市民

健康が大切なはずなのに、どうしてサプリメントや栄養補助食品なのか

血圧を下げるのに薬で対処するだけで、食生活を見直さない

癌細胞は毎日出来ては消えてを繰り返しているのに、今までは見つからない程の小さな癌が見つかったと大騒ぎして癌治療

多額な医療費を払う結果、みんなの健康保険が高額になってしまっても、それは平等に負担ですか



世の中おかし過ぎて、それが当たり前になってしまってる

温暖化が加速しているけれど、気候変動を10年ごとに見直すために、温暖化してるのが平年並みになってしまう異常さ



選挙行って、一体何が変わるだろう

長いものには、巻かれた方が良いよ

何も考えなくても、生きて行けるからさ

別にいいじゃないか、なる様にしかならないから

面倒臭いの嫌だし、別に今のままで良いんじゃない?

そんなバカな人間には、なりたくない




今日も命がけで、烏骨鶏たちは卵を産んでくれてます

雄はコケコッコーと大声で鳴き、昼夜を問わず群れを守っています

彼らを毎日見ていても、人間って「糞力」しかない弱い生きものなんだなって思います
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2019-07-04(Thu)

一休み

だいぶ遅くなってしまったが、先ほど玉ネギの苗の定植を終えました。

種をまいたのもいつだったか忘れたけど、農家の友だちに聞いたら種まくのが一か月以上遅いと言われた

今年は農家さんからの苗が1000本くらい(ずいぶん前に定植済み)、自家育苗した苗が1000本弱(今日定植)

全部大きく育てば相当なものだけど、毎年草に負けてしまうのがほとんど

玉ネギも肥料だけでなく、あんな葉っぱなので光合成も重要で、生育期間も短いので地温も高めの管理が必要なんだろう

毎年同じことの繰り返しみたいだけど、年々栽培方法を進化させている!つもりだけど・・・


疲れたので、ちょっと一休みでブログを書いてます

雷の予報が出たのもあって玉ねぎの定植したのに、ぜんぜん雨降る気配なし

牧草も花がついて花粉症もひどくて困ってるのに、風が吹いてるので部屋の中でもくしゃみも出るし目もかゆくて大変だ

草刈りもしなきゃならないけど、草刈ると牧草の花粉が飛び散ってもっとひどい事になるので、草刈りは雨の後

日中は雨も降らなそうなので、鶏小屋行って餌やって来るかな



今日も、自宅前は観光客の車やバスが沢山です

カーブ続きで見通し悪いのに、結構なスピードで通過して行きます

自分にとって、観光客の増加は、ほとんどメリットがありません

排ガス臭くて、うるさくて、危険が増えるばかり

自分がここに引っ越して来た時には、夏でも一日に十台の車が通るかどうかだった

あの頃の静けさを、返してほしいですよ



最近、毎日イチゴが収穫できます

少ない時でもどんぶり一杯、多い日にはボールに二つ分くらい

食べきれなくて余るかと思いきや、子どもたちの胃袋に吸い込まれて行きます

今時の甘いだけじゃない、甘酸っぱい昔ながらのイチゴの味

こういうのを口にしたとき、最高の贅沢だねって思えてくる
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2019-06-20(Thu)

田植えの話

およそ一か月前

田植えの仕事をさせていただきました

自身では自然栽培をやってて農薬やら化学肥料がきらいな身ですが、一般的な農業がどのようなものかを知りたい事もあって、少しだけ農業の仕事をさせていただきました

自分がやったのは、田植え機に乗って苗の補充と植え付けチェックです

田植え時期に見た人もいると思いますが、田植え機の運転手とその横に立ってる人がいて、自分がやったのは横に立ってる人です

見てるだけだと楽な仕事に見えるかもしれませんが、実際に乗ると揺れるし座れないし苗の補充に前向いたり後ろ向いたりしなきゃならない。

それに苗がちゃんと植わってるかチェックしなきゃならないのですが、補充の合間に見てるのにちょっと目を離したすきに10メートル以上苗が植わって無かったりする。

そうなると、田植え機を戻して再度植え直しになり、結構な時間的ロスにもなる。

更に、苗を植えると同時に肥料をまきながら、除草剤も一緒にまく。そのチェックも作業をしながらやらなきゃならない。

今回10町の田んぼの田植えを五日間で行ったのですが、田植えは植えるだけではありませんでした。(一反が約300坪、一町が10反で3000坪、10町が30000坪)

ビニルハウスで育てている苗を運び出して、田んぼに持って行く。

その為には、根を張った苗を、地面から剥がして軽トラに積み込む。

積み込んだ苗を、田んぼまで運ぶ。

軽トラの苗を田植え機に乗せ換え、植えつける。

その作業毎に人が付いて、無駄な時間の無いように仕事を進める必要がある。



はっきり言って、こんな大変な仕事だとは思っていませんでした

当たり前の事ですが、今年の作業は始まったばかりなので、収穫までいろんな作業が続きます。

そうして育ったお米が、最終的に食卓に並ぶのですが、お米もまた値段が安すぎると思えました。

作業も多く、人員も多く必要で、肥料や薬品も使い、機械も専用の物がたくさん必要になる。

一反あたり10俵収穫できるとして、一町で100俵、10町で1,000俵、1俵60キログラムなので、10町で60000キログラム

10キロ4000円で小売されているとして、2400万円の売り上げ。ですが卸値は大体その半額で1200万円。

そこから人件費や各種諸経費を引いたら、一体どれほどの利益が残るのか…

正直な感想で、割に合わない!と思いました


そしてこの機械化された農業と自分の自然栽培農産物とで価格競争をする事になってしまったら、太刀打ちできないと思います。

さらに安い人件費の外国産の農産物と戦う事になったら、国内の農業は終わりかなと痛感しました。




グローバル化が叫ばれる今日、世界の農産物と戦える農業を・・・なんて聞こえてきますが、どうなんでしょうね

いくら効率を追求しても、作物自身の生育が劇的に早まる訳でも無いし、収穫量が劇的に増える訳でも無い

農業は、国土の保全と、国民の生命を守る為にあるという基本に戻るべきだと思います

政府がやるべきは、国際競争力を付ける農業ではなく、食料自給率100%以上を目指す事でしょう

食品の輸入関税を減らすのではなく、関税を増税し、国内生産を増やす



自分が子どもの頃、農業は頭が悪くても出来る仕事と聞いた事がありました

今、自分が自然栽培をやってて、農家の仕事を実際にやってみてわかった事は、農業は頭が悪くちゃ出来ないということ

現代のハイテク農業なら、なおさらです

そして直感も必要

これだけ頭も使って身体も使う仕事って、他に無いです

どこかに勤めるのも良いけれど、農業って多くは自分が社長で平社員、営業ももちろん経理だってする

こんなにやり甲斐のある仕事は他に無いですきっと




モミまきに始まり田植えもやらせてもらって、夏には他の農家さん(今度は有機栽培)にも仕事に行く予定です

農業者にはもう年齢的にもなれないけれど、せめて現場を知って今後の活動に生かせたらいいかなって思います



眠い…
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


プロフィール

豊瀬 恒介

Author:豊瀬 恒介
ご訪問くださり、ありがとうございます!自然写真家であり、自然循環栽培(無農薬・無化学肥料・草生栽培)で自給自足を目指しています。その他、木工品を作ったり、天然酵母のパンを焼いたり、釣った魚を卸したり、観光バスの運転もしています。人生一度切り、自分の想うがままに生き、悔いの無い人生を歩みたいです。

掲載写真・文章等の著作権・版権・使用権等作品に附随する全ての権利は豊瀬恒介にあります。無断使用・無断転載は厳禁です。

掲載作品の販売もいたします。お問い合わせ下さい。

ブログ翻訳
ご意見お願いします
リンク
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
地域カウンター

ジオターゲティング
応援よろしく!


FC2ブログのランキングに参加しています。クリックしてもらえると、このブログがたくさんの人に読んでもらえるようになります。^^
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村←「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、一日ワンクリックお願いします。いろんなブログが探せますよ。
拍手する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
こけのオススメ







 









お買い物はこちら






こよみ



北海道-網走
提供:釣り情報フィッシングラボ

ブログ内検索
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Twitter