FC2ブログ
2012-06-29(Fri)

日・出ずる国?

明るい未来は、やって来るのだろうか?
キタキツネ 子ども 美瑛
ここのところ野田政権は、かなり狂っているように思える。

自分たち(首相など)の給料は一体いくらもらっているのか・・・

内閣総理大臣年収 5、141万円
     最高裁長官  5、141
     衆参両院議長 4,857
     国務大臣   3,753
     事務次官   3,011
     国会議員   2,896

国家公務員全職員平均年収  662.7万円
地方公務員全職員平均年収  728.8
独立行政法人職員平均年収  732.6
独立行政法人    の長1,885.9 
         の理事1,595.7
         の監事1,384.1

ひとりごと、ぶつぶつ」より引用


こんなにお金もらっているんだから、ここを削るのがまず先ですね。

まず自分たちの給料削減やって、足りなかったら無駄な工事やら海外への投資をやめて、国内を守ってもらわなきゃです。

外国に何千億もあげないで、東北の人をまず救って、そんで原発に変わる物を造って(投資も含めて)、軍事費無くして、減税して・・・お金が足りないなら、まず支出を減らすってのが当たり前だと思うんだけど。

ちなみにまともな報道をしないマスコミは・・・

NHKの平均給与は年収 1000万ちょっと!!!国家公務員より高い。法律で決められているので、完全に国に守られてる!どおりで態度デカイわけだ。

http://youtu.be/pU6QAy90uekより

マスコミの言う事を信じるのは、国の役人言いなりって事ですよ。マスコミばかり信じている人は、カラクリを見抜いて下さい。



大金持ちが決める法律って、一般庶民の事なんてちっとも考えてないですね。

このままでは、明るい未来はやって来ないですよ。


昨日友だちが遊びにきました。そしてこんな話を・・・

今のサラリーマンは真面目に働いて、他人よりも残業して、・・・、残業すればするだけ他人の仕事も奪ってる事に気付かずに、一人・また一人とリストラされて、そのうち自分もリストラされて。

人がたくさん雇えるって事は、一人一人の負担が減って、残業しなくても良くて、たくさんの人が働けるから消費も拡大するんだろうな。



やはり仕事は程々が一番です。って昨日は朝3時20分から夜10時半までぶっ通しでした。

仕事は楽しく、やりたいですね。

自分の仕事は
いちご 自然栽培 美瑛
こんなご褒美もアリです^^
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2012-06-25(Mon)

露出の事

今、写真の露出について考えてます

デジカメがどんどん進化して、今や記録できる範囲が14EV以上にもなっているんですね。
Nikon D800 Review
フィルム時代には考えられない程、ハイライトからシャドーまで再現できる、すごい事です。

ついつい物欲に負けて「買っちゃおうかなぁ」という気にさせられるのですが、写真ってそんなもんじゃないんじゃないかなと、いろいろ調べて考えてるのです。

で昔から使っていたリバーサルフィルムはと言うと、およそ5EVでした。-2.7~+2.3の範囲が再現可能で、それ以外は黒つぶれ、白飛びになりやすいのです。

たった5EV!、それを真っ黒から真っ白の範囲で表現していたのです。

ピンポイントの露出が決定的で、1/3EVの露出のズレで表現してたんですね。デジでも感覚は同じですが、後処理がかなり出来るので、気持ち的に撮影は楽です。

そして作品としてはフィルムからプリントした方が迫力があったりするのは、自分が主張したい部分を思いっきり出せたからなのでしょう。

デジタルでは、いらない部分まで写りすぎてしまうから。

それじゃぁデジタルで撮ってからフィルム再現域のの5EVだけ切り出せば、迫力ある写真になるんじゃないかなって思うのですが、そう簡単な事じゃないらしい。色・ノイズ・・・ガタガタな写真になったりしちゃうんです。

ん~~~~こういう事は、頭で考えてもわからないです。いくら説明されても調べても、感覚的に良い物は良い・悪い物は悪いなので、今ある道具を使いこなせって事でしょう。

今から8年程前、初めてデジイチ(EOS KissD)を買った時、写りの良さに感動したものでした。
Tests and reviews for the camera Canon EOS 300D, DIGITAL REBEL or Kiss Digital
キスデジでもこれだけの性能があるって事は、作品作りには、ほとんどのデジカメでも不足はないって事だな。

新しいカメラは古いカメラより進化しているのは間違いないのですが、カメラじゃなく被写体に出会う事、そして被写体を写し止めるレンズが大事って結論です。



何でこんな事考えてるかって言うと、先日カメラ店に行った際、畳程のプリントがあったのです。

そのプリント見てるお客さんが店員さんと話していたのですが、「やはりカメラが良くないと撮れないんですかね?」なんて言ってて、

「これハッセルのデジパックで撮影したらしいです」「ハッセルですか!やはり機材が良くないと撮れないんですね」・・・でハッセルのデジパック調べたら、
Tests and reviews for the camera Hasselblad H3DII 50
センサーはまぁまぁの性能です。でもD800の方が上です(センサーは)。

今使ってる5DMkⅡは
Tests and reviews for the camera Canon EOS 5D Mark II
数字で見ると画素数的には足りませんが(他も若干劣るが)、まぁ2割引位の大きさなら同じ程度に問題なく伸ばせるって事です。

結論2、大きく伸ばすには、しっかりした三脚で、カメラ・被写体ともブレを起こさずに撮るって事でしょうか。


さて作品展まで3週間、畑仕事と現像と額作りと蟻退治と、いろいろやる事はありますが、良い作品に仕上がればいいなぁ。お近くにお越しの際は、是非お立ち寄り下さい。

7月18日から8月13日、時遊が丘にて
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2012-06-24(Sun)

ほぼ毎日ミントティ

生のミントの葉でミントティ!
ミントティ 自然栽培 美瑛
EF100mm F2.8L マクロ IS USM
葉を乾燥しないでお茶にしても、とても美味しいです。

出がらしは、やっぱり出がらしで、味もなくなります。

そしてラディッシュ。
ラディッシュ 自然栽培 美瑛
こちらもほぼ毎日食卓に上ります。

そして今日は、初物!イチゴもいただきました。草の中に一個だけ、真っ赤になっている物がありました。

写真は忘れましたが、酸味もあり甘みも濃く、とても美味しいイチゴでした。これからが旬です。


今日も一日畑仕事。小豆「あかね大納言」の土寄せが終わりました。土寄せ後に肥をまくと、ググッと大きくなるので、明日は肥え撒きです。

連日の畑仕事で、あ~~~~眠い
キタキツネ あくび 美瑛
Mamiya A 300mm F2.8 APO
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2012-06-23(Sat)

美瑛町民の4倍もの人々が

首相官邸前に集結!

大飯再稼働:撤回求め官邸前でデモ 列は700メートルに

毎日新聞 2012年06月22日 21時22分(最終更新 06月22日 21時40分)

 東京・永田町の首相官邸前で22日、関西電力大飯原発の再稼働撤回を政府に求める抗議行動があった。主催者によると約4万5000人、警視庁によると約1万1000人が参加。周辺の歩道を埋め尽くした人が「再稼働反対」と、約2時間にわたって声を上げた。

 有志の市民ネットワーク「首都圏反原発連合」の呼びかけ。3月に始めた当初は300人程度だったが、回数を重ねるごとに参加者が増えたという。この日集まった人の列は約700メートルにも達した。

 茨城県土浦市から来たという会社員、東原裕樹さん(32)は「フェイスブックで今日の活動を知った。核廃棄物の処理方法も決まっていないのに再稼働するなんてあきれてしまう。黙っていてはいけないと思った」と参加理由を話した。【池田知広】

毎日jpより


再稼働なんて、いらないのです。

これ程の人が集まって抗議しているのに、様々な世界の著名人も集まって原発反対しているのに、エネルギーも足りているのに、危険きわまりないのに、以下のような事態も起こっていたのに

福井・大飯原発:再稼働準備中に警報、公表半日後 関電「法に抵触せず」

毎日新聞 2012年06月20日 大阪夕刊

 関西電力は20日、再稼働の準備作業中の大飯原発3号機(福井県おおい町)で19日午後9時51分、発電機の冷却水タンクの水位低下を示す警報器が作動したと発表した。現地では「特別な監視体制」として、24時間態勢で経済産業省原子力安全・保安院や関電、福井県などの担当者が作業を監視している。保安院は20日午前11時から現地で記者会見し、発表が約半日後になったことを陳謝した。

 関電によると、警報は4分後に止まった。実際はタンクの水位に異常はなく、ポンプを動かしたことにより一時的に水位が変動したことが原因とみられる。16日に始まった準備作業で、警報が鳴ったのは初めて。3号機では現在、2次系配管や復水器周りを水で洗浄する作業をしている。今後の作業に影響はないという。

 報道各社には20日午前8時半ごろ、記者会見の通告があった。保安院などによると、警報器鳴動は、同原発に近い大飯オフサイトセンターに設置した「特別な監視体制」が発生と同時に把握。保安院や関電、福井県などの担当者が常駐しているが、「安全への影響がなく、法令に基づく異常事象でもないので、夜中に発表する必要はないと判断した」(保安院)という。
毎日jpより


警報が鳴ったのに発表しないなんて、福島の教訓は何にも生かされていないと言う事をハッキリ物語っています。

危機管理能力がゼロですよ、電力会社も。これで万が一の事故時に対応が出来るわけありません。これでも信じますか?電力会社と日本国政府を。

日本の政府も異常です。国民の命なんて、守れるわけがありません。


今日はニンニクの花芽を食べました。雨上がりでみずみずしくて、とても美味しかったです。味噌醤油炒めと、ピザのトッピングです。ニラのみそ汁、大豆・黒千石のご飯、ミントのお茶、自家製食材が、今日も食卓に上りました。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2012-06-21(Thu)

草刈り

草刈りの一日

娘が学校へ行ってから畑へ出掛け(ん?前回と同じような出だし)、刈り払い機で草刈り。

普段はナイロンコードの刈り刃で草刈りするのですが、今日は熊笹も刈るので途中から山林用の刈り刃(昨日買ってきた)に付け替えて作業しました。

草だけの所はナイロンコードで刈草のじゅうたんになって、とても良い「草マルチ(刈った草で地面を露出させず、小動物の住処を残し畑を良い状態に保つ)」の出来上がりです。

刃を付け替えて熊笹を倒したのですが、いつも使っている安物の刃ではなかなか切れないのに、さすがの山林用はスパスパと切れてくれます。エンジンもほとんどアイドリング+αでOK!

良い道具は高価ですが、仕事を終えてみると安上がりになる事が多いですね。時間短縮・燃料節約・労力低減・美しい仕上がり・気分も良い!


熊笹を刈り終えてふと陸稲を見ると、雨のおかげで草ボウボウ!再び草取りを開始です。

まだ濡れている草の根に付いた土は簡単には落ちてくれないし、手にも土が団子状にくっつくし、先日より大変な草取りです。

途中何度も腰を伸ばしながらの作業を3ウネ程終えた所で、午後2時頃との腹時計を頼りに車の時計を見に行くと、17時!

そう言えば、妙にフラフラとするなぁと思ったら昼も食べてなかった。

今日も一日、畑仕事の一日でした。


ちなみに昨日・一昨日と、きちんと肥もまきました。

ボットン便所から汲み取って、柄杓で一株一株丁寧にまきました。

おかげで今日は、作物が生き生き輝いています。

どんな物を食べさせたかわからない牛や豚やニワトリの糞から作った肥料よりも、きちんとした物を食べた自分たちのウンコの方が健康的です。

そして自分たちが食べる作物が、自分たちのウンコで育つなら、体にも良いはずです。


もうすぐ21時、疲れたので寝ます。明日も草取りかな・・・
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2012-06-19(Tue)

草取り

草取りの一日

陸稲の草取り。キクイモが大繁殖して、抜くに抜けず、抜けたら陸稲まで抜けた。

娘が学校へ行ってから畑へ出掛け、腹時計を頼りに昼に戻るつもりが午後3時半。自分の腹時計は、のんびり動いているようです。

急いで昼食後、今度は自宅裏の豆・トウモロコシ・ニンニク畑の草取り。豆ウネを終え、大豆の土寄せが完璧に終わりました。

トウモロコシは草に隠れていた株を発見し、土盛りして地温を上昇。明日肥をまいてあげよう。明日の午後からかなり激しい雨のようなので、どっぷり肥え撒きする予定。

ニンニクは、気付かぬうちに花芽が伸びていた。急いで欠き取らないと、球根が大きくならない。明日やろう。

花芽は貴重な食料。醤油漬けでも美味しく、炒めるのも美味しい。2000本位あるので、欲しい方はお声掛け下さい。発送は面倒なのでしません。

明日は畑仕事と、注文を受けていたしおりとポストカードを発送する予定。

今日は疲れた zzz~
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2012-06-18(Mon)

黒千石、土寄せ

ようやく大豆「黒千石」の土寄せが終わった。

思ったよりも伸びていなくて、しかも鹿に食われた株も多かった。

鹿の食害は電気牧柵で防げるとの事ですが、ただの紐を張っただけでも効果があると教えてもらったので、もうちょっとしたら(時間に余裕が出来たら)紐を張ろうと思います。

そして陸稲、芽は順調に伸びていたのですが、草が猛烈に生長!明日以降は草取りの毎日になりそうだ~。腰痛~い



話は変わって、福島で妊産婦の鬱が増えているそうだ。

原発事故:福島の妊産婦、15%に「うつ」傾向 県調査

毎日新聞 2012年06月18日 19時51分

 福島第1原発事故当時に妊娠していたり、事故後に出産した福島県内の女性の約15%が気分が落ち込むなどの「うつ」傾向にあることが、県のアンケート調査で判明した。放射線の子供への影響について不安を抱いているという回答も多く、県はこの女性たちに対し、県立医大の看護師らによる電話サポートを開始。今後も支援や詳しい分析を続けたいとしている。

 県が実施している県民健康管理調査の一環。妊産婦1万5954人を対象に今年1月、調査票を発送し、3月末までに8886通(回収率55.7%)から回答を得た。「1カ月の間に気分が沈んだり憂鬱な気持ちになったりすることがあったか」などの質問への回答から、うつ傾向にあるなど支援が必要とみられる人は1298人(14.6%)いた。

 アンケートの自由記述欄(複数回答)では▽検査や調査、線量計配布を望む=36%▽子供への影響が心配=25%▽母乳・ミルクへの不安=17%など、原発事故への不安を訴える内容が多かった。県と県立医大は、かかりつけの産婦人科医とも連携しながら妊産婦の支援を続ける。【泉谷由梨子】
毎日jpより


精神的にも厳しい環境にあって、実際に人が住んではいけないような場所に住まなければならない現実もある。

被爆による鬱、精神面だけでなく肉体的にも影響がある事がわかっているので(チェルノブイリ事故後の調査より)今後被害が拡大しなければいいのだが心配だ。

鬱にならないような環境で暮らせるよう、東電が補償する事、そして政府が責任を持って避難させるのが一番だと思うのだが、今の政府は人体実験を国民にさせているので無理だろうな。。。

そして核のゴミ、どうしようもない状況なのに大飯再稼働か。情けない政府だ。

大飯再稼働:「核のゴミ」問題先送り

毎日新聞 2012年06月17日 11時05分(最終更新 06月17日 13時37分)

 原発を動かすと使用済み核燃料が発生する。大飯原発では貯蔵先の約7割が埋まり、新たな貯蔵先や処分方法に展望が見えない。福井県の西川一誠知事は16日に政府に要請した8項目の中で、県外でも一定期間保管する「中間貯蔵施設」を求めたが、政府は具体的な検討を先送りした。

 使用済み核燃料は、熱を出し続けるためプールなどで約4年は冷やす。冷やせないと溶融し放射性物質が漏れる恐れがあるからだ。

 関西電力によると大飯原発3、4号機には今年3月末現在、2805本(1291トン)の使用済み核燃料が保管され、容量の72%に達している。唯一の搬出先である再処理工場(青森県)も容量の97%とほぼ満杯のうえ、トラブル続きで稼働に見通しが立たない。
毎日jpより


再処理が現実的に不可能な状況で、核のゴミがどんどん増え続けるような事があってはならない。

道内に幌延深地層研究センターが建設されているが、政府は研究と称して地下に埋葬してしまおうという魂胆だろう。道内で出た核廃棄物であったとしても、地下に埋めるのは危険だとしか言いようがない。何か問題が起きた際は、手が付けられなくなるからだ。

ちなみに上記サイトのQ&Aにこんな事が書かれている。

Q.07:幌延での研究が終了したら地下施設はどうなるのですか。

研究終了後の地下施設は埋め戻すことを「幌延町における深地層研究に関する協定書」においてお約束しています。幌延における研究は、全体で約二十年間を予定し、地下施設での調査研究段階(第三段階)終了以降に、地下施設の埋め戻しを開始する計画ですが、今後、研究計画が進展していくにしたがって、研究終了時期や埋め戻し完了時期が具体的になっていくものと考えています。


きちんと埋め戻すそうですが、100万年後まで管理し続けなければならない核保管施設の調査に、たった20年で何がわかるというのでしょうか?

しかも埋め戻し完了時期は現時点で決まっていなくて、長期化(事故等があれば手が付けられないかも)する可能性も否定できない。こんな施設を誘致したのが間違いだ。これも結局は「金欲しさ」¥¥¥



先日発表したキタキツネのポストカードの件ですが、今日、道の駅「丘のくら」にて販売を開始しました。別絵柄も作ったのですが、こちらは美瑛町観光協会「四季の情報館」にて本日より販売を開始しました。

どちらもかわいいキタキツネの子どもの写真です。

今日も5匹、ちゃんといましたよ~。お父さんもお母さんもいて、家族7匹全員揃いました。

親子でのんびりしている時に撮影続行してしまうと、シャッター音で警戒するので、車の中に伏せて隠れて見ていました。

写真を撮る事よりも、親子が安心して暮らせる事を優先したいので、撮れる時は撮りますが、撮ってはいけない時には撮りません。



そうそう昨日ですが、家族で美瑛町立図書館へ行ってみました。今年新しくできた図書館で、中は木をふんだんに使った落ち着いた建物になっていて、とてもゆったり本が見られるようになりました。

そんな中でパッと目を引いた本がありました。

故・星野道夫さんの写真集でした。

表紙の写真を見た時、中を見たくなるような凄味のある写真でした。

光のとらえ方が半端ではなく、すごく光を読んで、待って撮った気がしました。最高の条件になるまでじっと待って、その光の中で生きものたちを撮り続けたような気がします。

久しぶりに良い写真を見た気がします。土門さんの写真以来でしょうか。



明日は一日陸稲の草取り、明後日からは天気が崩れるらしいので写真の編集を続けます。

今度は自分の写真展の準備です。一枚だけは選んだので、後はボチボチ進めましょう。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2012-06-16(Sat)

愚か者集団の政府・与党・野田政権・経済界

原発再稼働を決めた政府、愚か者としか言いようがありません。

何故か?

安全性に欠けている事

福島原発の原因究明も終わっていない事

廃棄物処理方法も確立していない事

電力が足りている事

今後の火力発電による二酸化炭素の処理に目処が付いている事

原発は一度事故が起これば、取り返しの付かない事態になる事(火力や地熱に比べ、事故時のリスクが高すぎる)

原発の発電コスト(建設から廃炉・廃棄物処理まで)がダントツで高額な事

国民の理解が得られていない事


大飯原発「5層の防護」3層目まで 国際基準 程遠く
2012年6月16日 夕刊

 大飯原発3、4号機の再稼働が決まった。野田首相らはしきりに安全性が確保されたと強調するが、国際的な安全基準の一部しか満たしていないのが現状だ。このまま再稼働に踏み切れば、国際基準から逸脱した形になる。

 国際原子力機関(IAEA)は、原発の安全性を保つため「五層の防護」という考え方を示している。

 五層の防護とは、故障や誤作動を防ぎ、地震や津波などに襲われても炉心溶融のような重大事故にならないよう備えをするのが一~三層目。事故が起きてしまった場合、いかに事故の被害を最小限に食い止め、住民を被ばくから守るかの備えをするのが四、五層目となる。

 大飯原発はどうか。非常用電源の多様化や建屋が浸水しにくいなどの安全向上策はある程度はできたが、それは三層目までのこと。事故が起きた後に重要となる四、五層目の対応は空手形というのが現状だ。

 ベント(排気)時に放射性物質の放出を最小限にするフィルターの設置、事故収束に当たる作業員を放射線から守る免震施設の整備などが四層目に当たり、適切に住民を避難させたり、内部被ばくを防ぐヨウ素剤を配ったりするのが五層目。

 しかし、四層目が達成されそうなのは三年後で、五層目はいつになるか、めども立っていない。

 原発外で対策拠点となるオフサイトセンターは、いまだに見直し作業の最中。モニタリングポストなど広域に放射線量を監視する体制も整っておらず、福井県の避難計画も近隣の他府県との連携を考えない硬直化した内容のままだ。

 首相らは「福島のような津波と地震が襲っても事故は防げる」と胸を張るが、国際基準に照らせば、重要な対策がすっぽり抜け落ちている。 (福田真悟)
東京新聞より




東芝、CO2分離・回収ができる新火力発電システム開発

レスポンス 6月16日(土)9時0分配信

発電とCO2の分離・回収を同時に実現できる新火力発電システムの構成図

東芝は15日、米国のベンチャー企業のネットパワー社、大手エンジニアリング会社のショー・グループ、大手電力会社のエクセロンと共同で、発電とCO2の分離・回収を同時に実現できる新火力発電システムを共同開発することで合意したと発表した。

4社は今後、プラント設計などを行い、25MW相当のパイロットプラントを米国内にあるエクセロンの発電所敷地に2014年に建設。実証試験を経た上で2017年に250MW級プラントの商用化を目指す。

今回開発するのは、超臨界圧のCO2を用いた酸素燃焼の循環システムで構成。CO2を有効活用でき、NOxを排出しないゼロエミッションの火力発電システム。

同システムを用いることで、CO2を分離・回収する設備を別に設置することなく、高純度の高圧CO2を回収することができる。高圧のCO2は貯留することも可能なほか、米国などの石油採掘現場で用いられている「EOR」に適用でき、CO2を有効活用できる。

4社は共同開発完了後、EORのニーズの高い米国や中東地域等で、事業展開を図るとともに、環境調和性の高い同システムを供給することで、エネルギーの最適活用および地球温暖化防止に貢献していく。

karyokuhatuden

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》
ヤフーニュースより



もう政府に対して、何も期待しません。

そして今後一切、以下の原子力を推進する政党を支持しません。

民主党・自民党・公明党・みんなの党・たちあがれ日本・国民新党

原子力を反対する政党は、以下の二党だけです。

共産党・社民党


原子力エネルギーに、平和利用もありません。

ずっと書き続けてきた事、それは「核廃棄物処理(無毒化)は、現時点で方法が無い」と言う事です。

そんな物は、使い続けてはいけないのです。

この点だけで、原発は、全て廃炉にしなければならない物です。

最後に、こんな汚い手で再稼働を認めさせたという衝撃的な文章です

【原発再稼働】 滋賀県知事 「関西電力と国から脅された」
2012年6月13日 16:34

嘉田滋賀県知事。「野田さんは官僚の作文を読んでいるだけ。国民からの視点がない。私がすごく怒っているところ」。=13日、日本外国特派員協会。写真:田中撮影=

 関西電力が「停電」を武器に企業を焚き付け、自治体の首長たちを脅していたことが現職知事の証言によって明らかになった。「再稼働は認めない」から一転「夏場の再稼働は認める」とした滋賀県の嘉田由紀子・滋賀県知事がきょう、日本外国特派員協会で開かれた記者会見で暴露した。

 海外記者から「再稼働反対の声を過激にあげていたにも拘らず、180度スタンスを変えたのは何故か?」と問われた嘉田知事は次のように答えた―

 「(夏場の)電力不足で“停電になったらどうする?” “お前は責任取れるのか?”と関電、国、企業から脅された。大阪の橋下(徹)さんとも話し、“電気が停まったら仕様がないわね”ということになった」。

 嘉田知事が記者会見を終えてエレベータに乗るまで、筆者は単独でインタビューした。

田中:専門家は夏でも電力は足りる、と見ている。こちらの方が「電力不足」を吹聴する政府のインチキなアナウンスより説得力があるが?

知事:「300万キロワットは圧縮できると飯田(哲也)さんや古賀(茂明)さんと詰めてきたけど、関西電力が個別企業にこうした(知事は圧力をかける手真似をした)。そうしたら個別企業が“税金払わない”“(滋賀県から)出て行く”と言い始めた」。

田中:彼ら(電力会社)は電気を停めたいと思ったら、停めることができますからねえ?

知事:そうそう。

 電力不足で電気が停まるのではない。電力会社が自らの都合のいいように電気を停めるのである。それは「3・11」直後に起きた東電の計画停電でも指摘された。

 関西電力が関西広域連合に圧力をかけて「再稼働を飲ませた」ことは、一部メディアが仄聞として伝えていた。だが、ここに来て政治家が、圧力の実態を公にし始めた。

 昨日(12日)は国会の院内集会で、民主党の衆院議員が関電労組から「再稼働反対の署名を撤回しろ、さもなくば次の選挙は推薦しない」と恫喝されたことを暴露している。

 「ナントカに刃物」というが、「電力会社に停電」ではないか。脅しに怯まず電力会社の悪質な手口を白日の下に晒す公人がもっと出てきてほしいものだ。
田中龍作ジャーナルより


これが本当なら、知事はなおさら再稼働に反対しなければならなかったはずですが、残念ながら法律を知らない人だったのでしょう。知事が法律をもっと知っていれば(電力会社が電気不足を起こしてはならない事)、どんなに脅されても再稼働に反対できたのでしょう。

追記 毎日jpより

大飯原発:再稼働決定に周辺住民 割れる声

毎日新聞 2012年06月16日 11時53分(最終更新 06月16日 14時56分)

大飯原発の再稼動を伝えるニュースに見入る人たち=福井市で2012年6月16日午前11時24分、幾島健太郎撮影

拡大写真

 東京電力福島第1原発の事故から約1年3カ月余り。関西電力大飯原発3、4号機の再稼働が16日決まった。「安全性は確保できた」とする政府。だが過酷事故への安全対策は道半ばで「見切り発車」の感はぬぐえない。各地の原発の地元住民の中には好意的な受け止めもあったが、福島事故の避難者らは憤り、「残念」「あきれた」という声も聞かれた。

 ◇「仕方がない」…おおい町

 地元経済の多くを原発に負う福井県の住民らからは「仕方がない」との声が聞かれた。おおい町中心部で旅館を経営する時岡富美枝さん(76)は地元経済を考え、「再稼働は仕方がない」と考える。自身の旅館でも、7、8人いた原発作業員の宿泊客は1人程度に減った。「再稼働に反対する声が多かった関西では停電も起きず、大きな影響は受けない。結局、被害を被ったのは地元の私たちだけだ。原発を貧しい田舎に持ってきて、私たちはばかにされているんじゃないか」と憤る。

 同町の主婦(68)も再稼働には賛成だが、「事故になったら、私たちはどこに逃げるんかな。分からん」と不安を募らせる。国は4月、住民説明会を開催したが、「原発を動かしたいという思いばかりで、住民にとって大切な避難についての話がまったくなかった」と訴えた。

 大飯原発の地元・大飯郡選出の田中宏典県議(自民)は「原子力政策を堅持する国の姿勢を確認できたことは大きい」と評価する一方で、「再稼働は国が責任を持って判断すべきだったし、おおい町民を国策の矢面に立たせるのはやめてほしい」と話した。

 同県内で活動する市民団体「サヨナラ原発福井ネットワーク」の山崎隆敏代表(63)は「世論調査で再稼働への反対が占める割合はかなり高いのに、民意が反映されず再稼働させる日本の政治システムは問題。無念さをつくづく感じる」と話した。【柳楽未来、五十嵐和大、橘建吾】

 中部電力浜岡原発が立地する静岡県御前崎市の事務員の女性(57)は「福島第1原発事故の原因究明や原子力規制庁の発足などが先だと思うが、夏に関西で本当に電力が不足するのであればやむを得ない。ただ、稼働は期限付きでやるべきだ」と話す。

 茨城県東海村の日本原子力発電東海第2原発から20キロ圏内のひたちなか市に住む主婦、増田真紀子さん(35)は「原発事故で自殺する人も出ているのに。無力感と怒りを感じる」と嘆く。一方で「再稼働のために政府がいろいろしなければならなくなっているのは、市民の力の反映」と指摘。「原発反対の声を絶やさないようにしなければ」と話した。

 東北電力女川原発がある宮城県女川町。東日本大震災の津波で経営する店舗が流失した60代男性は「なぜ大飯だけ再稼働するのか。国は安全性に対する考えが甘い」と疑問を投げかけながらも「何年後かには自分たちも再稼働について判断しなければならない」と話した。

 愛媛県伊方町の四国電力伊方原発は再稼働の「有力候補」とも目されている。約10キロの八幡浜市に住む反対派市民団体の近藤誠さん(65)は「政府は再稼働ありきで進んでおり、原発推進派の人が見ても首をかしげるものがあるのではないか」と語気を強めた。一方、伊方町で民宿を経営する丸山栄一さん(71)は「民宿はもちろん散髪にしろ食料品にしろ、立地地域では多くの産業が原発があって成り立っている。早く動かさないと地域経済が大変なことになる」と再稼働を熱望した。【山本佳孝、須藤唯哉、杣谷健太、津島史人】

 ◇福島原発事故被災者は

 東京電力福島第1原発事故の被災者は強く反発したが、一部では理解する声も聞かれた。

 福島県飯舘村の自宅から福島市の友人宅に避難しているNPO法人勤務の小林麻里さん(47)は「あきれてものも言えない。原発事故は私たちの人生を狂わせたばかりではなく、人々の心を壊してしまう危険なもの。福島の事故が教訓になっていないとしか思えない。結局は人ごとでしかなかったのかと思うと残念で悲しい限り」と怒りを込めて語った。

 昨年、あんぽ柿から暫定規制値を超える放射性セシウムを検出し、県から生産自粛を求められた同県伊達市の柿生産農家、宍戸里司さん(60)は「長年かけて築いた名産を奪われた。安全確認が十分でない中の再稼働はおかしい」と話した。

 長野県白馬村で避難生活を送っている福島県大熊町の無職、木村紀夫さん(47)は「政府や電力会社は安全と繰り返すが、その具体的根拠は示されず、(大飯原発に)福島と同じレベルの津波が来たら本当に耐えられるのか不安だ。再稼働せず、夏の電力需要のピークを節電で乗り切れば、生活習慣を見直すきっかけにもなったのに」と残念がった。

 一方、福島県いわき市で避難生活を続ける元東電社員で楢葉町議の安島琢郎さん(72)は「安定的な電力供給を維持するためには、夏場のピーク時の原発稼働は仕方ない。ただ、本格的な再稼働は原子力規制庁が発足して万全な安全対策が取られてからだ」と注文を付ける。また、同県郡山市に避難する双葉町の無職、天野正篤さん(74)も「関西経済への影響や日本全体の産業空洞化への懸念を考えると再稼働は公平な判断」と話した。【深津誠、袴田貴行】



賛成する人は、経済の事しか考えていないようです。人の命より経済が大事。原発による補助金が欲しいだけ。まるで政治家と同じ考えです。

節電しなくても電力は足りている。これは既に多くの人が計算しています。なので万が一猛暑になった時に、夏場のピークの数時間だけ、節電すればよいのです。

産業の空洞化も起こらない。年間2日、しかも数時間ほどの猛暑のピークが原因で、どうして産業が空洞化するのか、その根拠を示して欲しい。まるで二日間ほど省エネするだけで、全工場がストップするかのような政府や電力会社の脅しに乗せられている。

こんなに腹立たしい決定はありません。

人類は、どこへ行こうとしているんだろう。素朴な疑問が浮かびました。宇宙開発している人々は、地球が危険だと悟って、脱出しようとしているのだろうか?

残された人類は、放射能汚染された地で、原始の人々のような暮らしを強いられるのか?「風の谷のナウシカ」の世界のようになるのだろうか?絶える事無い争いの中で、お互いに略奪の繰り返しを演じるのだろうか。

軍国化、独裁政治・・・、先進国とは、科学技術が高度に発達した反面、人間の理性も道徳も無いくだらない国のように思えてならない。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2012-06-15(Fri)

土寄せ

ちょっと早いのですが、大豆「さやむすめ」の土寄せを開始しました。

まだ本葉が出たばかりで草丈も低いのですが、今やらなければやる暇が無くなってしまうので始めました。

ウネの草を引っこ抜き、三角ホーで丁寧に株元に土を寄せます。

両脇から双葉の部分まで土をかぶせるのですが、まだ本葉も低い位置にあるので、適当にやると全部土に埋もれてしまいます。

牧草とギシギシが沢山あるので、これを抜くのに時間が掛かってなかなか前に進む事が出来ません。

一日作業をして、3ウネ程終わりました。

あと一ウネで「さやむすめ」は終わって、残る土寄せは小豆「あかね大納言」と大豆「黒千石」です。

明日は「さや娘」の残りと、「黒千石」の土寄せをやる予定。その前に地域の草刈りをやらなきゃです。
キタキツネ 子ども 美瑛
近日中にこの写真をポストカードにする予定です。販売は道の駅「丘のくら」にて

Mamiya A 300mm F2.8 APO
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2012-06-14(Thu)

巣立ち

雪が溶ける前から一緒に暮らしてきたゴジュウカラが、今日、巣立って行きました。



自宅裏で畑仕事をしていたら、女房が「巣立ちそうだよ」と教えてくれました。

食べ物を口にくわえたまま、雛に与えず見せびらかして、いかにも「巣箱から出ておいで~」って言っているかのよう。

しかも今日は、親鳥がニョロニョロダンス(ムーミンに出てくるニョロニョロの様な踊り)をしている。

こんな踊り、見た事無い!

それに今まで声は聞いたが姿を見た事が無かった雛が、巣穴の外を眺めている。

既に親鳥とほとんど見分けが付かない位に成長していて、今にも飛び出しそうな雰囲気。

急いでカメラのセッティングをして、撮影開始。

それからは早かったです。

動画を撮ったので、後ほど貼り付けます。今アップ中ですが、重いので5時間位掛かりそうです。

取り急ぎスチル写真を
巣立ち前のゴジュウカラ 美瑛 自宅にて
これは巣立ち前の雛。くちばしが黄色くて、まだ幼さが残っています。

巣立った後、自宅横の林に飛んで行った雛と親。上が親で、木の幹に留まっているのが雛。
巣立ち後、林で過ごすゴジュウカラの親子 美瑛
雛とは言え、垂直の幹に留まれるのです。生まれて初めて大空を飛び、生まれて初めて木に留まり、そして今は生まれて初めて外で眠っているのでしょう。

最後の写真は親。林の中で、雛に与える食べ物を探している所です。自分の真上の枝に来てくれました。ずっと顔を合わせて話をしてきたので、全然警戒しませんでした。
ゴジュウカラの親 美瑛
Mamiya A 300mm F2.8 APO

今日は美馬牛小学校の開校記念日で、いつもなら学校に行ってる娘も、巣立ちの瞬間に立ち会えました。

巣立ってすぐの下手な飛び方、家の屋根の上で立ち往生している姿、玄関に激突して落ちた所など、ハラハラドキドキの楽しい巣立ちでした。

本人(本鳥)にしてみれば生きるか死ぬかの状況なのでしょうが、上手に飛べない雛の姿は、思い出しただけでも微笑ましくかわいらしい姿でした。

ずっと昔、エナガの子育てを撮影し続けた事があったのですが、エナガは巣立った時に飛べずに、地上数メートルの巣から斜め45°位の角度でパタパタ羽ばたきながら落ちて、地面で弾んでいました。

それに比べるとゴジュウカラの雛は、最初からちゃんと飛べるのでビックリでした。

みんな元気に大人になるんだぞ~
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2012年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

豊瀬 恒介

Author:豊瀬 恒介
ご訪問くださり、ありがとうございます!本職は写真家ですが、自家製天然酵母のパンを焼いたり、木工品を作ったり、自然栽培(無農薬・無化学肥料・草生栽培)で野菜を育てたりしています。人生楽しく生きましょう!

掲載写真・文章等の著作権・版権・使用権等作品に附随する全ての権利は豊瀬恒介にあります。無断使用・無断転載は厳禁です。

掲載作品の販売もいたします。お問い合わせ下さい。

ブログ翻訳
ご意見お願いします
リンク
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
地域カウンター

ジオターゲティング
応援よろしく!


FC2ブログのランキングに参加しています。クリックしてもらえると、このブログがたくさんの人に読んでもらえるようになります。^^
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村←「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、一日ワンクリックお願いします。いろんなブログが探せますよ。
拍手する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
こけのオススメ







 









お買い物はこちら






こよみ



北海道-網走
提供:釣り情報フィッシングラボ

ブログ内検索
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Twitter