FC2ブログ
2016-06-30(Thu)

草取り

草取りの一日
草取り
キクイモがほとんどで、牧草が少しなので、比較的楽な草取り

草取りは楽なのですが、アリがすごい

エゾアカヤマアリ

何がすごいって、すぐ怒るんです

だから我が家では、「怒りんぼアリ」と呼んでいる

草を取ってると、巣が近くにあるわけじゃないのに怒って攻撃してくる

手を草に伸ばすと、手の方に大群で押し寄せる

草に登ったアリは、蟻酸をお尻から噴射して攻撃してくる

手に乗り移ったアリは、噛み付いて傷付いた場所に蟻酸を発射する

傷に蟻酸が掛かると、ヒリヒリして猛烈に痛いのだ

巣のある場所の草を取ると、それはそれは大変

長靴を登って、腕でも首でも噛み付く

服の隙間から入ったアリは、腹でも足でも噛みやすい場所はどこでも噛んでくる

そして蟻酸攻撃!

畑だし、農薬嫌いなので農薬を撒いたりしないから、アリはどんどん増えてしまう

もう勘弁してほしいですよ


今は家の中にも入って来てて、さすがに薬を買いました

有機栽培でもOKで人体に安全な、除虫菊成分の物

薬が掛かると、あっという間に死んでしまう

それはそれは恐ろしい姿だ

そして薬が効くと、もっと撒きたくなるから恐ろしい

アリが死ぬ姿を見て、もっと効果を上げたくなる

アリが死ぬ姿と、アリを殺したくなる自分が恐ろしいので、家の壁に入るアリと、部屋に入るアリだけに薬を撒いている

有機栽培で使ってもOKな安全な薬でも、他の昆虫類も死んでしまうから畑に撒くわけにはいかない

そんなこんなで、日々アリと格闘の草取りだ

自然栽培のイチゴ
そして草の中では、自然栽培のイチゴが実ってます

草と競争して、草に負けずに実を結んだので、とっても香り良く甘いイチゴに育ちました

香りが良いしとても甘いので、アリも大好物

熟すとアリが食べてる

アリだけじゃなく、芋虫も食べてる

香りに釣られてネズミもやって来る

ネズミはわざわざ遠くまで運んで、イチゴが全くない場所で食べてる

「何でこんな所にイチゴが?」って位遠くまで運んでる

なので今日、ネズミ取りを置いた



いろいろ忙しい一日だ


それから息子の授業参観日だった

音楽の授業で楽しそうだったけど、すごく緊張しているのがわかった

表情も硬くて、動きもぎこちなくロボットみたいだった

「緊張してたん?」って聞いたら、「うん!」

そういう歳頃になって来たんだなぁ

毎日少しずつ成長してるんですね



あとそうだ、ひまわりと小さい人参の種まきもやったんだった

昼に畑仕事して、夜に写真の編集をする予定だったけど、

夜はマウスを持ったまま寝てたりして仕事になりません

今日も天の川がとてもきれいだったけど、撮りに行く気力もなし



先日女房の両親が来てくれたのだけど、その記事はまた後で書きましょ

眠い、おやすみです
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2016-06-29(Wed)

展示会終了

本日、作品の搬出作業も無事終了

これで今回の展示会も終わりました

会場にお越し下さった皆さん、ありがとうございました

会場を貸して下さったモンベルのみなさん、ありがとうございました

展示会の宣伝をして下さった皆さん、ありがとうございました


毎回の事ですが、展示会が終わって作品が無くなると、殺風景な部屋になるんですね

それが何とも寂しい

見慣れた自分の作品でも、そこにはあった方が良いなと思ってしまいます

早く次回の予定を立てよう


それから作品の購入をして下さった方への発送は、明日から順次行う予定です

畑仕事と同時進行なので、少々お時間を頂戴します(在庫の梱包資材も足りませんので・・・)

手元に残った作品は、ギャラリー時遊が丘さんにて一時預かっていただけることになりましたので、展示作品がまた見てみたい方は時遊が丘さんへお出かけください
展示会終了


今日はイチゴの収穫・納品と、イチゴ畑の草取りと、ひまわりの植え付け場所に堆肥まき

以前、農家さんがイチゴ畑にしていた草原に行ってみたのだけど、その農家さんが離農後に人の手が入らなくなり、笹とススキとワラビの畑になっていました

人の手って、とても大事ですね

明日はひまわりの種まき、麦畑の草取り、キイチゴの剪定(芽欠き)、ニンニクの芽欠きの予定


来年の畑の予定も、業者さんと打ち合わせ中です

何だか農家になった気分です
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2016-06-29(Wed)

alone



500px.comのKousuke Toyoseさんによるalone




にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2016-06-28(Tue)

写真展「My Finder」

写真展のお知らせ(展示会終了まで、この記事をトップに置きます)

2016年6月3日(金)~28日(火)まで、

モンベル大雪ひがしかわ店にて

豊瀬恒介 写真展

「My Finder」を開催しています
写真展「My Finder」
営業時間等はこちらからご覧ください

ポストカードも販売中です

なお6月18日(土)13:30~15:00にイベント「登山家シンポジウム ~山 神 祈り~」がある為、12時頃からイベント終了後に作品の再展示が完了するまでの間は、会場には入れません。悪しからず、ご了承ください


皆様のお越しを、心よりお待ちしております


展示作品は、全て販売可能です。ご購入を希望される方は、直接「とよせ工房」までお問い合わせください
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2016-06-25(Sat)

またライトアップ

先日知った事だけど、北竜町のひまわり畑をライトアップするという計画がありました

それが中止になり、覚え書きの為に道新に出ていたものをコピペしておきます

周りに民家ないのに・・・ 北竜ヒマワリ畑のライトアップ中止
06/23 05:00、06/23 17:24 更新

【北竜】町や町ひまわり観光協会などでつくる協議会が今夏、町内のヒマワリ畑「ひまわりの里」に夜も観光客を呼び込もうとライトアップを計画したが、インターネット上で資金集めを始めたところ「光害だ」との抗議が寄せられ、協議会は22日、「財源が確保できない」として開始6日で計画中止を決定した。ヒマワリ観光全体への影響を懸念しての判断。これに対し、町内では「周りに民家はないのに…」と、割り切れない思いも聞かれる。

 計画は今年4月、上川管内美瑛町の観光名所「青い池」のライトアップを手掛ける同町の写真家ケント白石さん(56)が町に持ち掛けた。今年は「ひまわりまつり」が30回目の節目で、「北竜PRの新たな起爆剤に」と町も期待。町予算編成後だったため、協議会はインターネットによるクラウドファンディング(CF)で、機材のレンタル料など417万円を集めることにした。

 ライトアップは、7月30~8月6日の午後6時~9時に、発光ダイオード(LED)の照明約100台で約23ヘクタールの畑のうち2ヘクタールを照らす予定だった。

 ところが15日にCF専用サイトで支援呼び掛けを始めると、18、19日の2日間に11件のコメントが書き込まれた。「星空を大切にして」「生態系を乱す」「健康を損ねる」など全て光害を理由にした反対意見。多くが道外の人とみられ、町にも反対のメール1通が届いた。町内からの反対は届いていないという。

 すでに3人から5万円の支援金が集まっていたが、町は「このまま続けると反対意見が広がり、まつりや町への批判につながる恐れがある」と20日に資金集めを中止。届いたお金は返す方針だ。

 ただ、会場は農村地帯で、周囲に民家はない。「少し離れればライトアップしても星は見える。どれだけ北竜のことを考えた上での意見なのか」と困惑する町幹部もいる。ケントさんは「北竜町内から反対があったならともかく、そうではない。反対意見だけでなく応援する声にも耳を傾けてほしい」と訴える。

 地方自治に詳しい札幌大の浅野一弘教授は「メディアが多様化する中、外からの意見に左右されてばかりでは町民へのマイナスも起きうる。今回も『わが町に必要な事業だ』と反論すべきだった」と話す。2013年からヒマワリ畑のライトアップをしている網走市観光課は「周りに住宅はなく反対は全くない。網走をPRするイベントになっている」と説明する。

 町は反対意見を踏まえた上で、来年以降の実施に向け計画を練り直す方針だ。(関口潤)



引用元記事URL

魚拓

美瑛もそうだけど、近くに住宅が無くても光はずっと遠くまで届くのですよ

地上で光を使えば、上空まで拡散する

街からはるか遠くで星の写真を撮っていても、街明かりで空が明るくなるものです

そして星は数を減らす

今まで暗い星まで楽しめたものを、一部のライトアップ愛好家によって踏みにじられる

北竜町の決定には少しだけ安心しましたが、来年以降の実施に向け計画を練り直すと言うのが気になる

「どれだけ北竜の事を考えているのか?」という部分も、ライトアップ反対の人間は経済効果では測れないもっと大事な部分で、真剣に北竜町の事を思っての意見だと思います

ライトアップ賛成してる人は、経済効果だけで「街の為になる」と言ってるのでしょう

でもライトアップする事は、光害だけにとどまらず、自然を愛する人々は北竜から去るでしょう

昔ながらの美瑛ファンが、便利で快適になった美瑛には二度と来ないのと一緒です

自分が観光協会の総会で、美瑛の青い池ライトアップを反対した時にも、美瑛町商工会の人間は同じ事を言ってました「美瑛全体の事を思ってのライトアップ」だと

「あなたは自分の事しか考えていないでしょう」とも

ちなみに美瑛の青い池の時には、観光協会の理事会では、ライトアップは一人以外は全員反対だったそうですよ

では何故実施した?町長と商工会にでも聞いて下さい

経済効果の為なら、自然を踏みにじる事を何とも思わない

この地球は、人間だけの世界じゃないのに



あれ?北竜は予算417万円って、美瑛の1/3~1/4の値段ですね(約1400万)。美瑛はなぜあんなに高額だったのでしょうね?
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2016-06-24(Fri)

中体連

中体連って???

中退・・・?

でしたが、「日本中学校体育連盟」なんですね

子どもたちのお陰で、いろいろ勉強になります


今日、娘の試合があって、畑仕事の合間に行ってきました
_D4N6864
まだ卓球をやり始めて二か月しか経っていないのに、すごいです

温泉ピンポンの影も形もありません

あのスピードは、完全に競技です

そして何より、試合を楽しんでる姿が、とても良かった

勝敗じゃなく、スポーツを楽しむ



昨夜、50キロ離れた友だちの家に行ってきたのですが、

外国の人がしょっちゅう来るので、面白い話を聞けるのです

外国の人は、日本の中高生の部活が毎日あるのをビックリしていたそうです

外国(何処かは忘れた)では、週に二回くらいしか部活に行かないそうです

それでも強くなる!

日本人は、練習サボると「やる気が無い」だの「勝つ気が無い」だの言われますが、違うんですよね根本的に

伸びる練習を、きっちりやってるんだと思います

メンタル面も含めて

毎日やってれば良いってものじゃないと思います




今日の畑仕事は、大豆の土寄せが終わり、ニンニクの追肥(堆肥)を少しやり、ニンニクの草取りを少しやり、ニンニクの芽欠きをし、ジャガイモの土寄せをした

そろそろトマトの誘引とナス・ピーマンの剪定をしないといけない

離れてる畑へ、堆肥運びもしなきゃだ
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2016-06-23(Thu)

トウモロコシの追肥

トウモロコシの追肥(堆肥)が終わった

3年ほど寝かせた、ほとんど牧草と麦わらで、少しだけ羊の糞が入った堆肥

それをトウモロコシの株元に、ドスンと置くだけ

言うのは簡単だけど、やるのは結構難しい

堆肥の置き方が悪いと、小さいトウモロコシはゴキっと堆肥に押し潰されてしまう

押し潰されないまでも、葉が引っ掛かれば、株が倒れてしまう

堆肥を運ぶ時も畑は傾斜があるので、一輪車に堆肥を満載していると、重いし下る時は止まらない

常に踏ん張って運ぶ感じだ

トウモロコシの場所も終わって、ユリ根、サツマイモ、小麦、ニンニクの場所にも堆肥を運ぶ

一輪車から落ちた堆肥に足を取られて、グニョッ

何度コケそうになった事か、歳だなぁ

これを、何往復しただろう

さすがに疲れた



土にすき込まずに、土の上に堆肥を置くには訳がある

土は上から育つ、の原理だ

腐敗を防ぎ、微生物・小動物・植物たちの力を借りて、自然にしみ込む

即効性は無いけれど、根性のある効き方をする

野菜たちも努力しないと栄養を摂れないから、必死になって根を伸ばす

そうして美味い野菜になってくれる



明後日・明々後日は、雨の予報が出た

今日の堆肥が、しっかり効いてくれるでしょう



畑の脇の森では、シマエナガが巣立ったようだ

集団で鳴きながら飛んでいたと思ったら、親らしいエナガがどこかへ行き、しばらくして戻ってまた賑やかに鳴く

その繰り返し

今頃は、どこかの枝で、子っこが肩を寄せ合って寝ている事でしょう


トビも巣立ったのか、ものすごく美しい羽の持ち主が、頭上を一回転してどこかへ飛んで行った


カナブンも、目の前をブ~~~ンと何度も飛びまわってくれた


きつい畑仕事でも、こんなふうに野生の生きものと触れ合いながら、楽しく仕事ができる

これがもし機械を動かしていたのなら、機械の音で野生の声なんて聞こえないでしょう

効率の悪い手作業だけど、おかげで自然と仲良くなれる



写真展に来て下さったみなさん、ありがとうございました

展示会は、来週の火曜日午後7時までです
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2016-06-22(Wed)

ユリ根

高級食材のユリ根

少し余ったから植えてみない?と言われて、分けていただいた

植えてみると60玉ほどあって、自家用には十分な量だ

無農薬では無理だと言われているけど、見た目を気にしなければ何でもない

またまた秋が、楽しみになった


今日はトウモロコシ兼ニンニク畑の草取りと、ニンニクの芽欠き

トウモロコシよりはるかに大きく育ったイヌタデやハコベを、丁寧に抜いては敷き詰める

夜盗虫やウリハムシモドキの幼虫に食われたり、牛に踏みつぶされたりしたけれど、100株くらいは育ってるみたいだ

トウモロコシ100本、家族4人で一人25本!

考えただけでも腹いっぱいだ~

ニンニクの芽欠きは、今日で大体7割終了

気温が高いので芽が伸びるスピードも速く、あと二日くらいで全部終わりそうだ

今日はニンニクの芽と、今年最後のアスパラを一緒に炒めて食べた

ニンニクだけだと飽きるけど、他の野菜と一緒に炒めると、飽きずに食べられる

季節限定だけど、普通は捨てるようなものが食べられるって、何だか得した気分だ


夕方、近くのホームセンター(コメリ)へ行ったら、トマトやナスやサトイモ、パセリの苗が、50円で売られていた

思わずミニトマトとパセリとサトイモを買ってしまった

だいぶバテた苗だったけど、何とか頑張ってもらいましょう



500px.comのKousuke Toyoseさんによるwhite birch





にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2016-06-22(Wed)

会えなくなった

もう、一週間以上、会えてない

例の腫瘍のある子ギツネに


500px.comのKousuke Toyoseさんによる仲良しの想いで





兄弟で、仲良く遊んでいたのに


自然界に、不自然を持ち込み過ぎの人間

先日は、遺伝子組み換えの酵母を川に垂れ流してる企業があった

4年間も、ずっと垂れ流し続けた

川に捨てれば、酵母が死ぬから大丈夫だと、法律を破って独自判断

もし酵母が死んだとしても、遺伝情報は他の生物に吸収されるかもしれない

今まで無かったものなのだから、何が起こるかわからない



最近、道路脇の草に、除草剤を撒く農家の姿を見るようになった

草刈りすればいいのに

面倒だから、トラクターで除草剤を一気に撒く

余った農薬は、道路や排水路に垂れ流す

そこに様々な生きものが生息しているのに、彼らの生活を何とも思わない

動物も、鳥も、虫も、もちろん植物も、そして人間の子どもだって道路を歩いているし生活する場なのに

そういう事も、何にも考えない

美瑛の丘は、所詮・・・

生が、輝ける場所

美しいって、何

毎年の事

歴史は繰り返される

いや、どこかで断ち切らなきゃならないはず

自分の小ささを、思い知る
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2016-06-20(Mon)

試作へ

我が家の自然栽培のハーブが、今度はお店のスイーツ材料になるかもしれません

完全無農薬・無化学肥料・自然栽培の食材なので、との事で電話いただけたので、早速試作用にハーブを少々お届けしました

我が家では香りが弱いと感じていたミントも、「これ凄く良い」と言ってもらえましたよ

夏の期間限定のスイーツメニュー、さてどうなる事やら、楽しみです



今日は雨が降ったり止んだり

畑の草取りを少しと、ニンニクの芽をちょっとだけ摘み取りました

ニンニクの芽も、もしかしたら新メニュー!?

我が家では炒め物と醤油漬けしかやらないけど、プロの料理人さんはどんな料理を考えてくれるのだろう???

美味しい食べ方があったら教えてくれるようにお願いしてきたので、これまた楽しみです


その他の畑のお話は・・・

ジャガイモンがググンと伸びて、もう土寄せの時期になってました
ジャガイモ畑その1
雨が上がって土が乾いたら、土寄せしなきゃです

小麦は・・・・・やばいなぁ。。。牧草と同じくらいの背の高さになって、どれが小麦でどれが牧草か???です
20160620小麦畑に牧草
そのうち穂が出ればわかるけど、それじゃ遅い

途中で小麦と牧草が見分けられればいいのだけど…

大豆黒千石は、発芽してるものの、発芽率はかなり悪い

霜に強いから植え直しもありだけど、他の作物に変更かな

小豆あかね大納言も、ほとんど出てない

やはり古い豆は厳しいみたいですね

昨年はネズミに食われて全滅だったので、今年はネズミについてもっと研究しなきゃだ

またネズミに食われて全滅では、学習しなさすぎ

ストロボ光は、我が家に来るネズミに対して全く効果なしだった

他の手を考えよう

とまぁ、毎日畑仕事日記です



このままじゃ、写真家らしい記事じゃないので、久々に写真の記事を…

今日、三脚を買いました

先日業務用ビデオ三脚を売ってしまったので、その代わりの脚です

ジッツオのカーボン三型の古い脚(もちろん中古)

いつも五型(耐荷重20キロ)を使ってるので、何とも頼りない脚です

と言っても耐荷重は12キロ、普通なら十分な強度です

脚は機材の中で、最重要と言っても良い部分

どんな良いカメラでも、どんな良いレンズでも、脚が貧弱だと簡単にぶれる

なので三脚だけは、ケチったりしません(と言いつつ中古(^_^;))

実際に三脚に乗せる機材の3倍の耐荷重が有れば普通は大丈夫です

最近はカーボンが主流になり軽量化が進んだので、風が吹くとグラグラって事も!

それを防ぐために重りを吊り下げたりするので、機材分以上の耐荷重が必要になります

カメラ1キロ、レンズ2キロ、合計3キロの場合は耐荷重9キロの三脚って具合です

今回選んだ脚はローアングルも出来て、自分の背より高いアングルも可能

軽量でありながら強度もそこそこあり、脚の固定力も強力

補修部品もまだ手に入る

という事で買ってみました

あとは実際に使ってみてどうか、ですね

実際に使うと使いにくい、なんて事はしょっちゅうです

三脚は、ケチっちゃダメですよ
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2016年06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


プロフィール

豊瀬 恒介

Author:豊瀬 恒介
ご訪問くださり、ありがとうございます!自然写真家であり、自然循環栽培(無農薬・無化学肥料・草生栽培)で自給自足を目指しています。その他、木工品を作ったり、天然酵母のパンを焼いたり、釣った魚を卸したり、観光バスの運転もしています。人生一度切り、自分の想うがままに生き、悔いの無い人生を歩みたいです。

掲載写真・文章等の著作権・版権・使用権等作品に附随する全ての権利は豊瀬恒介にあります。無断使用・無断転載は厳禁です。

掲載作品の販売もいたします。お問い合わせ下さい。

ブログ翻訳
ご意見お願いします
リンク
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
地域カウンター

ジオターゲティング
応援よろしく!


FC2ブログのランキングに参加しています。クリックしてもらえると、このブログがたくさんの人に読んでもらえるようになります。^^
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村←「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、一日ワンクリックお願いします。いろんなブログが探せますよ。
拍手する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
こけのオススメ







 









お買い物はこちら






こよみ



北海道-網走
提供:釣り情報フィッシングラボ

ブログ内検索
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Twitter