FC2ブログ
2018-11-29(Thu)

二つ目の卵

昨日、二つ目の卵が、産卵箱にありました

一昨日、産卵箱の中の敷物(麦の茎を切った物)を新しいのに換えた所でした

毎日寒いから、次に産む卵は春かなと思っていたので、驚きと嬉しさとちょっとの切なさに感動していました

そう、嬉しいだけじゃないですね

卵を産むたびに寿命が縮んでしまうので、想いは複雑です

こういう事は飼う前にも考えていたのですが、実際に産み落とされた卵とその親鳥を見てしまうと、以前とはまるで違った想いになります

でもこのペースで産み続けると、家族分4個の卵は一週間で産んでくれます

結構早いペースで、それはやはりうれしい

大事に、感謝して戴く、それは忘れる事は無い気がします




こうして5月の21日から烏骨鶏を飼い始めたわけです(卵を温め始めたのは5月1日)

今思うと、良い時期に買い始めたなぁとつくづく思います

約一か月ごとに3回に分け、卵を孵して来たのですが、それが良かった

最初の雛たちは、今、完全に大人の世代

次の雛たちが、まだ大人になってはいないけど、寒さに耐えられる体力を備えている

最後の雛たちは、まだまだ子どもで、厳しい寒さにはまだ耐えられないと思われる


食べ物の面では、最初の雛たちは昆虫類が少ない時期に育ったが、次の雛からは昆虫も最初から食べられた。

生活面でも、最初の雛たちは寒いので外遊びは若い時は少ししか出来なかったが、次の雛からは外遊びがたくさんできる気温になった

食べ物も運動できる環境も考えると、北海道のこの辺りでの養鶏を考えると、6月中旬に雛が孵るのがベストだとわかった

調べてわかった事と現実は、やはり少しのズレが有るので、やってみなけりゃわからない事が多い

食べ物の量や、病気への抵抗力、保温させる為の設備など、一番効率良く健康なヒナを育てるには、5月下旬に卵を温め始め、6月中旬に雛が孵る、自然の世界とほぼ一緒が一番良い

こうして実際にやってみると、自然って凄い!!!ってのを改めて実感する

そんな自然、最近はウサギの姿をあまり見ない、と言うか全然見ない

森が切られて裸の山だらけになったのが原因だろう

人為的に劇的に変化する自然環境、こんな田舎なのに、悲しい現実だわ

せめて自分だけは、自然界に悪影響の無い(少ない)、美しい生き方を貫かなきゃだネ


追記16時55分 
夕方、晩御飯をあげに鶏小屋へ行くと、3個目の卵が産卵箱にありました!

4日間で3個の卵。嬉しいけど、産みすぎ?
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2018-11-26(Mon)

命を産み落とす

初 卵

産んでくれました❗

烏骨鶏の卵は小さいのですが、それよりももっと小さい卵

産卵箱の中で、ちゃんと産んでくれました

朝見たときには無かったのですが、十一時過ぎに見に行ったらコロンと転がってました

手に持つとほんのり暖かくて、身を削って産んでくれたんだなって実感した

実際に、めんどりの寿命はおんどりより二割以上短命なのだそう

子どもたちにもそれを話したら、ちょっと悲しげな複雑な顔をした

心の中では、卵を産まなくても良いから、長生きして欲しいと

そう思ってるに違いない

でもね、必死に産んでくれた卵なんだから、無駄にせずに食べてあげた方が良いでしょうと話した



夕飯の時、ひとつの卵をどうやって食べるか話し合った

やっぱり卵かけご飯が良いのだろうけど、みんなで食べるには卵が小さい

焦って食べずとも自然養鶏なので二ヶ月は余裕で保存できるので、一人一個食べられるように四個生むまで待つことになった

でも烏骨鶏は冬は産まないはず

気長に見守るとしましょう




産んでくれたのは、多分五月生まれのようちゃんだ

数日前からご飯をばくばく食べ、昨日は産卵箱の中を念入りに見ていた

賑やかなところが苦手だったのに、みんなで集まって魚をつついている所にもやって来て、一緒に食べたりもしていた

いつもと様子が違ったので、もしかしたらとは思っていたが、やっぱりだった



このままみんな順調に育ってほしいものだ

噛みつき組は、今日も噛みつき組のままでした

今日も、一時隔離しました
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2018-11-24(Sat)

また流血の事態

昨日、烏骨鶏ピヨヨちゃん一羽が、血だらけになってしまいました

犯行現場は見ていないのですが、ピヨヨグループの中でも大きな顔し始めたカバちゃんの仕業の可能性が大

今朝もカバちゃんより先輩のイケメンちゃんを攻撃して、毛をむしっていました

このままではメスが全滅しかねないので、つつき癖の強めな雄3羽を隔離部屋に押し込めました

カバちゃん、シモサカ、ピーちゃん

三世代のつつき癖烏骨鶏が一部屋に入って、それは凄い世界

一番小さいカバちゃんが、一方的にやられてます

ちょっと可哀そうでしたが、大きな怪我をしない程度に見守る事に

しばらくすると順位が決まったのか、30分もしないうちに静かになった

順位は歳の順、体格も力も違うので当たり前ですが、こうも早く3羽が仲良くなるとは思ってもいなかった

つつき組の仲が良くなると、ちょっと怖いのが集団で誰かを襲うんじゃないかと…

それでまだ外には出していませんが、今日はそれ以外にも問題が!

気温が低い!

一番小さなヘタレちゃんと二番目に小さい一羽が、やっぱり寒さで震えている

外気温は氷点下6度、鶏小屋は閉め切っていると言っても、飲み水も凍るほどなのだ

今の所昨夜が一番の冷え込みだったので、それを乗り越えたのではあるが、やはり心配だ

動物性タンパクを沢山食べさせれあげれば良いのかもしれないが、突然そんな贅沢な状況になるのもどうかとも思う

いろいろ考えなきゃならない事だらけで忙しい




先日、飼料用にくず米と米糠を入手した

烏骨鶏たちには人間でも食べられるものを与えたいと思っているので、入手したくず米を食べてみることにした

入手したのは色の選別で出た物で、着色米やら虫食い米やらゴミやら入っている

炊いてみたら、炊き込みご飯の様な感じの薄い茶色っぽい色のご飯になった

食感は、若干水分が多かったのでぺチャリとしていたが、普通に食べられる!

全然不味くない

見た目がよろしく無いのではじかれるわけだが、そのお陰で格安で手に入る

魚も人間と同じものを食べ、野菜類も自然栽培のもの、主食の穀物も北海道産

人間でもこんなに安心安全な食べ物食べてる人っていないだろうに

うちの烏骨鶏たち、すごく贅沢な暮らししてます




先日、時間を割いて日帰りで魚を獲って来た

サンマ200~300尾(数は数えていない)

一日に魚を10尾くらい与えてますので、今回のサンマで一か月くらいは持ちます

お刺身グレードのサンマ、これまた贅沢です




烏骨鶏たちに生の魚を与えても大丈夫かどうか調べていますが、答えが出ません

魚自体は問題ないと思いますが、問題はアニサキス

カモメや鵜は魚を食べて生きているので問題ないのでしょうけど、烏骨鶏はどうなのか?

保護されていたトキはアニサキスで死んだという情報もあるので、実際の所がわかりません

今は一旦冷凍した物を与えてますが、出来れば生のままが自然の姿で良いのだろうとは思うのです

ただ烏骨鶏(ニワトリ)は、自然界では川魚は食べていたが海の魚は食べていなかったでしょうから、川魚を与えた方が良いのかもしれません

アニサキスの事、本当の所をご存知の方、教えてください



わからない事だらけで、毎日が楽しいです
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2018-11-20(Tue)

セレクト中

写真のセレクト中です

思いもしませんでしたが、結構いろいろ撮ってるなぁと実感

探し物がなかなか見つかりません


alone by Kousuke Toyose on 500px.com






最近、烏骨鶏たちが仲良くなってきました

鶏小屋に入れてから、順位付けの噛み付きが結構あったのですが、違う世代の雛が近づいてもお互い羽繕いしあったりするようになってきました

毎日見ている顔なので、みんなをしっかり区別して覚えているようです

よく噛み付く雛はみんなに警戒されてますが、おとなしい雛が誰かに近付いても、相手も気にしたりしません


雛たち全員ではないのですが、だいぶ名前も付けられました

長老組3羽
ピーちゃん(一番最初に孵化した子)
にこちゃん(2番目の子)
ようちゃん(3番目の子)

第二世代(ピヨっちたち)5羽
ピヨリダ(ピヨグループのリーダー)
シモサカ(顔の下にトサカがある)
アカツキ(赤く血で染まるほどに他の雛をつつきまくった)
イケメンちゃん(フサフサふわふわのたてがみで、格好良いイケメン)
チマ(アカツキに血まみれにされた)

第三世代(ピヨヨっちたち)10羽
ヘタレちゃん(病気でヘタレた事がある)
ベロちゃん(生まれた時ベローシスだった)
腰巾着(ヘタちゃんにいつもついて回って、美味しい食べ物を分けてもらってる)
カバちゃん(カバみたいな顔してる)
・・・残りはまだ名前が付けられない(見分けにくい)

まだ名前が無くても、ほぼ見分けられるようになりました!

個性がみんな強いし顔が違うので、結構見分けられるものです

全体のリーダーは二コちゃんですが、ピヨっちたちも急速に大きくなってるので、いつリーダーが変わるかわかりません

毎日変化があるので、本当は一日中鶏小屋にいたら楽しいのでしょうけどね


キタキツネの写真は、過去作です

独りぼっち

寂しいイメージが思い浮かぶ人が多いと思いますが、自分はそんなふうに見ていません

自由であったり、他から影響を受けない強さであったり、ポジティブなイメージが大きいです

今日19日、本格的な雪が降り、厳しい冬が始まりました

明日朝は、この写真のように銀世界が広がっている事でしょう
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2018-11-18(Sun)

大根とニンジン

雪の便りが届き、急いで大根とニンジンを収穫した

小さな畑でも、それだけで丸二日

抜き取って、葉を落とし、大方の土を水洗いして落とし、水を切って保存する

葉は大量に出るのだけど、今年は烏骨鶏たちの食糧となる

小さな実も、烏骨鶏たちへ

大きめのものは長期保存用、小さなものはすぐに食べる用

それぞれ分けて、ビニル袋へ入れ、コンテナへ詰める

冷たい場所に置いておくと、春まで持つと教わった

毎年こうして保存している



いつになく出来の良い大根とニンジンに育って、子どもたちに合格と言われた

それが何より嬉しい



今週後半には、真冬日になるらしい

今まで雪も積もらず外仕事が出来たけど、そろそろ土の見える景色とも、しばらくお別れかな

まだまだ仕事が残ってる

もう少し、雪よ待っててください




午前二時半過ぎ、写真の仕事も終わらないが、寝ないとまずいな

明日は鼓楽同士の舞台がある

また良い演奏、楽しみだ





にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2018-11-10(Sat)

何日か前の写真

画像の加工はあまり好きじゃないけど、ちょっといじくってみた


500px.comのKousuke Toyoseさんによる晩秋 





HDRとかなんとか言うやつ

昔、イラスト調の写真(CG)が流行ったけど、それに似てる

この時はまだカラマツが綺麗に見えたけど、今は葉がもっと落ちて色も褪せてきました

何気ない道のある風景

晩秋の一コマ
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2018-11-09(Fri)

やっとニンニク

今日、やっとニンニクの植え付けが終わりました

昨年はおよそ2000玉

今年は、1500玉くらい

植える予定の場所に大根がまだ植わってるので、仕方なく規模縮小

でも、それで良かったと思っています

何故って、今年、烏骨鶏の世話が大変で、一玉も商品として売る事が出来ませんでした

商品として売る事が出来なくて、今大量在庫を抱えて、さてどうしよう・・・根も出始めちゃったし・・・

生きものを育てて得られるものはたくさんありますが、時間と引き換えに他の事が出来なくなる事も、また多かったです



烏骨鶏の雛たちは、

頭を噛み付かれた雛の傷はまだ痛々しいですが、傷口も塞がり元気にしているので、回復も早そうです

他の雛たちも日に日に大きく育ち、一番小さな雛も、今日から他の雛に噛み付きを始めました

順位付けの噛み付きのようですが、烏骨鶏に生まれなくて良かったなぁとつくづく思います

餌は相変わらずくず米・クズ麦・米糠・ホタテ貝殻・牧草・大根・お茶っ葉・釣った魚など、国産の安全な食べ物だけを与えて育て続けています

小屋の中に産卵箱も設置したのですが、産卵箱と言うよりも寝床化しています

夕方になるとピーピー鳴きながら産卵箱に勝手に入ってしまうので、卵を産む前にちゃんと寝床の場所を作ってあげなくてはいけないようです

今の就寝時刻は、大体午後の3時40分

コケコッコーと朝鳴くのは、朝の6時頃

結構長時間寝てます

昼間は気分が良いとコケコッコーと鳴くようで、自分が見に行った時やご馳走食べた時なども元気に鳴いてます

一番小さな雛たちは、ずいぶん飛べるようになってきて、背中に乗ったり頭に乗ったりしてきて、すごくめんこいです

うんこを我慢したり場所を決めたり、という事は出来ない性質のようで、背中や頭でする事も・・・

まぁ、毎日楽しく烏骨鶏たちの世話もやってます



美瑛は、カラマツの黄葉も、終盤です

山には雪もありますが、平地は全然雪がありません

こんなに本格的な雪が遅い年も、自分がここに来てから初めてかもしれません

異常気象、なのでしょうね

温暖化防止は、一人一人の心がけと行動、それだけです

未来を生きる人々の為に、今やるべき事

一人一人が考えて行動してほしいです
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2018-11-06(Tue)

全員小屋へ

一昨日から、烏骨鶏の雛たち全員が、鶏小屋に引っ越しました

今までおよそ半年間、ずっと机の上にいた雛たちがいなくなって、正直寂しい

外の鶏小屋にいるとは思っていても、声もあまり聞こえず、机の上の温度も低くなり、殺風景な感じです


小屋に引っ越しても、まだ夜の寒さは厳しいので、夜は育雛箱に入って寝ています

朝、餌を与えに行くと、すでに全員育雛箱から飛び出して、土を掘り、地面をつついて食事中

みんな仲良し、とは上手く行かず、今日はまた流血の事態です

後頭部を噛み付かれ、血が流れるほど皮膚まで切れてしまいました

二番目の雛のおそらくメス、控えめのおとなしい美人さんなのに、なぜか狙われる

怪我させたのは、二番目の雛のおそらくオス

怪我したメスらしいのより、二回りほど大きく力も強い雛

朝見た時は、後頭部から血が滲んだだけだったのに、昼前に行ったら血が流れた跡があった

さらに午後、毛もむしられ新しい傷も出来て、ひどく痛々しい姿になってしまった

夕方、ねぐらの育雛箱に戻した時にも噛み付いていたので、かなり暗くなるまで箱の外に隔離して、目が見えなくなるくらい暗くなってから育雛箱に戻した

噛み付きの原因はいろいろあるらしく、ストレス、栄養不足、淘汰などなど・・・

一羽たりとも死なせたくないので、噛み付く方、或いは噛みつかれる方を隔離しなければならない




話は違うが、烏骨鶏たちの冬の食糧として、畑のハコベを一輪車一台分冷凍保存した

冬にどれだけ食べるのかわからないけど、一輪車3台分くらいは緑餌を確保するつもりだ

本当は牧草サイレージを作りたかったのだけど、サイレージ(乳酸発酵の飼料にするには40~60%の水分量に調整する必要があるらしい

水分調整した緑餌は、密閉された容器にギュウギュウ詰めされ、空気が遮断された状態でおよそ一か月の嫌気(乳酸)醗酵すると、最高の餌に成るそうだ

今年はもう間に合わないので、来年はサイレージを作りたい



昨夜は久しぶりに写真の編集をして、睡眠時間が3時間ほど

もう限界的に眠いので、おやすみです
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


プロフィール

豊瀬 恒介

Author:豊瀬 恒介
ご訪問くださり、ありがとうございます!自然写真家であり、自然循環栽培(無農薬・無化学肥料・草生栽培)で自給自足を目指しています。その他、木工品を作ったり、天然酵母のパンを焼いたり、釣った魚を卸したり、観光バスの運転もしています。人生一度切り、自分の想うがままに生き、悔いの無い人生を歩みたいです。

掲載写真・文章等の著作権・版権・使用権等作品に附随する全ての権利は豊瀬恒介にあります。無断使用・無断転載は厳禁です。

掲載作品の販売もいたします。お問い合わせ下さい。

ブログ翻訳
ご意見お願いします
リンク
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
地域カウンター

ジオターゲティング
応援よろしく!


FC2ブログのランキングに参加しています。クリックしてもらえると、このブログがたくさんの人に読んでもらえるようになります。^^
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村←「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、一日ワンクリックお願いします。いろんなブログが探せますよ。
拍手する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
こけのオススメ







 









お買い物はこちら






こよみ



北海道-網走
提供:釣り情報フィッシングラボ

ブログ内検索
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Twitter