FC2ブログ
2019-06-28(Fri)

強行フィッシング

久しぶりに紋別行ってきました

結果から・・・15センチ前後のチカが87匹でした

十日分くらいの烏骨鶏たちの餌になる量ですが、まだまだ足りないので近日中にもう一回行きたい所です


朝、娘を駅まで送り、夜に娘が駅に到着するまでの間に釣りに行く!

紋別までは片道約3,5時間、往復7時間

釣ってる時間って、ほとんど無い~~~

で朝、娘が起きる前に烏骨鶏たちの餌やりを終わらせ、夕方の分の餌も入れておく

チカ釣は基本サビキ釣りなので、エサはいらない
(けど、地元の人は撒き餌たくさんまく人と、サビキにオキアミを付ける人がいた)

持ち物は少なくて、竿と仕掛けとクーラーボックス・ライフジャケットだけあればOK!

現地に到着すると、結構人がいた

でもほとんど釣れてなくて、水も濁っていて釣りにくい

自分の得意とする釣り方は、見えてる魚のやる気スイッチを入れて誘う釣り

水が濁ってると、魚が見えなくて、どこにいるのかもわからない

とにかく誘ってみるけど、魚の数も少ないみたいだった

地元の釣り師たちは、寄せ餌を沢山まいて釣っていた

寄せてしまえば、サビキに食い付く

サビキにオキアミをこすり付けてる人も、たくさん釣っていた

やはり、本物の餌には敵わなかった

今度行く時には、一応オキアミも持って行く事にしよう

水が澄んでいれば誘う釣り、濁っていれば本物の餌を使う

釣り方もこだわりたいけれど、まずは烏骨鶏たちの餌の確保が優先なので、とにかくたくさん釣りたい

そろそろイワシも港に入る頃だから、次回は日本海方面かな



美瑛は観光客でにぎわってます

マナーの悪いドライバーも、いつもよりたくさんいます

ゴミも至る所に捨てられてます

風景的には麦秋がそろそろ見頃、ジャガイモの花もそろそろ見頃

良い季節ではあります

昔のように、行先も決めないようなゆっくりな旅スタイルの人が増えてくれたらいいのにな

今の多くの人は、猛スピードで目的地巡りだけで、周りを見る余裕すらない人ばかり

自分で、自分だけのお気に入りの場所を探したらいいのにね
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2019-06-20(Thu)

田植えの話

およそ一か月前

田植えの仕事をさせていただきました

自身では自然栽培をやってて農薬やら化学肥料がきらいな身ですが、一般的な農業がどのようなものかを知りたい事もあって、少しだけ農業の仕事をさせていただきました

自分がやったのは、田植え機に乗って苗の補充と植え付けチェックです

田植え時期に見た人もいると思いますが、田植え機の運転手とその横に立ってる人がいて、自分がやったのは横に立ってる人です

見てるだけだと楽な仕事に見えるかもしれませんが、実際に乗ると揺れるし座れないし苗の補充に前向いたり後ろ向いたりしなきゃならない。

それに苗がちゃんと植わってるかチェックしなきゃならないのですが、補充の合間に見てるのにちょっと目を離したすきに10メートル以上苗が植わって無かったりする。

そうなると、田植え機を戻して再度植え直しになり、結構な時間的ロスにもなる。

更に、苗を植えると同時に肥料をまきながら、除草剤も一緒にまく。そのチェックも作業をしながらやらなきゃならない。

今回10町の田んぼの田植えを五日間で行ったのですが、田植えは植えるだけではありませんでした。(一反が約300坪、一町が10反で3000坪、10町が30000坪)

ビニルハウスで育てている苗を運び出して、田んぼに持って行く。

その為には、根を張った苗を、地面から剥がして軽トラに積み込む。

積み込んだ苗を、田んぼまで運ぶ。

軽トラの苗を田植え機に乗せ換え、植えつける。

その作業毎に人が付いて、無駄な時間の無いように仕事を進める必要がある。



はっきり言って、こんな大変な仕事だとは思っていませんでした

当たり前の事ですが、今年の作業は始まったばかりなので、収穫までいろんな作業が続きます。

そうして育ったお米が、最終的に食卓に並ぶのですが、お米もまた値段が安すぎると思えました。

作業も多く、人員も多く必要で、肥料や薬品も使い、機械も専用の物がたくさん必要になる。

一反あたり10俵収穫できるとして、一町で100俵、10町で1,000俵、1俵60キログラムなので、10町で60000キログラム

10キロ4000円で小売されているとして、2400万円の売り上げ。ですが卸値は大体その半額で1200万円。

そこから人件費や各種諸経費を引いたら、一体どれほどの利益が残るのか…

正直な感想で、割に合わない!と思いました


そしてこの機械化された農業と自分の自然栽培農産物とで価格競争をする事になってしまったら、太刀打ちできないと思います。

さらに安い人件費の外国産の農産物と戦う事になったら、国内の農業は終わりかなと痛感しました。




グローバル化が叫ばれる今日、世界の農産物と戦える農業を・・・なんて聞こえてきますが、どうなんでしょうね

いくら効率を追求しても、作物自身の生育が劇的に早まる訳でも無いし、収穫量が劇的に増える訳でも無い

農業は、国土の保全と、国民の生命を守る為にあるという基本に戻るべきだと思います

政府がやるべきは、国際競争力を付ける農業ではなく、食料自給率100%以上を目指す事でしょう

食品の輸入関税を減らすのではなく、関税を増税し、国内生産を増やす



自分が子どもの頃、農業は頭が悪くても出来る仕事と聞いた事がありました

今、自分が自然栽培をやってて、農家の仕事を実際にやってみてわかった事は、農業は頭が悪くちゃ出来ないということ

現代のハイテク農業なら、なおさらです

そして直感も必要

これだけ頭も使って身体も使う仕事って、他に無いです

どこかに勤めるのも良いけれど、農業って多くは自分が社長で平社員、営業ももちろん経理だってする

こんなにやり甲斐のある仕事は他に無いですきっと




モミまきに始まり田植えもやらせてもらって、夏には他の農家さん(今度は有機栽培)にも仕事に行く予定です

農業者にはもう年齢的にもなれないけれど、せめて現場を知って今後の活動に生かせたらいいかなって思います



眠い…
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2019-06-18(Tue)

岩魚

朝、娘を駅まで送ってから、烏骨鶏たちの餌の為に釣りに行こうと思っていました

予定通り娘を駅まで送り、一旦帰宅してから烏骨鶏たちのエサやりをしたら、女子たちに取り囲まれ身動きが取れなくなってしまった

みんな夢中でエサのイワシなどを食べ、食べ終わる頃になると足やら腕やらを嘴でツンツンして来る

このツンツン、抱っこやナデナデをねだる合図なんです

仕方ないので抱っこしてナデナデしていたら、他の子もねだってくる

みんなを順番こに抱っこしてあげてたら、1時間くらい経ってしまった

そんなこんなで時間が過ぎ、出発前に畑をちょっと眺めてみたら、雨のお陰で草ボウボウ

これは草取りもしなきゃと始めると、更に1時間ほど時間が経ってる

今日はもう餌の為の釣りは無理と諦め、畑仕事に精を出す

午前の仕事を終え、昼飯までの少しの間、近所の川に歩いて釣りに行ってみた


先日息子と釣りに行って、ニジマスとヤマメが釣れた所だ

その時は緑の草木も少なく快適に歩けたが、今日は笹が生い茂り、熊も出そうな雰囲気で歩きにくい

でもいかにも渓流釣りって感じがする


餌は前回同様、畑のミミズ

今日は餌のミミズ10匹だけで、昼までに何匹釣れるかやってみた

一投目、すぐにヒット!

きれいな岩魚だ

二投目、またまたヒット!!

きれいなヤマメだ

魚がスレてないので、気持ち良い位に渓流魚が釣れしまう

7センチくらいの小さいヤマメから、20センチくらいの岩魚まで、全部で12匹も釣れてしまった

餌のミミズはまだ3匹残っていたけれど、腹も減って来たので帰る事にした



帰宅すると、烏骨鶏たちが出迎えてくれた

残ったミミズは、二コちゃん♂と、今日卵を産んでくれたヘタ2号ちゃんにあげて来た

ちなみに釣った魚はみんな元気だったので、リリースしてきた

もうちょっと大きくなったら、塩焼きにでもして食べてみるかな



近いうち、今度は烏骨鶏たちの餌を釣りに、どこかに行きたいと思っています

さて午後の仕事、これからピーちゃん♂と一緒に畑の草取りです

ブルーベリー周りの草取りを、今日で終わらせたいです
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2019-06-18(Tue)

病気のお話

記憶に新しい先月の5月の終わりごろ、猛烈に熱くなった日が数日ありました

その時の週の平日は、田植えの仕事に行ってて、我が家の烏骨鶏たちとは朝晩の食事の時にしか会えませんでした

外気温は35度位、最高最低気温が記録できる温度計を鶏小屋に設置しているのですが、記録で41度にもなっていました

烏骨鶏たちの体温が大体40度、体温より気温の方が高く、しかも羽毛をまとっていながら汗をかいて身体を冷やせない構造なので、かなりきつい状態だったに違いありません

何となく具合が悪そうな様子は、朝晩の一瞬だけ会える時にわかったが、仕事を休むわけにもいかない

いや、休めばよかったと今では思っているが、その時はさらに具合が悪くなるとは思ってもいなかった

一週間の田植え仕事が終わり、ゆっくり烏骨鶏たちの様子が見られるようになった時には、18羽いるうちの2羽がかなり衰弱してしまった

暑さで体力が落ちた拍子に、おそらくコクシジウムに感染したのだろう(寄生虫病だが人間にはうつらない病気)、血便まで出ていた

養鶏場なら、全ての鶏を殺処分にするような病気だ

でも自然養鶏なら治せる、と言うのも雛の時に同じ病気になった事があり、ミミズとバッタとヨーグルトの納豆和えと醗酵飼料を食べさせたら、あっという間に治ってくれた

今回もそうしようと思った矢先、衰弱した2羽(シモサカとヘタちゃん)のうちの1羽(ヘタちゃん)が雄どもに集団リンチを食らって、トサカから大量の出血と左目が完全に見えなくなるほど目をつつかれ顔もいびつになってしまった

とにかくその一羽(ヘタちゃん)を隔離し、他の雄にいじめられない様にした

隔離はしても、餌を食べようともしなくて、二日ほどほとんど飲まず食わずで身体も小さくなっていった

そしてもう1羽の雄(シモサカ)も食欲も無く、止まり木に止まったまま目も開けられなくなってしまい、その翌日の朝には地べたに落ちてしまい他の雄につつかれるも逃げる事も出来なくなってしまった

その時は、もうダメかと思った

隔離した一羽の方(ヘタちゃん)は、自力でだんだん食べられるようになり、視力も二日ほどで戻ってくれ、一週間もすると以前のように元気になってくれた(顔は歪んだままだったし、トサカは今でも傷が残ってる)

地べたに落ちて動けなくなった方(シモサカ)は、その時は目も開けられず、身体を叩いてもすぐに眠ってしまい身体に力が全く入りもしなかった

その後は猛烈な暑さの日は無く最高でも22度位、これだと体力が落ちた鶏には気温が低すぎるので、仕事部屋に連れて来て37度位の保温マットの上にダンボール箱を置き、その中にシモサカを入れた

最初はピクリともしなくて、本当にダメかと思っていた

強制的に水を飲ませ(くちばしに水を伝わらせる程度)、半日もすると少しだけ目を開けられるようになった

体温も上がって身体が少し楽になったのか、顔を上げる事も少しできるようになった

「何か食べさせたい」そうは思っても、嘴を食べ物のある所に上手に運ぶ事も出来ないし、力が入らないために米粒や菜っ葉をくわえてもすぐに落としてしまう

こうなったら強制的に食べさせるしかないと思い、ミミズを十匹ほどつかまえて来て、嘴を無理やり開けてミミズを一匹ずつ押し込んだ

モグモグ、ごっくん!

一匹、そしてまた一匹と、ゆっくりだが全部のミミズを飲み込んでくれた

食べるのに疲れたのか、箱の中に入れるとすぐに眠ってしまった

一度食べると3時間ほど眠り、そしてまた食べては眠るを繰り返す

食事にはミミズ、そして二か月以上熟成させたヨーグルトを与えた

日に日に元気になっては行くけれど、食べるとすぐに眠ってしまう

病気になるとよく眠るのは、人間も烏骨鶏も同じだった

そしてシモサカが仕事部屋で過ごし始めて一週間ほど経った朝の4時頃、ゴソゴソっと箱の中で動く音がしたと思ったら、「コケ~コ~」と、元気な時に上げる雄たけびを披露してくれた!!!

その日は3回位鳴いたかな、その頃には小麦も食べられるようになっていたので、小麦とヨーグルトをあげて、もうひと眠りさせてあげた



現在、ヘタちゃんは隔離しなくてもイジメられそうな時には逃げられる様になり、顔のいびつなのも治って、かなり元気になりました。

シモサカも、普通に鶏小屋には入っていますが、完全に調子は戻って無くて、今まで喧嘩で負けなかった相手にも追い回されてます。

なので自分が畑仕事する時は、一緒に畑に出て仕事(草取りや虫取り)を手伝ってもらってます。

コクシジウムと思われる症状は一切再発して無くて、他の鶏にもうつっていません



今回、病気のヘタちゃんとシモサカを見て来て、いろんな事を思い考えました

何の為に働いているのか

家族って何

住環境

食事の事、食べ物の事

烏骨鶏との過ごし方

大切なものって、何だろうとか



人間やっぱりね、自分が食べるものは自分で育てたり、狩りをしたりしないといけないんじゃないかと

お金で済ませるなんて、無責任かもって思うのです

お金で得るも捨てるも出来ると、食べ物を粗末に出来ちゃうじゃないですか

自分で育てたら、大事に食べたいって思うんですよ

それに大事に食べてくれない人になんて、いくらお金を積まれても絶対譲るものかとも思うんです

烏骨鶏たちが苦しみながら卵を産む姿を見ると、卵一つも無駄にはしないって思うんですよ

産む所を見た事が無い人が、一個十円の卵を買ってきたとしたら、落として割れちゃっても「床が汚れちゃったよ」程度にしか思わないかもしれない

でも卵を産む姿を見ていると、絶対に卵を床に落とさないぞって、慎重に扱うようになるんです、命だから




今回働きに行って、烏骨鶏二羽が死ぬかもしれない状態になって、これじゃいけないって思いました

家族が生きる為に働いているのに、今は家族の一員のヘタちゃんとシモサカが死にそうになってるのに仕事に行ってしまうって、何か違う

お金を稼ぐ為に生きる、・・・いやいや違うよ

生きる為に必要なだけお金を稼ぐのであって、必要以上に稼がなくたっていい

お金はあればあっただけ良い、そんな事は無い

必要な分だけでいい



経済的発展が、この国の目標みたいになってるけど、経済はこれ以上発展しなくて良い

お金持ってると、くだらない不要なものまで買いあさって、ゴミだらけ

それをお金払って捨てて、また買っては捨てる

経済的に豊かになると、人間がダメになる

自分で出来るはずの事を、他の人にやらせたり、道具にやらせたりする

そして自分じゃ何もしなくなり、何も出来なくなる

人にやらせるも道具にやらせるも、お金が必要になるから、必死にお金を稼ぐようになる

お金を稼ぐようになって、他人に仕事をさせると、お金貰える人からペコペコされるもんだから偉くなったように錯覚する

ちっとも偉くないのに威張り腐ってお腹も出て来る

負の連鎖が始まる

地球温暖化も、食糧問題も、果ては戦争も



自分で食べるものくらい、自分で何とかする、それが人間の基本の様な気がしてならない

略奪とか、お金で解決じゃなく、自分で育てたり狩りをしたり・・・

五感をフルに使って、地球の資源を循環させる

その循環に、自分の人生も組み込めるように

自然と一体になり、最後は地球の一部になる

地球や他者の破壊者ではなく、地球と言う自然の一部として生きる

そして死んで行く

発展じゃなくて、豊かな自然環境・生活環境を、後世に残す

それこそが大事なはず

みんなぶっ壊して、コンクリートとプラスチックで埋め尽くされた世界なんて、後世に残しちゃいけないと思うんです

核なんて以ての外

そろそろ皆で豊かな暮らしを、し始めても良い時代になったと思うのですけどね
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2019-06-09(Sun)

携帯電話の基地局設置

およそ一か月、ブログ記事を書けずにいましたが、いろいろありまして・・・

子どもたちの部活や大会、土日を含む駅(高校)への毎日の送迎、自分がやってみたかった田植えの仕事、その他様々な手続きなど、このまま続いたら過労死しそうなくらいの慌ただしい日々でした

ようやくひと段落した今でも、朝5時頃には起きて烏骨鶏の世話、畑仕事、そして娘を駅まで送ってから朝食、息子がスクールバスで学校へ行くのを見送ってからまた畑仕事、昼休んでまた畑仕事をして、夕方息子がスクールバスで帰宅して、夜は娘の迎えに駅まで行って、夕食。その後写真の編集などをして寝られるのは大体1時過ぎ。風呂には入る日もあれば疲れて入れなかったり…

途中でパソコン仕事中に寝落ちしている事も多いので、睡眠時間は4時間以上の事もあります


そんな慌ただしい日々の途中に、烏骨鶏たちの二羽が体調悪くなったりもしました。

その話題はまた後日しますが、死んでしまいそうなくらいに衰弱してしまったのですが、今は無事に元気になってくれました。

18羽全員元気です!


で、タイトルの携帯電話の基地局のお話・・・

我が家はずっと携帯圏外で、自宅に居ると携帯電話がほとんど使えないでいました

そんな時に電波法の改正で、2022年には使っていた携帯が使えなくなるとかで、無料で新しい携帯と取り換えてくれるキャンペーンを開催中との事!

その新しい携帯だと、我が家も圏内になるらしく、使っていた古い携帯電話も調子が悪くなったので、思い切って取り換えてもらうことにしました

今まで使っていた電話では、電話の基本が980円位(無料通話1000円分付で5000円分まで繰り越し可能)、メール機能が300円位、合計で1300円位の月額料金でした

新しいプランでは月額980円位で無料通話が1000円分込みは同じですが、繰越不可能。

ところが家族でau携帯同士だと通話料無料になるという!

娘が帰宅時などに連絡をするのに公衆電話だったのですが、公衆電話でも月に1000円分くらいになってしまうので、思い切ってもう一台購入する事にした

二台の携帯電話を持ち帰って、いざ自宅で使おうと思ったら、やっぱり圏外!!!話が違う(怒”)

どうにかならないものかとauのHPを見てみると、本当は電波の圏内なのに圏外になる人にはフェムセトルなる機械を無料で付けてくれるという

使ってる電波も強烈なものでは無いらしく、身体には悪影響も出ないらしいので、その機械をお願いする事にした

問い合わせから一週間も経たずに調査に来てくれ、二週間後に機械が届くはずが二週間も経たずに機械が届いたので、昨夜早速取り付けた

設置からおよそ40分、めでたく携帯の圏内になって、普通に携帯電話が使えるようになりました。

ところが何の不手際があったのか、今まで使えていたIP電話(ネット電話)が使えなくなってしまいました

050番の電話が、何をどうやっても繋がらない

原因がわからないので、電話を掛ける方は通常回線の0166-95-****番の方で掛けてください

携帯電話もつながるので(夜間は切ってますが)、そちらでも構いません

携帯電話は便利な道具ですが、自分の時間を邪魔される事も多いので、常に使いたいとは思っていません

何かに集中したい時には、今まで通りに電話には出ませんのであしからずご了承ください

それから今まで使っていた携帯電話のメール機能は止めてしまったので、メールは届きません。SMS(電話番号で送れるショートメール)は使えますので、こちらでお願いします。



いろんな人にスマホを勧められますが、使う気は起きないんです

あれ使うと、脳がやられる事が多いので、子どもにももちろん自分でも使いません

(若年性)認知症もそうだし、ぽかん症候群もそう、いろんな精神疾患を引き起こす事がわかってます

便利なグッズには違いないと思いますが、それに操られる人間にはなりたくないし必要無いので、スマホは止めときます

ブレーキとアクセルの踏み間違いや、走行車線逸脱なども、スマホが原因かもって思ってます

自分の事しか考えられなかったりってのも、きっとそうなんでしょうね。恐ろしい時代です。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2019年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


プロフィール

豊瀬 恒介

Author:豊瀬 恒介
ご訪問くださり、ありがとうございます!自然写真家であり、自然循環栽培(無農薬・無化学肥料・草生栽培)で自給自足を目指しています。その他、木工品を作ったり、天然酵母のパンを焼いたり、釣った魚を卸したり、観光バスの運転もしています。人生一度切り、自分の想うがままに生き、悔いの無い人生を歩みたいです。

掲載写真・文章等の著作権・版権・使用権等作品に附随する全ての権利は豊瀬恒介にあります。無断使用・無断転載は厳禁です。

掲載作品の販売もいたします。お問い合わせ下さい。

ブログ翻訳
ご意見お願いします
リンク
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
地域カウンター

ジオターゲティング
応援よろしく!


FC2ブログのランキングに参加しています。クリックしてもらえると、このブログがたくさんの人に読んでもらえるようになります。^^
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村←「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、一日ワンクリックお願いします。いろんなブログが探せますよ。
拍手する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
こけのオススメ







 









お買い物はこちら






こよみ



北海道-網走
提供:釣り情報フィッシングラボ

ブログ内検索
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Twitter