FC2ブログ
2020-04-30(Thu)

畑はじめ

今日から、畑作業を本格的に始めました

まずは玉ねぎやニンニクなど、昨年収穫をした時に取り残されてしまったものを掘り起こしてコンテナへ

万能長ネギも掘り起こし、密集している物を株分け

畑にまいてあった刈草などと一緒に、耕耘機で畑を起こす

イモムシの集団が土から出て来たので一旦畑仕事を休み、烏骨鶏の食事用に捕獲

ついでに烏骨鶏たちに餌をやり、今朝干しておいた魚を冷凍庫にしまい、再び畑仕事

息子が学校休みだったので手伝ってもらえたおかげで、面倒な長ネギの株分け→植え付けも一気に片付き、今日の畑仕事を終えました

その頃には空は青くなり、オオジシギやヤマシギが空を駆け、静まりかけた冷たい空が、案外賑わっていました


明日は今日の続きで、耕耘が終わった畑にいろんな種をまく予定です

とその前に、平日なのでバスの仕事が待ってます。終わってから畑です

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2020-04-29(Wed)

方向転換

新型コロナウィルスによる都市閉鎖など、過剰な反応をしているアメリカやヨーロッパの国の一部に方向転換の動きが出始めてきた

このまま対策し続けると、経済が破綻するらしい

産業界が身動き取れず、仕事もなくなり、税収もなくなる

こうなる事くらい、最初から分かっていたはずだ

しかし、人の命よりも、経済の方が大事とは、呆れてものも言えない

感染者が増え続け、増えない様に人の動きを止めても、相変わらず感染者の数は増え続けている

自粛しても期待したほどの効果はなく、何よりそれほど怖いウィルスでも無いこともわかって来たからだ

他の病気と比較すらしなかったのだろうか?

薬やワクチンが無いからと、ただただ恐れてしまった

重症者や死者は、元々疾患のあった人や高齢者が多くを占め、かなりの人は無症状や軽症

抗体を獲得してしまった人も、かなり多数いるそうだ

特別扱いする必要がなくなる日も、そう遠くない気がする




手に消毒をした所で、手以外の場所の消毒はしておらず、感染対策には全くもって不十分

マスクも同じで、ウィルスが素通りしてしまう様なマスクを国が国民に配っているようでは、マスクをしている意味さえ無い

手作りマスクも、効果なんてほとんど無い

病は気から、とはよく言ったもので、ほとんどの人が対策している事は、気分の問題程度にしかならない

こんな事を書いていると、物凄く批判されるし相手にされなくなるのは目に見えているが、やるなら出来る範囲で完璧にやらないと意味がない

同じ物を使っても、効果を発揮させる使い方と、ほとんど無意味になってしまう事だってあるのだ

街で見かける光景は、無意味なものが非常に多い



日本もそろそろ方向転換するべき時だと思う

スウェーデンを見習うべきだ

そして、国民一人一人が、自分の意志を持って、自分で考え行動するべきだ

マスコミや政府の言ってる言葉通りの人ばかり

こんなんじゃ、日本はダメになり切ってしまう

最近の日本は、ある意味恐ろしいとさえ思える
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2020-04-27(Mon)

白鳥の湖

今年の白鳥撮影を振り返って、反省点も多々あり

ダイナミックに飛ぶ所が撮影のメインになりがちで、普段の生活に密着せず・・・

美瑛では、どんな暮らしをしているのか、どんな行動をしているのか、誰と居るのか、などなど

見ておいた方が良い事がたくさんあるのに、時間的に厳しいのもありますが、見落とした所ばかりが悔やまれます

また来期の課題として、記録・記憶しておきたいと思います


白鳥の湖 by Kousuke Toyose on 500px.com






白鳥の湖、こういうカットが撮れるのも、町内はあまりありません

許可を取れる場所、取れない場所、許可の必要のない場所がありますが、どこで撮るにも一度は現地看板なり・管轄する管理事務所に問い合わせ・確認が必要です

あるダム湖では、立ち入り禁止のチェーンやロープがあるにもかかわらず、中で撮影している人も見受けました

そこは以前自分が撮影したくて管理する役所に問い合わせた時、許可できない旨言われた場所でした

知ってる人も入っていましたが、「みんな入ってるから良いんじゃない?}と安易すぎる回答

撮影場所も、釣り場所も、そういう人が後を絶たないから、立ち入り禁止になって行くのにね

困ったちゃんばかりの日本です




話は変わって、中学校、高校の部活動のメインイベント「中体連」「高体連」が、新型コロナウィルスの影響で中止になってしまいました

3年生はこれで部活も終わってしまうので、可哀そうです

2年生も、先輩と出場できる最後の大会で盛り上がるのに、ガッカリです

1年生は、初めての大きな大会で先輩方の雄姿を見られ良い経験が出来るのに、残念です

せめて入場制限して、試合する人のみ会場入りできるなどの方法で、開催してほしかった

「何か問題が起こったら責任はどうとるんだ」、という事でしょうけど・・・

自然の摂理、それを忘れず暮らしていれば、自然発生の現象はうまく付き合う以外ない、と思うのは少数意見で取り上げられないのでしょう



たった一人になったとしても、自分の意見が正しいと思うのなら、それを覆す事実が見つからない限りは言い続ける

根拠のない今の後手後手の対応では、解決するまでの期間を長引かせるばかりで、健康・経済的被害は拡大すると思います
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2020-04-26(Sun)

不要不急の

不要不急の外出は控えます

が、昨日の土曜日、また釣りに行きました

今時期を逃したら、子持ちチカは釣れなく(食べられなく)なりますので、食材確保の為です

普通のサラリーマン世帯でしたら、多くの場合はレジャーでの釣りになりますが、我が家では食料確保なので、命にかかわる重大事

家族分の食糧は、親が何とか調達しなければなりません



子持ちチカ狙いなので、今回も日本海側の漁港へ

外出自粛要請が出ているので、まぁまぁどこも空いていて、港も空いていました

お隣さんとはゆうに2メートル以上離れるし、話をする訳でも無いので、万が一の場合でも感染のリスクは極めて低いです

午前9時くらいから雨が強く降り出した昼頃まで3つの漁港をさまよって、およそ80匹のチカが釣れました

前回はメスはほぼ子持ちでしたが、今回は一か所の漁港だけ子持ちで、他は産卵後

時期的に、子持ちチカは終了間際でした



雨が降って早上がりで帰宅したので、昨日の夜はチカを刺身でいただきました

新鮮なチカはとても脂が乗ってて、産卵後でもお皿に脂がギラギラするほど

しっかりした歯ごたえと、脂の乗りが絶妙で、格別でした~^^

残りは塩水に漬けてあり、今日は雨だったので干せませんでしたが、明日には塩焼き用に干そうと思っています

前回造った塩焼き用のチカは今日焼いて食べましたが、これまた卵がおいしい!

子どもたちもチカの頭ごとバクバク食べてくれました

生臭くも無いので、魚嫌いでもきっと食べられると思います



ニュースで不要不急の外出は控えるように言ってます

どこかの海で潮干狩りが始まったそうですが、ハンドマイクで不要不急の外出はしないよう警告しているらしいですね

潮干狩りの様に人がごった返すような環境にもならない場所で、そんな警告しなくても良いと思うのですがね

いろいろ面倒くさい時代だなぁって思いますね

だいたい潮干狩りって、不要じゃないし、急ぎでも無いですよね

感染しないようお隣さんと距離を取って楽しめば、別に良いんじゃないのって思いますよ



そんな事より、根拠もないマスク着用や、使い方を間違った消毒液の使用をやめた方が良いんじゃないかな

新型コロナウィルスの拡散は、おそらく止まりません

普通の風邪、或いはインフルエンザと同じ扱い程度にした方が、かえって医療崩壊も起こらず、多くの人に抗体が出来て終息も早まるはずです

重症化リスクの高い人を優先的に隔離して、万が一の場合にも優先的に治療できる体制を整え、リスクの低い人は抗体を早期に獲得する

仮にワクチンが出来た所で、インフルエンザのように効かない場合もあるでしょう

ワクチンを投与した方が、インフルエンザのように危険になる人もいるでしょう

いつ出来るかわからないし、出来たものが安全か危険かわからないものに期待するより、今出来ることは個人個人の免疫力を高め、抗体を獲得する事だと思うのです

新型コロナウィルスは無くならない

地球人として付き合って行くには、新型コロナウィルスに抵抗できる人間になる事です

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2020-04-24(Fri)

渓流の王者



いろんな意見がある中で、なかなか説得力ありますね

全部見てないけど…(^_^;)



今日、自宅近くの川へ、息子と釣りに行きました

岩魚とヤマメが、全部で14匹釣れました

二匹だけ持ち帰り、夕飯に頂きました

さすがに渓流の魚、川魚臭くなくて、とっても美味しかったです

生きるって、こういう事だなって思いました

魚の命を奪い、自分の命を繋いでゆく

そこに無駄なんて何もない

命の循環です
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2020-04-22(Wed)

肺炎で亡くなる・・・

厚生労働省のデータによると、人口動態統計見ればわかる通り、年間10万人は肺炎で亡くなっている
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/81-1a.html
一日当たりおよそ300人

インフルエンザそのもので亡くなる人も、一日で50人近くになる(肺炎や他の症状になった場合を含めないにもかかわらず)

新型コロナウイルスの致死率は約2%

SARSでは約10%、MERSでは約34%

新型コロナウィルスの致死率は、インフルエンザとそれほど変わらない

感染力も、それほど強い訳でもない

正しい過去のデータを読み取り、新型コロナウィルスのデータを照らし合わせ、そこから正しい判断をすれば、それほど怖いウィルスでも無いのは理解できるはずだ

それが何故、これほどまでに世界を過熱させているのだろうか???



高齢者や疾患のある人は重症化するからだろうか?

いや、それは他の病気でも変わらない

薬が無いからか?

いや、インフルエンザはワクチンや薬があるにもかかわらず、薬の無い新型コロナウィルスよりも被害が大きい



正しい判断をすればするほど、情報に操作されていると理解できるはずだ



それで使っているマスクは、WHOでさえ、する意味に疑問を呈している

意味のないマスク着用は、他人に対して「私はみんなの事を考えて、対処しています」と言いたいからだろうか?

ファッショナブルな布マスクは、更にウィルスに対して無防備だ





外出を自粛しない人に対してこの様に言う人がいる

「殺人者と同じだ」と

病気の親族がいて、新型コロナウィルスに感染したら死ぬリスクが高いからだという

それでは先のデータを見てどう思うのだろう

普通の風邪をうつされたってインフルエンザをうつされたって死ぬリスクは高まるし、新型コロナウィルスの方が怖くないのはデータが示す通りなのに、だ

重症化するリスクの高い人は、いつ何時であっても、自分の健康にはより気を配るのが当たり前ではないのだろうか?

そして危険には近寄らない。うつされる可能性があるのなら、その人自身が外出を控えたり隔離された環境にいるべきだろう

それを健康な人であっても、ウィルスを持っているかもしれないからと、全ての行動を自粛しなければならないというのは何の解決にもならないし人間として生きる意味さえ失うのではないのだろうか



湘南の海に、たくさんの人が押し寄せ、海岸封鎖要請をしたそうだ

権力を持った一部の人が、人間の自由を奪う行為に他ならない

そしてこの動画に多くのコメントが寄せられているが、読むと恐怖感しか抱かない

ひどく攻撃的で、陰湿で、解決のための正しい判断が出来る人とは到底思えない



新型コロナウィルスは変異を繰り返し、その地方によって形態を変えて順応するという

世界中に広がっている新型コロナウィルスには、複数の変異体がある

変異した全てのウィルスに対応する事は、これまでの医学を見ただけでも対応できないのは明白だ

なぜなら、通常のコロナウィルスでもインフルエンザでも、全く撲滅できていないからだ



最近、東北地方、そして信越地方でも地震が起きた

近い将来、新型コロナウィルス以外の、何か大きな事が起こるような気がしてならない



正しい情報で、正しく理解し、正しい判断・対処をする

過去のデータがあるのだから、そこから学べば良いだけだ

新型コロナウィルスを恐れるのなら、インフルエンザも風邪も、もっともっと恐れて対処するべきだろうに

そしていまだにタバコを止めず、人前で吸う人がいる

止めろとは言わないが、他人がいる所で吸うのは、それこそ殺人者になるかもしれないと意識して欲しい

喫煙が肺炎を重症化するのは、データが示す通り確かだからだ
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2020-04-21(Tue)

またまた釣り行った

日曜日の事

仕事も日曜しか休み無いので、またまた食糧調達に行ってきました

子持ちチカ狙いで、留萌方面

息子と一緒です



風も穏やかで気温も高めで、絶好のレジャー日和

コロナ騒ぎのお陰で、高速道路は馬鹿な運転する人はほとんどいなくて快適そのもの

現地到着すると、結構な人がいて、みんな考えることは一緒みたい

波も無く、風もなく、いたって穏やか

これで釣れると言う事無しなのだけど…

魚たちも暖かい海の中を、ゆらゆらと穏やかに泳いで、日向ぼっこしてるよう

仕掛けを入れても、近所の釣り人が撒き餌をまいても、まるで見向きもしない

時々アメマスに追いかけられるチカの群が来ると、時々釣れる

先週とは打って変わって釣れない一日だった

結局息子と二人で、朝から夕方まで釣って、50匹くらいかな

途中宇宙人が釣れたり、ホッケが泳いで来たりして、面白い釣行でした

暖かく穏やかなレジャー日和は釣れない、まさにその通りの一日でした



さて、そろそろ午後の仕事に行ってきますか~



そうそうコロナ騒ぎは、手を変え品を変え商売したくて仕方ないマスク業界と医薬品業界が儲かってるみたいですね

認証されない薬品を製造しても、コロナに効くと思われれば全額税金投入で損失なし!

不衛生でウィルス防護効果なんて無いマスクを作っても、政府が買い取り全国にばらまいてくれる

外食産業も、休業要請に応じれば、お金がもらえる!

写真家業は、商売あがったりなのに、何の補償もない

売れなくなっても、自粛しても、何もない

やってられるか~って言いたくなりますが、言っても仕方ないので普通に家族と過ごす時間を楽しんでます

烏骨鶏たちも、遊んでくれますしね



税金の使い方を間違った国、情報に操作されまくってる国民たち

まったくおかしな世の中になったものだ

スマホやネット依存も原因なのでしょうけどね

脳が委縮して、思考回路がズタズタにならないよう、気を付けましょう
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2020-04-19(Sun)

飛翔



飛翔 by Kousuke Toyose on 500px.com






今季の撮影も、そろそろ終わり

ほとんどの白鳥たちが、旅立ってしまったから
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2020-04-17(Fri)

好きだった頃の様

美瑛が好きだった頃

今のように人が少なく、自宅前の道路も閑散としていて、空気もきれいだった

それがここ数年、観光客が押し寄せ、いざこざの絶えない街になった



そして今、新型コロナウィルスの影響で、人の行き来が出来なくなり、閑散とした街に戻った

経済活動が6割減り、空気も水もきれいになり、のんびりとした暮らしに戻った

元々は、今の様な状態が平常なんじゃないかと思える

湯水のようにエネルギーを使い過ぎ、消費する事が娯楽の如く無駄遣いをし、人の心も蝕む経済主義

消費しなくても、暮らせるじゃないの?

足りてたよね、何もかもが



世界中がおかしくなって、踊らされている

様々な情報によって、正しい判断も難しくなった

頼れるのは、報道のみ

報道の情報が全て正ではないのに、それに異論を挟めば白い目で見られる

根拠ない行動も、やった感があればそれで満足する

それは結局消費でしかないのに、解決すらしないのに、何かをしなければ気が済まない

何もしないで良いのに




新型コロナウィルスの報道の隙間に、自然災害時の対応について、少しだけ流れている

「こういう時に自然災害が発生したら、避難所がウィルス感染の場になるかもしれない」と

自然災害が起こる何か根拠になる事を、政府関係者や報道関係者はつかんでいるかのようだ

ひょっとすると巨大地震が近いうちに起こるのかもしれないと、心の準備だけはしておいた方が良いのかもしれない



今日も白鳥を撮影してきました

昨日よりも少しだけ増えていて、新たに北へ向かう群れが集まったのかもしれません

飛び立って、頭上を旋回して、北西へ向かう群れ

また来年、再びここで会えたら、嬉しいな
白鳥の群れ
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2020-04-16(Thu)

ぎりぎりセーフ?

今日までだった!確定申告

慌てて領収書やら通帳やら探して、夕方の仕事前に提出してきました

役場の方、今年もご面倒をお掛けしましたm(_ _)m



年々厳しくなる写真家の仕事

いっその事、写真で食う事考えないで写真にのめり込もう、と続けて数年

精神的に楽になって、良い写真撮れるようになった気がします

今日も白鳥を撮って来ました

だいぶ数も減って、新緑の季節にはいないんだなぁと思ったら、新緑の中で暮らす白鳥を見てみたくなりました

どんな所で暮らしてるんだろう・・・巣って、どんなんだろう・・・ヒナってモフモフなのかなぁ・・・

いろいろ想像して、見てみたい気持ちは膨らんでくるのですが、これを現実にしてしまうと人間のエゴによって自然を破壊するんだろうなぁ

見られる地に暮らす人が、それを見られれば良いんじゃないって思います

湿原ぽい場所に、ポツポツと浮かぶように作られた巣に、黄色いヒナをおぶさった母白鳥

新緑のまぶしい湖に、親子で泳ぐ白鳥の家族が何百も何千もいて、それはそれは賑やかな世界

想像の世界では、いろいろ美しく表現できるので、その中に留めておいた方が良いかもしれません



あと何日いてくれるのかわかりませんが、白鳥が旅立ちいなくなるまで、会いに行って来ようと思います

白鳥
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2020年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


プロフィール

豊瀬 恒介

Author:豊瀬 恒介
ご訪問くださり、ありがとうございます!自然写真家であり、自然循環栽培(無農薬・無化学肥料・草生栽培)で自給自足を目指しています。その他、木工品を作ったり、天然酵母のパンを焼いたり、釣った魚を卸したり、観光バスの運転もしています。人生一度切り、自分の想うがままに生き、悔いの無い人生を歩みたいです。

掲載写真・文章等の著作権・版権・使用権等作品に附随する全ての権利は豊瀬恒介にあります。無断使用・無断転載は厳禁です。

掲載作品の販売もいたします。お問い合わせ下さい。

ブログ翻訳
ご意見お願いします
リンク
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
地域カウンター

ジオターゲティング
応援よろしく!


FC2ブログのランキングに参加しています。クリックしてもらえると、このブログがたくさんの人に読んでもらえるようになります。^^
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村←「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、一日ワンクリックお願いします。いろんなブログが探せますよ。
拍手する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
こけのオススメ







 









お買い物はこちら






こよみ



北海道-網走
提供:釣り情報フィッシングラボ

ブログ内検索
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Twitter