2015-09-23(Wed)

また来たエゾリス!

先日自宅前でエゾリスが車両にはねられ死んでしまってから、エゾリスはしばらく見られないと諦めていた

エゾリスも来ないし、他にクルミを食べる野生動物もいないから、食料の為に山に行って収穫したクルミを庭に干しても大丈夫だろうとコンテナごと放置していた

そしたら今朝、娘が発見!

ソーラーパネルの柱の陰から忍び寄るエゾリス
_D4S0277

盗った!
_D4S0294-2

美味そうに陰で食べてる
_D4S0304
Nikon D4s AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR

でもこれじゃ、餌付けとほとんど変わらない、ってか一緒だ~~~

こんなんじゃ良く無いので、エゾリスに食べられないように室内にしまいました
(自分が山から採ってきたので、エゾリスが取り返しに来たのかも・・・)

今までいたエゾリスが居なくなってから、こんなにすぐに再び見られるなんて、思ってもみませんでした

近くのカラマツ林が大量に伐採されたので、残された林にエゾリスがあふれているのかもしれません


先日から知り合いになった写真家のTさんが来てくれて、ちょっとの間玄関前で立ち話をしました
(家の中に入らせてあげられない程足の踏み場の無い状況、何とかしなくては。。。)

どの写真家も大変なようで、お金を稼ぐには「写真家を辞めるのが一番!」だなんて話をしていました

すごく納得です!自分も正直に思います、こんなバカげた商売は無いと

でも撮りたいんですね

他人の評価なんて、どうでもいいのです

自分がどれだけ良い仕事をしたかが重要だと思います

それと気になる超望遠レンズの事も聞いてみました

「諦めるしかないんじゃない」・・・

うっ



意味を深く追求しませんでしたが、レンズの購入を諦めるのではないような気がしてきました

楽に暮らせる安定した生活を「諦めるしかないんじゃない」・・・と受け取ってみました!

Tさん、アドヴァイスありがとうございます


今日アップしたエゾリスの画像は400ミリで撮影したものです

これで35ミリサイズのフルフレーム

野生のエゾリスが自分に対して警戒を抱かない限界の距離が、この距離・被写体の大きさです

これより寄ると、確実に警戒します

相手に警戒心を抱かせず自然な姿で撮影するには、やはり600ミリ以上のレンズが必要になってくると思います

記録写真を撮りたいわけじゃないのでただ超望遠レンズであれば良い訳ではなく、背景の処理が美しく、主体を引き立たせられるレンズでないと意味がありません

さらに自分が撮影したい場面(特に逆光)で粘ってくれる性能を持ち合わせていないと話になりません(こんな感じ

良い写真の為に、人生懸けたい!

と、以前よりちょっとだけ思えて来ましたので、ここはもう少し真剣に悩もうと思います



連休最後なので、今からおやつを家族でいただきます
関連記事
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
プロフィール

豊瀬 恒介

Author:豊瀬 恒介
ご訪問くださり、ありがとうございます!本職は写真家ですが、自家製天然酵母のパンを焼いたり、木工品を作ったり、自然栽培(無農薬・無化学肥料・草生栽培)で野菜を育てたりしています。人生楽しく生きましょう!

掲載写真・文章等の著作権・版権・使用権等作品に附随する全ての権利は豊瀬恒介にあります。無断使用・無断転載は厳禁です。

掲載作品の販売もいたします。お問い合わせ下さい。

ブログ翻訳
ご意見お願いします
リンク
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
地域カウンター

ジオターゲティング
応援よろしく!


FC2ブログのランキングに参加しています。クリックしてもらえると、このブログがたくさんの人に読んでもらえるようになります。^^
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村←「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、一日ワンクリックお願いします。いろんなブログが探せますよ。
拍手する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
こけのオススメ







 







お買い物はこちら




こよみ



北海道-網走
提供:釣り情報フィッシングラボ

ブログ内検索
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Twitter