2016-03-16(Wed)

Nikon D5

昨日確定申告も無事終わり、やっと安らげる時間を過ごせるようになりました

そこで気になり過ぎていたニコンの新しいカメラ、D5のネット検索を始めると…

実に痒い所に手が届く、そんなカメラに仕上がってるようです

まずAFの性能は、こちらの動画

D4sを使っていた時に思ったのが、暗所AFの弱さ

肉眼で見えているのにAFが迷う事が多々ありました

それがこの進化で一気に解消!されたように見えます

そしてさらなる高感度に優れたセンサー!

風景や動物撮る時に気になるのが、輝度差

暗所を再現しようとするとハイライトが飛ぶ
ハイライトのディテールを残すと、暗所が潰れる

例えば風景で逆光に光る霧氷を撮ると暗所は潰れてノイズだらけだったり、動物は逆光の動物の表情を追うと逆光で光る毛並みは白く飛んでしまったり…

それは光量の少ない(高感度撮影)時だけではありません

作品を求めて行くと、限界近くの露出での差が出て来るのです

普通の光の状態では気にもならない部分、そこが重要なのです

カタログ数値で「連射が何コマ」だの「ファインダー倍率が何倍」だの「高感度ISOがいくつ」だの表面的に数値で表される事だけじゃなく、実際に使う場面でどれだけ撮影者の意思に沿った物が撮れるか、なのです

次の動画ではD5の露出が明るめに出ていますが、露出がちっとオーバーなだけじゃなく、シャドウとハイライトの具合を見比べてみると、そのすごさがわかります
Nikon D5 vs Sony A7S II


Nikon D5 vs Canon 1DX Mark II


おまけでD500動画も!とても進化してますが、ファインダーがフルサイズ換算で0.67倍なので、自分はパス。ファインダーは写真を撮る上で、とてもわくわくする部分の一つなのです。OVFに比べてレスポンスの遅いEVFがメイン機材になれないのも、そんな所です。
Nikon D500 vs Nikon D7200


そしてD4sやD750との比較を乗せてくれてるサイト、こちらもとても参考になります。
Nikon D5 NPS專業攝影師 搶先深度體驗(文字化けではありません、中国語です)

画像を確認すると、これまでのセンサーより二段分位は違いますね


自分がカメラに求めるものは、

撮っていて楽しい
肉眼で見えるものが撮れる
思った時にシャッターが切れる
どんな条件で撮影していても壊れない

一度プロ機を使ってしまうと後戻りできないってのは良く聞きますが、自分もその一人です
上記を満たす機材って、あまり無いんです

満たすためには
ファインダーの見え方がクリアー(倍率だけではない)
手に馴染むボディ
突然のシャッターチャンスに起動(電源)が間に合う
シャッターを切った次の瞬間、ファインダーが安定し、次のレリーズに備えられる
指の届く位置に、最適に配置された操作系統
どの感度でもシャドウが潰れず、ハイライトが飛ばない
どんな悪天候でも、完璧に動作し続ける
AFの精度が高く、AF速度が早い
わかりやすいメニュー項目と呼び出しやすさ
撮影済み画像の呼び出しやすさと速さ
ぶつけても壊れない

ここまでの耐久性は、必要ないけど…↓


普通の人が普通に撮影をしている時には全く不要でも、プロにとっては重要だったりする



500px.comのKousuke Toyoseさんによるlonely flying squirrel エゾモモンガ






単純に、D5なら月明かりで、この場面が撮れる、かも?
関連記事
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
プロフィール

豊瀬 恒介

Author:豊瀬 恒介
ご訪問くださり、ありがとうございます!本職は写真家ですが、自家製天然酵母のパンを焼いたり、木工品を作ったり、自然栽培(無農薬・無化学肥料・草生栽培)で野菜を育てたりしています。人生楽しく生きましょう!

掲載写真・文章等の著作権・版権・使用権等作品に附随する全ての権利は豊瀬恒介にあります。無断使用・無断転載は厳禁です。

掲載作品の販売もいたします。お問い合わせ下さい。

ブログ翻訳
ご意見お願いします
リンク
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
地域カウンター

ジオターゲティング
応援よろしく!


FC2ブログのランキングに参加しています。クリックしてもらえると、このブログがたくさんの人に読んでもらえるようになります。^^
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村←「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、一日ワンクリックお願いします。いろんなブログが探せますよ。
拍手する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
こけのオススメ







 







お買い物はこちら




こよみ



北海道-網走
提供:釣り情報フィッシングラボ

ブログ内検索
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Twitter