2016-08-21(Sun)

被害拡大

一昨日、倒されたトウモロコシに支柱を立て、ひもで縛ってしっかり立てておいたのですが

先ほど見たら、そのトウモロコシも折り取られ、他のトウモロコシもかなり折られてて食われてしまいました

丁寧に手で折ったような痕跡から、キツネやタヌキの仕業とは思えません

おそらくアライグマ

二週間くらい前、夜の帰宅時に見たアライグマかもしれません

ご近所でも納屋に親子のアライグマが住んでいて、罠を仕掛けたら大人のアライグマが一頭掛かったそうだ

でももう一頭の親と子どもは、そのまま逃げてしまった

うちに来たのは、その家族なのか?


アライグマは、気性の荒さもあり、そして糞尿に寄生虫が居て、人間に感染して死亡する可能性もあると言う

アライグマについて(ウィキ)

北海道では、1979年に恵庭市で飼育個体の約10頭が逃亡し、付近の酪農地帯に定着したそうだ

逃げたり逃がしたのはそれだけでは無いと思うが、それから37年で全道に被害を出すほどの害獣になるとは。。。

それとアライグマは特定外来生物に指定されているので、仮に捕まえたとしても個人的に動物の移動は出来ず、処分は自治体職員や猟友会が二酸化炭素によって安楽死させなければならないそうだ

ん~~~~面倒臭い


いずれにしても、飼育した人が悪いし、輸入した人が悪いのだから、この被害は輸入したり逃がした人間が補償しなければならないはずだ


あと数日で食卓に上るはずのトウモロコシがこんな事になってしまい、精神的にかなり参ってしまいました

何の為に育ててきたのか

腹立たしいけど、怒りのやり場も無い

それが全て人間のやった事だから、さらに悪質だ

在来の野生動物の仕業なら、ある程度諦めも付くし対策しようと言う気にもなる

自然と付き合う方法を模索しながら、農はあるべきだと思ってるから

でも外来生物は、まるで違う

アライグマも、ドブネズミも、人間の蒔いた種だ

種を蒔いた人間を、アライグマと同じ刑に処してほしいくらいだ


安易にペットを飼う 虫を飼う 熱帯魚を飼う 飼う対象はその地域に元来生息している生きものだけにしてほしい

思慮に欠ける人間が、多すぎる



自分の言いたい事は、アライグマも被害者だという事

自らの意思で、日本にやって来たわけじゃない

加害者は、持ち込んだ人間、飼ってから自然に放した人間だ

被害者のアライグマを、さも悪者にして安楽死とは…人間は勝手すぎる
関連記事
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
プロフィール

豊瀬 恒介

Author:豊瀬 恒介
ご訪問くださり、ありがとうございます!本職は写真家ですが、自家製天然酵母のパンを焼いたり、木工品を作ったり、自然栽培(無農薬・無化学肥料・草生栽培)で野菜を育てたりしています。人生楽しく生きましょう!

掲載写真・文章等の著作権・版権・使用権等作品に附随する全ての権利は豊瀬恒介にあります。無断使用・無断転載は厳禁です。

掲載作品の販売もいたします。お問い合わせ下さい。

ブログ翻訳
ご意見お願いします
リンク
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
地域カウンター

ジオターゲティング
応援よろしく!


FC2ブログのランキングに参加しています。クリックしてもらえると、このブログがたくさんの人に読んでもらえるようになります。^^
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村←「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、一日ワンクリックお願いします。いろんなブログが探せますよ。
拍手する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
こけのオススメ







 







お買い物はこちら




こよみ



北海道-網走
提供:釣り情報フィッシングラボ

ブログ内検索
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Twitter