2017-04-26(Wed)

ebayでのクレーム

日本では手に入らない、あるいは手に入りにくいものは、海外から輸入している

外国から輸入と言っても、別に外国語がペラペラでなくてもOKだ

購入は主にebayと言う国際的なオークションサイト、とでも言えばわかりやすいかな

代金の支払いはクレジットカードだけど、直接相手に支払う訳では無く、ペイパルと言う決済を代行してくれる会社が行う

その代わり、為替レートよりもちょっとだけ高いレートで代金の支払いをする事になる

これの良い所は、購入品が届かない、或いは破損していたなどの時には、補償してくれる場合があるという事だ

購入先は、中国・香港・タイ・マレーシア・ロシアが主だった所

結構いい加減な梱包だったりするのだけど、今まで一度も破損したなどという事は無かった

この冬にはどうしても国内で手に入らなくて困っていた除雪機のタイヤ

これはアメリカからしか手に入らなかった

新品のタイヤ代金が約4000円、送料も約4000円、結構な出費だったけれど、国内で手に入る除雪機用のキャタピラの半額以下だ

購入から到着まで一週間位だったか、結構早かったのだけど、タイヤ自体がちょっと硬くて不安になる品質

製造は中国だけど、アメリカ国内でのシェアーは結構あり、評価も高い品だった

なので全く心配して無かったのだけど、使い始めて一か月もしないうちに、タイヤに無数のひび割れが発生!

その昔、自動車のタイヤを扱った仕事をしていたけれど、こんなに劣化したタイヤは見た事が無かった

ちゃんとしたタイヤショップの販売だったが、アメリカ国内で販売するには品質が悪くてクレームになる為、外国に売り飛ばしていたのでしょう

購入してから一か月ちょっとで、販売業者にクレームの連絡を入れた

そしたら未装着・未使用なら、送料こちらの負担で返品すれば、商品代金分の返金を受け付けると回答があった

あまりにも消費者を馬鹿にした回答だった

ゴム質の劣化が原因なのは明らかで、それをわかっていてダメージの無い品として売っていたことに責任があるとして、今度は販売業者ではなく決済会社(ペイパル)にクレーム申請をした

ペイパル側では販売者と購入者のお互いの主張を聞いて、第三者の立場で判断を下してくれる

クレーム申請してから二週間位かかったけれど、こちらの主張が認められて、全額返金になる事が決まった

外国からのショッピングは怖い面もあるのだけど、下手な国内のネットショップより、はるかに安全に買い物ができます

地産地消を意識して生活しているけれど、国内で買う物の製造元を見ると結構外国製だったりして、こんなんだったら個人輸入しても同じだよねって思えることもしばしば

今回の件で、アマゾン使うよりは、ebay使った方が良いよね、って結論でした

ebayはこちら

ペイパルはこちら
関連記事
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
プロフィール

豊瀬 恒介

Author:豊瀬 恒介
ご訪問くださり、ありがとうございます!本職は写真家ですが、自家製天然酵母のパンを焼いたり、木工品を作ったり、自然栽培(無農薬・無化学肥料・草生栽培)で野菜を育てたりしています。人生楽しく生きましょう!

掲載写真・文章等の著作権・版権・使用権等作品に附随する全ての権利は豊瀬恒介にあります。無断使用・無断転載は厳禁です。

掲載作品の販売もいたします。お問い合わせ下さい。

ブログ翻訳
ご意見お願いします
リンク
最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
地域カウンター

ジオターゲティング
応援よろしく!


FC2ブログのランキングに参加しています。クリックしてもらえると、このブログがたくさんの人に読んでもらえるようになります。^^
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村←「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、一日ワンクリックお願いします。いろんなブログが探せますよ。
拍手する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
こけのオススメ







 







お買い物はこちら




こよみ



北海道-網走
提供:釣り情報フィッシングラボ

ブログ内検索
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Twitter