FC2ブログ
2020-04-13(Mon)

自然との共存?自然相手の農業

自然と農業

永遠の課題なのでしょうけど、なかなかに難しいと思います
飛来する白鳥
町内の美沢地区です

畑ですが、たくさんの白鳥が食べ物を求めてやって来ていました

「来ていました」と過去形ですが、今日の午前中までです

下の写真のような状態でした
畑に降りた白鳥
麦畑にまで入っています
麦畑の白鳥
この様な状況で、何処まで被害が出るのかは自分にはわかりません

麦を食っているのか、それともただ居るだけなのか・・・

午後に再度訪れた時には、全ての白鳥がいなくなっていました

いつも夕方にねぐら(主に町内の水沢ダム)に戻るのですが、今日午後5時半時点では小さなグループが少しだけ戻って来ただけで、ほとんどの群れは帰って来ずに、静かなダム湖のままでした

何か異常事態が発生して、ひどく怯えて逃げてしまったとしか思えないような状況です



今日は、農家さんも動き出していたので、野生動物が白鳥を襲った可能性はかなり低いと思います

農家さんが追っ払ったのでしょうか?そこに居なかったのでわかりませんが、これだけの数の白鳥がいなくなってしまい、ねぐらにも戻らないのは相当なストレスを受けたのは間違いないでしょう



自然相手の農業

農業被害が出るのは困りますが、良い策が必ずあるはずです

田植え前の水田に少し水を張ったままにして、白鳥が食べ物にありつけるようにするとか、デントコーンの畑に白鳥の模型を置いて、群れをデントコーン畑に誘導して他の畑に行かないようにするだとか・・・

麦が白鳥に食い荒らされたとして、収量的にどの位の被害になるのだろう

穂になる部分が生きていれば、葉の何割かを失っても、収量は変わらないどころか増えるとの研究報告も見た事がある

白鳥はただ来るだけじゃなく、糞もするだろうから、追肥効果も麦踏効果も期待できる?

比較研究が足りないから、実際にどうなのかはわからないから、町に調査してもらいたい所だけど…

とにかく銃や爆音で追い払うのは、自然と共存する農業には似合わない

もっとお互いにメリットになるような自然と共存した農業が、美瑛なら出来るはずだろう


一度失った自然は、戻りませんから
関連記事
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


プロフィール

豊瀬 恒介

Author:豊瀬 恒介
ご訪問くださり、ありがとうございます!自然写真家であり、自然循環栽培(無農薬・無化学肥料・草生栽培)で自給自足を目指しています。その他、木工品を作ったり、天然酵母のパンを焼いたり、釣った魚を卸したり、観光バスの運転もしています。人生一度切り、自分の想うがままに生き、悔いの無い人生を歩みたいです。

掲載写真・文章等の著作権・版権・使用権等作品に附随する全ての権利は豊瀬恒介にあります。無断使用・無断転載は厳禁です。

掲載作品の販売もいたします。お問い合わせ下さい。

ブログ翻訳
ご意見お願いします
リンク
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
地域カウンター

ジオターゲティング
応援よろしく!


FC2ブログのランキングに参加しています。クリックしてもらえると、このブログがたくさんの人に読んでもらえるようになります。^^
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村←「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、一日ワンクリックお願いします。いろんなブログが探せますよ。
拍手する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
こけのオススメ







 









お買い物はこちら






こよみ



北海道-網走
提供:釣り情報フィッシングラボ

ブログ内検索
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Twitter