2017-06-08(Thu)

発芽ラッシュ

ここ最近の高温と適度な雨のお陰で、野菜たちも順調に発芽してます

昨日は大豆・黒千石が、そして大豆・さやむすめも発芽しました

黒千石は、おととし植えずにいたら、ほとんどの種が発芽しない状態になって、数株だけが生き残りました

生き残った株を大事に育て種を採取し、今年ほぼ全てを播種したら、ほぼ全てが発芽!

このまま順調に育ってほしいです

さやむすめは昨年は乾燥中に降雪に遭い、500グラム程度の種を取った後に雪の下(一応ラックの上にあげて乾燥はさせた)になってしまった

春に脱穀するも、ほとんどがふやけた後に乾燥したように、皮はヘロヘロでしなびたようになっていて、発芽するのか疑問だった

せっかく脱穀したので、ほとんど全てを超密植で播種したら、かなりの種が生きていて、超密植で芽が出て来た

発芽してくれて嬉しいのだけど、間引きするかそのまま植えておくかで悩んでます

トウモロコシは以前から出ていたけど、表面にまいた麦わらを下から突き上げ、かなり頑張ってくれてます

ゴボウも先日より双葉が増え、順調に育ったら、ゴボウの森になりそう

リーフレタスもいつの間にか本葉になって、レタスらしい姿になってました

ズッキーニも発芽開始!7月下旬には食べられるかな?

それと今日は、カボチャを植える場所に、完熟たい肥を運んできました

本当はカボチャの種まきまで済ませておきたかったのだけど、息子とまた釣りに行く約束をしていたので、途中まで・・・

釣りの方も、また岩魚!今日は短時間ながら、自分と息子で一匹ずつ釣って、帰りに両方とも逃がしてきました

大きくなったら、また釣って食べてあげよう

それと蟻地獄を捕まえて来ました

アリジゴク

昔は神社やお寺などの建物の下で見つけていたのだけど、北海道に来てからは見た事ありませんでした

それがいたんです!

普通に雨も当たるような場所に!

息子も初めて見るアリジゴク、どんな風にアリを食べるのか、実際に飼って観察する事にしました

毎日楽しい発見が続いてます!


明朝からはまた雨の予報で、今0時9分、雨が降っています

この雨で、野菜たちはまたグンと伸びるでしょう

グンと伸びると言えば、古代麦です

昨春種をまいた古代麦(スペルト小麦)ですが、肥料もほとんどやってないのに草より伸びて、背が高くなってきました

こういうの見ると、さすが古代麦だなぁって思います

最近の麦の品種は、草丈は出来るだけ低く倒れにくくして、株当たりの実の数が多いものが増えて来ました

草丈が低いのに実がたくさん付く為には、たくさんの肥料をやる必要があるようで、農家さんは化学肥料をプンプンまいてます

肥料と(農薬と)セットでしか育たない野菜たちは、豪雨などで肥料分が流れたら、一気に肥料切れを起こして生育悪化すんでしょうね

古代麦は光合成をして自力で必要な栄養を作り出してるのか、他の草よりも色濃く、他の草よりも背丈も伸びてたくましい姿です

今の麦と違って、やせ地でも無肥料で行けるんじゃないか、そんな気さえしてきています

種用に取ってある麦もあと1キロちょっとあるので、今年は秋まきもやってみようと思います
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2017-06-01(Thu)

ストライプペポ

今年も懲りずに、ストライプペポを植えてみた

カボチャの一種で、種を食べる為の品種
おつまみや、お菓子の材料で良く使われている種です

昨年はポットにまいて、過湿状態になって腐ったりしたので、今年は直播で畑に蒔いてみました

我が家のような草ボウボウの畑では、カボチャの種を直播すると、ネズミにほとんどやられます

なので畑の周りの草を一時的に刈り取り、ネズミが嫌がる環境にしてから蒔きました

明日以降の雨で発芽には最適になりそうで、今年の農作業はスペルト小麦の生育遅れ以外は順調です


スイートコーンは、気付いたら芽が伸びていました
麦わらマルチをしたので、発芽し始めた時がわかりませんでした

人参の双葉らしい物も麦わらマルチの間に見えていましたが、草かもしれません

それと毎年の事ですが、鹿が麦やニンニクの葉を食べて、足跡を付けまくっていたので、トンネルバンド(ちょっと丈夫な白いビニル紐)で畑をぐるりと囲ってみました

昨年は普通の梱包用のビニル紐で囲っただけでしたが、鹿の害は無くなりました
ところが強風が吹くとビニルが裂けてボロボロになり、周りの草に絡みつくので、今年は3倍ほど値の張る紐にグレードアップです

これで鹿よけになって二年も持てば、万々歳です

ゴボウも双葉が沢山出てきていました


それと今日、以前観光バス会社でお世話になった方が、訪ねて来てくれました
久しぶりに会ったのにそんな感じもせず、何だか嬉しかったです

あまり時間も無かったのでゆっくりもしてもらえませんでしたが、うちの近くも観光バスで走るようなので、ちょくちょく会えそうで楽しみです
こんな時の為にも、部屋を片付けなきゃいけませんね

すでにこの仕事部屋も、家族の成長記録も加わって、歩ける場所がほぼ無くなりました
断捨離は絶対にしませんが、ゴミは片付けなきゃです



それと今月は、いつもお世話になっているギャラリー時遊が丘さんでの展示も始まります
プリンター、早く動かさなきゃ・・・


そうそう、世界卓球、スゴイ試合ですね
トップ選手の試合をしっかり見て、娘に勝てるように頑張ります!

つい先日の月曜日、体育大会の振休で休みだった娘と試合をして、1セットも取れませんでした
最高11-9まで行ったのに・・・

誰か、本気で練習付き合ってくれませんか?なんて言っても、みんな仕事ですよね~
それにしても、娘に勝てないなんて悔し過ぎます。勝つまで、やめないぞ
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2017-05-27(Sat)

黒千石

大豆(黒千石)の播種
昨日に引き続き、大豆の種まき

昨年、数粒だけ生き残った種から実った、貴重な豆

小豆(あかね大納言)は一回全滅したけれど、この豆は生きていてくれた

目方にして500グラムくらいしか無いけれど、粒が小さいので予定していた場所でも余るほどだった

今年はちゃんと管理して、絶対に絶やさないようにしたい


キボシマルトビムシは、やっぱりキャベツの双葉を食べていた
クモは相変わらずたくさんいるけれど、それにも増してキボシマルトビムシが沢山いる

食べられてはいるけれど、全滅するほどでもない
ちょっと食われて、鍛えられた方が良いのかもしれない


ズッキーニの種も蒔いた。
株が大きくなるので、畑の一番端っこにした


ニンニクは、今年はいつになく良い育ち
毎年言ってるかもしれないけれど、今年は株がアスパラの極太クラス

植えた数は、いつもの半分だけ
うちで食べるのは、年間300玉くらいなので、700玉くらいは販売用に回せるかな

昨年編んだニンニクもまだ残ってるけど、まだまだ食べられる状態だ
自然栽培の野菜は、素質が違う


夕方、スナックエンドウの畝の横に、麦わらを敷いた
これから暑くなったら、地面が乾燥気味になってしまうので、保湿の為の対策

麦わらは、保湿も、保温も、生き物たちの棲み処にもなる宝物
まだまだあるので、今年はふんだんに使ってしまおう


それから昨日、トマトの苗を買った

ホームセンターに鹿よけのビニル紐を買いに行った時、苗物に目が行った
いろんな立派な苗を見ていると、一本のトマトの苗がこっちを見ている気がした

「この苗は、うちに来たいに違いない」と、勝手に思い込んで苗を手にした

一本だけでは寂しいな、そう思って他の苗も見ていたら、やはりこっちを見ている苗が!
結局3本の苗を買ってしまった

脇芽も付いてるので、これを挿し木して増やそう


久しぶりに小さいプリンターを動かした
はがきを50枚プリント中だけど、インクがもう3本も無くなった

はがき50枚売ったら5000円の売り上げで、インクが3300円で、用紙が500円
売り上げから販売経費が引かれたら、手元に残るの、無いじゃん

小さいプリンターはこれだもの、趣味の世界にしかならないね

印刷は単価は安いけど、耐久性が???結構日焼けする
今のインクジェットは耐久性あるけど、単価が高くて商売にはならない

どっちが良いんだろ

さて、あと20枚プリントしたら、寝るかな(今1時33分)
20枚、ざっと20分後ですな
プリント遅い・・・
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2017-05-25(Thu)

豆まき

久しぶりに気持ちのいい天気で、ツツドリも良く鳴いていました

そして今日、今シーズン初めてのカラスアゲハを見ました
でっかいし、きれいでした

カッコウが鳴いたら豆をまく時期

そういう言い伝えもあるそうで、

カッコウが鳴く=他の野鳥が産卵をし始める
=産卵し、子どもを育てるだけの食べ物が豊富に存在する季節

という訳でしょうね

霜が降りれば、霜に弱い野草はいったん消え
虫たちも、霜をよけられる場所に隠れてしまう

そういう心配が無くなった頃、鳥たちは育児に励む

同じ頃は、桜が散った後だったり、タンポポが咲く頃であったり、エゾハルゼミが鳴く頃であったり、ワラビが出始めたりする

豆まき時期の合図は自然の中にたくさんあるのだけど、カッコウが一番わかりやすいので、季節を表す言い伝えになったのでしょう


今日はうちでも、大豆(さやむすめ)の播種作業をしました

ツツドリ(カッコウの仲間)も鳴いて、キジバトも近くで営巣していて、「狙われてるぞ」と思いながら豆をまいてました

昨秋おそくに種を莢から全部落とせず、車の屋根の上に乗せて冬を越したのですが、1割位はまだきれいな種が残っていました

面倒だから莢ごと蒔いてしまおうかと思っていたのですが、本来豆は莢がはぜて、豆を遠くに飛ばすように子孫を残す事から、きちんと豆だけにして植えることにしました

足りないと思っていたけれど、脱穀した分を全部植えたら株間5センチくらいの超密植状態になってしまいました

全部出るとは思えませんけどね


あとは、カボチャ、ズッキーニ、トマト、ナス、シシトウ、ナンバン、サツマイモ、その辺りの夏野菜を植えるくらいで春の作業は終わり

借りてる畑ではゴボウが発芽を始めて、昨春蒔きのスペルト小麦が何となく穂になってきたような気がします

玉ねぎの移植もまだなので、玉ねぎ畑の準備(堆肥入れ)をしっかりしなきゃです


農作業は、時間の流れ

季節の移ろい

風の香りや、温度、湿度

いろんな物を感じながら、命を育む

宮崎駿じゃないけれど、「人は、土から離れて生きてはいけない」のでしょうね
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2017-05-19(Fri)

キボシマルトビムシ

キボシマルトビムシ

名前も聞いた事が無い人がほとんどでしょう

自分も知りませんでした

でも「ジノミ(地蚤)」と言えば、わかる人も多いと思います

野菜などの新芽、葉菜類や豆などの葉を食い荒らす害虫で、大量に発生すると野菜が全滅する事もあるほどの勢いで食い荒らす

我が家の畑でも、結構出ます


何とかキボシマルトビムシの食害を減らせないかと考えて、今の所行き付いたのは麦わらマルチ

昨日スイートコーンを蒔いた場所にやったやつです


今まで知られている事は、畑に有機物があるとキボシマルトビムシが発生する

なので、収穫残渣や有機物を畑に残さないようにすると効果的とある


これだと、万が一キボシマルトビムシがいる場所で新芽が出始めたら、一気に食われるという事だ

畑の周りに草や木々があれば、キボシマルトビムシはやって来る

それに有機物は、畑にとっては無くてはならない栄養源

栄養源である有機物を取り除けば、それに代わるものは、化学肥料などに頼らざるを得ない

そんな事はしたくない


キボシマルトビムシにも天敵は居るはずで、自分の考えはこうだ

天敵は、「クモ」

特に歩き回って食べ物を探すコモリグモたち

今の時期は少ないけれど、コモリグモはもうすぐ子どもを産む

非常に小さいコモリグモの子どもが食べられるのは、非常に小さい虫のはず

それならコモリグモの住める環境を整えれば良い

で、麦わらマルチ

麦わらの重なり具合は、小さな虫の隠れられるような、絶妙な隙間が開いている

それに麦わらのお陰で、他の草も生えやすい環境になり、野菜だけでなく他の草も一斉に発芽する

他の草もキボシマルトビムシは食べる(はず)なので、野菜の食害は目立たなくなる

土の水分も保たれるため、野菜の生育も早くなり、目立った食害はさらに減るはずだ

毎年スイートコーンも何本かは、キボシマルトビムシに食われて枯れるものもある

ヨトウムシほど酷くはないが、それなりに食われている

今年はどうなるか・・・

麦わらマルチの効果が楽しみだ
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2017-05-12(Fri)

移植、ほぼ終了

ニンニクの移植作業、ほぼ終了!

午後から雨の予報だったので、急ぎでやってしまえと始めてしまった

何株あったのかは数えてないけど、畑の大家さん曰く、万は余裕でありそうだ!
確かにあるかもしれないな

作業を始めて二畝やり終えた頃、ポツリポツリ

河童の気持ちが良く分かる
頭のお皿が出来てから、頭に降り注ぐものに敏感になった

歳を取ったので仕方ないが、このポツリ感が気持ちいい
フサフサだった頃は、こんな感覚無かったのにね

残りはコンテナ2杯分
ニンニクを掘ってしまったので、途中でやめるわけにはいかない

雨もどんどん降ってくる中、何とかお腹が減る頃に作業を終える事が出来た

「お昼に終わった!」

ずぶ濡れのツナギについた泥を落とし、車に乗り込んで時計を見ると

15:03

夢中になってると、時が経つのが早いです


残りのニンニクは、二畝分

3時間もあれば終わる量なので、明日終わらせてしまおう


我が家の前のさくらの花も、満開になりました

この時期は、撮影に行く時間もなかなか取れません

でも生きる為には、畑仕事の方が重要ですから



畑の見回り記録

アスパラが出始めた
ブルーベリー、フサスグリ、ハスカップ、グズベリーのつぼみが付いた
玉ネギ・長ネギの芽が、大量に出て来た。既に2センチくらい。
ちゃんと植えたニンニク、葉が3枚目に
ニュウナイスズメが庭の枯れ草を巣材として運んでる
ツツドリは、まだ托卵の合図を送らない
オオジシギ、ヤマシギが四日くらい前から鳴いてる
ツノゼミが梨の木にいる
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
2017-05-10(Wed)

ニンニクの移植

普通ニンニクは移植を嫌うのですが、完全自然栽培中(完全放置中)の場所を開墾すべく、植わってるニンニクを移動することにしました

かれこれ5年位放置して、一個だったニンニクが、

一年目で六個に分裂(大体5~6倍になります)
二年目で六個の六倍で、36個!
三年目で36個の六倍で、216個!!
四年目で216個の六倍で、1296個!!!

とはいかずに、1か所にせいぜい20個位にしかなってません

同一個所に密植だと、栄養も空間も足りないのでしょう
ちゃんと管理すればもっと増えたでしょうに、もったいない事をしました

それらのニンニクは牧草の中に紛れているので、パッと見では牧草と見分けがつきません
でも目が慣れると、葉の形、色、雰囲気ですぐに見分けられるようになります

それらをいったん掘り起こし、ばらばらにして、畝にした畑に一列に移植しました
ひと畝に大体200株、先日からやってて、10畝くらい出来たので、2000株ほど移植して、全体の半分くらい

葉もだいぶ伸びているので、今年は球が大きくなるだけかもしれませんが、全部で4000株あれば結構な量!獲らぬタヌキですが・・・
その他に、ちゃんと秋植えのニンニクもあるので、今年も豊作の予感です

ニンニクの畝の間には、大豆黒千石と、玉ねぎ・にんじんを混植する予定
混植する事で土への負担を減らし、生息する微生物の種類も量も確保し、土壌の劣化を防ぐのが狙いです

毎年同じような事をしていますが、少しずつ畑が成長しているのがわかります

まずミミズが増えた事
夏になると、表面が草で覆われ、土が見えなくなる事

土砂降りの雨が続いても、畑がグチャグチャにならない事
生育後半に、肥料切れが起こりにくい事

自然栽培は、これと言って固定された栽培方法は無いけれど、我が家で行ってる方法は理想に近い気がしてます
でもそれは、全ての畑に当てはまるような事では無いですけどね

明日も続きの作業です。何とか明日1日で終わらせたいです。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
↑「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)
<
プロフィール

豊瀬 恒介

Author:豊瀬 恒介
ご訪問くださり、ありがとうございます!本職は写真家ですが、自家製天然酵母のパンを焼いたり、木工品を作ったり、自然栽培(無農薬・無化学肥料・草生栽培)で野菜を育てたりしています。人生楽しく生きましょう!

掲載写真・文章等の著作権・版権・使用権等作品に附随する全ての権利は豊瀬恒介にあります。無断使用・無断転載は厳禁です。

掲載作品の販売もいたします。お問い合わせ下さい。

ブログ翻訳
ご意見お願いします
リンク
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
地域カウンター

ジオターゲティング
応援よろしく!


FC2ブログのランキングに参加しています。クリックしてもらえると、このブログがたくさんの人に読んでもらえるようになります。^^
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村←「ブログ村」というブログ紹介サイトのランキングに参加しています。このブログが「良い」と思ってくださったら、一日ワンクリックお願いします。いろんなブログが探せますよ。
拍手する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
こけのオススメ







 







お買い物はこちら




こよみ



北海道-網走
提供:釣り情報フィッシングラボ

ブログ内検索
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Twitter